日産リーフにも試乗してプロパイロットを体感してみた

画像:日産| リーフ [ LEAF ] Webカタログトップ


先日、新型インサイトの試乗をしてみましたが、実はその足で日産にいってリーフを試乗してみましたので、またも試乗した感想をまとめてみたいと思います。

ちなみに、今回はなんとなく体感したくて日産ディーラーを訪れたため、写真を撮ってこなかったのが悔やまれる所です。


時期に特に意味は無し


「なぜ突然日産!?」と思われる読者さんもいるかと思いますが、他意はなく、単純に「そういや電気自動車って乗ったことなかったな」という疑問からであります。

HONDAに行って、新型インサイトを試乗し、ハイブリットは体感しましたが、そもそもに電気自動車って乗ったことないなという、単純な興味からです。

「やっちゃえ日産」が本当にやっちまった現状だというのは、日産ディーラーに行って、隣にあるルノーの店舗が目に入ってから思い出したくらいですので。

e-Pedalのワンペダル操作が楽


前々から、色々な記事で「リーフのワンペダル走行は一度慣れてしまうともう手放せない」という内容の記事を見かけていました。

実は、そこが一番の興味のポイント。

ブレーキ操作をせずに通常走行ができてしまうというのはどれほどのものか体験してみました。

最初は、中々違和感があり、信号での停止時で目標地点より随分と手前で止まってしまったりしましたが、慣れてくると普通の走行時の アクセルペダルを離す→ 空走→ ブレーキを徐々に踏む → ブレーキを強く踏む → ブレーキを抜く → 完全停止 といった通常の運転のように、アクセルペダルを徐々に戻しながら、停止位置のあたりで完全にペダルを戻すといった感じでスムーズに止まれるようになります。

速度調整もアクセルの踏み具合にほぼ速度が連動してくるのでとても楽です。
回生ブレーキが結構強く効くのと、最後の最後でブレーキがかかるので、アクセルペダルを戻すとピタっと止まってくれます。

ちなみに、e-Pedalではなく、普通の車のようにアクセルを離すと空走するモードもありますので、こちらはお好みで。

電気モーターだから最大トルクまですぐ


さて、EV車の特徴として、モーターによる直駆動のため、ロスが少ないというメリットがあります。

通常のガソリンエンジンの場合、最大トルクに達するまでのある程度回転数を上げなくてはなりませんが、EV車の場合はこの通り。

画像:日産:リーフ [ LEAF ] | 走行性能

すぐに最大トルクがやってきます。

「やっとモーターのコイルが暖まってきