新型ジムニーJB64に試乗してきたので感想をまとめてみた


さて、先日紹介したジムニーですが、いてもたってもいられず、近所のスズキ販売店にいって現物を見てきました。

前々から個人的に気になっていた情報なんですが、新型のジムニーが18年7月に登場します。 今回の記事は、コーティング剤のレビューでも...

販売店にあったのは「ジャングルグリーン」のジムニーです。

対応してくれた方に「SNSとかブログとかにアップしてもいいですか?」と尋ねたところ「ガンガンあげちゃってください」とのことなので紹介させて頂きます。

実は車を試乗してレビュー記事を上げるのは今回が初です。


新型ジムニー

という事で、写真を撮ってみたんですが、絶望的にヘタクソで、良さが全然伝わりませんね。




特に内装の写真が酷い(笑)

エンジン始動時の動画を撮影してみましたのでご覧ください。

新型ジムニー JB64のエンジン始動

メーター周りも一新され、デジタル表示のパネルがあるなど、大分新しい感じです。

実車を目の前にしてみての率直な感想ですが

JB23よりもサイズ感が上がってる

という印象。

全体的に「デカくなった」という印象です。

ボンネットの位置が少しあがったかなぁ。

新型ジムニーの燃費

燃費表示が、走行状況によって分かれていて「市街地モード」「郊外モード」「高速道路モード」と別れています。


内訳は以下の通り。

市街地モード(WLTC-L):MT 14.6Km/L | AT 11.0Km/L
郊外モード(WLTC-M):MT 17.5Km/L | AT 13.9 Km/L
高速道路モード(WLTC-H):MT 16.5Km/L | AT 14.2

燃費が想像しやすくていいですね。

試乗してみる

折角なので試乗させてもらう事にしました。

試乗したのはAT車で、私が昔乗っていたMTのJB23とは違うのは当たり前なんですが、違い等々まとめてみます。

ジムニーを降りてから数年経過しているので、昔の記憶頼りですが、明確に分かったところ等上げていきます。

静寂性UP

まず、第一に感じたのが静寂性のアップ。

エンジンを始動したときのエンジン音が静かですね。

JB23は「エンジン回ってます!!」みたいな感じだったんですが、若干静かになった印象です。

まぁ新車なのでエンジン自体が静か…という事もあるかと思いますが、社内に響くエンジン音は静かかなぁと思いました。

ドアの開閉音も変わった?

以前は「バン!」という感じの開閉音ですが「バタム!」という感じに変化した感じです。

乗った感じはやっぱりジムニー

一般道5分程度の試乗でしたが、やはりジムニーといった感じ。

道路があまりよろしくなく、結構凹凸がある道路だったんですが

まぁ揺れるよね(笑)

この揺れ方はジムニーですね。

ただ、タイヤのせいか前よりも、下からの突き上げ感はマイルドになったかなぁという印象です。

2WD/4WDの切替はシフト式に変更

JB23は2駆と4駆の切替がボタン一つだったんですが、今回のジムニーはシフトレバー式になっています。

やっぱりMT…かなぁ

今回試乗した感じだと、ATではちょっとパワー不足感があるかなぁ…といった感じ。

当時私が乗っていたJB23はMTだったんですが、MTを購入した理由として

「普通車から軽(しかも重い)に乗り換えたらパワー不足感でイライラする可能性が高いから、自分でシフトコントロールして、回転数を上まで引っ張れるMTにした方がよさそうだ」

という理由だったんですね。

今回試乗したATのジムニーはまさにそんな感じ。

普通車と比較する事自体がそもそもの間違いなんですが、やはりスタート、加速は「もっさり」とした印象です。

ここにストレスを感じる方はMTを選択したほうが良さそうです。

おまけ


一通りジムニーの試乗を終えて、さて帰ろうかなぁとおもったら、実は同店舗に置いてある、試乗用のスイフトスポーツがまもなくいなくなるとのこと。
ネットの評判は「スイスポは楽しい」という評価をよく目にしていたのですが、実車をよく見ることも運転したことも無かったので、試乗させてもらうことにしました。
ジムニーの話から逸れてしまいますが「おまけ」という事で勘弁してください(笑)





ジムニーの試乗と同じコースを走ってみたんですが

なにこれ超楽しいんだけど(笑)

正直、ものすごく感動しました。

たのしいねスイフトスポーツ。

マニュアルだけど、シフト繋ぐの超楽だし、シフト変更時のノブのタッチもいいし、車体が軽いせいか、アクセルと加速の「ダイレクト感」が凄い。

ほんの5分程度の試乗でしたが「そりゃファンいるよね」と思えるような車でした。ちょっとほしくなりました(笑)

まとめ


スイフトスポーツの話は置いておいて、今回試乗してきたジムニー。


やっぱり格好良かった


この一言につきますね。

乗り味というか、乗り心地なんかは旧ジムニーから引き継いでいる部分は多い印象ですが、内装、外装がガラリとかわり、良い方向に進化しています。

乗った感じでは、以前の記事でも紹介したように、おそらく高速走行は結構厳しいんじゃないかなぁと思いますが、街乗りに使用するには十分。

車高が高いので視界も良好です。

悪路走行をする機会がない方のほうが圧倒的に多いとは思いますが、ウィンタースポーツをされる方にはいいでしょうね。

シートを倒して助手席からフラットにすれば長物も詰めますので、サーフィンやら釣りやら、スノボやらアウトドアの活動の多い方にはよい相棒になってくれそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. マッテテコイサンマン より:

    スイフトスポーツ(ZC31)、ジムニー(JB23)共に所有歴あります。
    新型ジムニー良いですよね〜!
    カッコイイです。
    が、見慣れてくると捻くれ者の私は、
    「どうせジムニー好きの奴らはカクカクさせてレトロっぽいデザインにしときゃ喜ぶんだろっ」
    といった意図があるような気がしてコンサバなデザインに思えてきた今日この頃。
    まぁでもやっぱりカッコイイんだけど!

    • 鑑人 より:

      マッテテコイサンマン さん

      コメントありがとうございます!

      どちらもお乗りだったんですね!
      それでは、私の感動、ご理解頂けるでしょうか。
      スイフトスポーツ楽しかったです!

      デザインに関しては、ハスラーあたりから、クロスビー、イグニス、アルト、ジムニーとデザインが売れそうなデザインにガラっと変わった感じがします。

      • マッテテコイサンマン より:

        スイフトスポーツは運転する楽しさを教えてくれる車ですよね。
        まだ大きな車が必要無い若者に是非乗ってほしいですね。
        もちろんMTで!

        バリエーションモデルとはいえ、手の届く価格のスポーツモデルとして貴重な存在です。