カーコーティング剤のVuPlex(ヴュープレクス)を試してみた!


前回の紫外線対策についての記事(カーコーティング剤の紫外線保護力を比較してみる 準備編)が、思いのほか反響が多くて、ご期待されている方が非常に多いようなんですが、申し訳ないんですが、今回は別件。

カーコーティング剤のVuPlex(ヴュープレクス)のレビューをしてみたいと思います。


スポンサーリンク

VuPlex(ヴュープレクス)とは


さて、このビュープレクス、汚れ落としとコーティング両方を兼ね備える製品という事で、プレクサスに似ているような感じです。

アマゾンの商品説明にはこのような記載がありました。

アメリカでは Plexus の存在があまりにも有名ですが、オーストラリアやヨーロッパでは、この VuPlex ( ヴュープレクス ) の方がかなり有名で高性能なメジャーアイテムとなっております。

VuPlex(ヴュープレクス)簡単コーティング剤 クリーナーポリッシュ 445mlスプレー [HTRC2.1]
という事で、製品的に似ているのは間違いないようです。

VuPlexの特徴


製品の特長につては、アマゾンに記載がありましたので引用します。

商品紹介

VuPlex(ヴュープレクス)は、汚れを落とし表面をつるつるにして、
撥水・防汚性や擦傷防止効果に優れたミクロの保護被膜を形成し、
美しい輝きを蘇らせる『素材に優しい中性の超カンタン洗浄・保護・ツヤだし剤』です。

【特徴】
・1本で簡単に、「洗浄・保護・ツヤだし」が出来ます。
・使い方は、「スプレーして、拭き取って、乾拭きする」だけ(3ステップ)。
また、濡れている状態でも乾いている状態でも効果は変わりません。
・使える箇所は、プラスチック・金属類・ガラス等何にでも。
(滑っては困る箇所、吸水性のある、紙・布・革・ゴム等の素材以外はOK)
・用途はたくさん。
車やバイクは全般的に使用可能。自転車や釣り用品、
サーフボードやスノーボード等のホビー用品にも。
PC、スマートフォン(携帯電話)、ゲーム機、携帯音楽プレイヤー、
デジカメや家電、またCD・DVD、メガネ・サングラス等の小物等にも。
・豪州・米国・英国における4つの検査基準のもとでテストを実施し
「消費者の健康に対する危険性は無い」ことが証明されているため、
食品関連設備にも使用可能です。

≪豪州enHealth2004、米国EPA1989、2000a、米国ATSDR1992、英国Regulation(EC)No1935/2004≫
※食器類や調理器具には使用できません。
・成分は、アンモニア・シリコン・コンパウンド・石油・アルコール等の溶剤・研磨剤を含まない
完全な中性でどんな物に使用しても、素材に影響を与える事がなく安心してご使用いただけます。

【成分】
天然植物ワックス、天然果実エキス、ポリマー、界面活性剤、オーガニックソルベント、噴射剤、水

【液性】
中性

【用途】
プラスチック、金属等の洗浄・保護・艶出し

【使用可能箇所】
塗装面、プラスチック・樹脂面、金属面、クリアコート、ホイール、ライトカバー、スクリーン、シールド、マフラー、ミラー、メッキパーツ、
エアロパーツ、フェアリング、ダッシュボード、カーボンパーツ、計器類、アクリル、ポリカーボネート、FRP、ABS樹脂、塩化ビニール、
フィルム類、CD・DVD等

VuPlex(ヴュープレクス)簡単コーティング剤 クリーナーポリッシュ 445mlスプレー [HTRC2.1]
という事で、ビュープレクスには一応ワックス成分が含まれているようです。

車に施工してみる


それでは車に施工してみたいと思います。

ボディーに噴きかけた感じでは、透明な感じ。少しだけ粘性があるのもプレクサスに似ています。

噴きかけると、ほのかにオレンジの香りがします。

一度の噴射量はプレクサスと比較すると少な目です。

施工した感じでは、伸びは悪くないものの、プレクサスと比較すると若干劣る感じ。結構こまめに噴いて使いました。

ムラになりにくさで言えばビュープレクスのほうが、ムラにならずスッキリ仕上がります。

ただし、最後の乾拭きの際の拭き取りは少し重い感じがしました。

それでは施工後の様子をどうぞ。





光沢感は悪くないですね。

スッキリとした印象です。


パネルで比較してみる


次にパネル実験です。

左側にVuPlexを施工します。


如何でしょう?ちゃんと変化が現れましたね。いい感じです。

次に、プレクサスと比較をしてみます。

左側にVuPlex、右側にプレクサスを施工します。


左右比較してみると、大差ない感じですね。

どちらもよい感じです。

これは使えそうです。

滑水性能の比較


次に、水滴を落としてみずの落ち具合を比較します。

左がVuPlex、右がプレクサスです。


どちらも水滴の落ちは悪くありませんが、VuPlexのほうが水滴が丸く、落ちる速さも若干早い感じです。

滑水の性能で言えば、VuPlexのほうが優秀です。


まとめ



以上、VuPlexをレビューしてみました。

製品単体で見ると、優秀な製品と言えるでしょう。

ただ、どうしても比較対象にプレクサスが上がってきてしまいます。

プレクサスと比較すると、施工のしやすさではプレクサスに軍配が上がります。

ただ、プレクサスより施工時のムラのようなものが少ないので、スッキリ仕上げて2度拭きしたくないという場合はVuPlexnのほうが良いようです。

スプレー缶で言えば、プレクサスはノズル失踪の可能性がありますが、押しやすい。VuPlexはノズルが取れることはほぼありませんが、押しづらいなど、あれこれ違いがあるので、あとは個人の好みによって分かれるところですね。

購入しても失敗するような製品ではないので、気になる方は一度お試しになってもいいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    ブログ更新おつかれさまです。
    自分もコーティング剤やワックスなど、家にかなりたまってしまってますが使いかけのコーティング剤等どのくらいの期間置いといても大丈夫なんでしょうか?
    どのように管理されてますか?また、長期保管になった商品の品質などレビューがあればぜひ見たいです。ご検討くださいませ。

    • 鑑人 より:

      匿名 さん

      コメントありがとうございます。

      モノによると思いますが、1年以上は放置でも普通に使えたりしますね。
      我が家にあるものは、古いものですと数年経過していますが変わらずです。

      ただ、別のボトルに移し替えたポリラックは黒いカビが生えて悲惨なことになっていました…。

      長期保存品との比較ですか。なるほど。
      安い製品で再購入が容易なものがあれば試してみますね!

  2. 通りすがり より:

    こんばんは、レビューお疲れ様です。いつも参考に見させていただいています。

    バリアスコート、プレクサスのレビューをされてる鑑人さんにレビューして頂きたい商品がございます。
    バイク用品店 2りんかん のオリジナルブランドのコーティング剤
    DM2 クリーン&コート です。
    http://ds-blog.livedoor.biz/archives/1944389.html

    説明を見る限り、プレクサスやバリアスコートに似てるような印象を受けるのですが、調べても比較している人が見当たりませんでした。
    店頭には比較表みたいなのがありましたが自社ブランドを悪く言うわけもないので信頼はできないかなと・・・
    宜しくお願いします。

    • 鑑人 より:

      通りすがり さん

      コメントありがとうございます!

      2りんかん、私の地域にもありますね。
      今度立ち寄ってみたいとおもいます!

      確かに、バリアスコートに近い雰囲気を醸し出していますね。
      比較候補に入れておきますね!
      情報ありがとうございます!!

  3. GG砂糖 より:

    始めまして、ここのコート剤のレビュー参考にして購入とかしています
    最近、プロ仕様のコート剤が簡単に試行できるという商品が販売されているみたいので
    今後レビューする事がありましたら、お願いします
    http://www.carmate.co.jp/products/detail.php?product_id=6079

    • 鑑人 より:

      GG砂糖 さん

      コメントありがとうございます!

      GRANZですね。
      カー用品店の棚で気になっていたんですよね。

      いずれレビューすることになると思います!
      それまでしばしお待ちくださいませ。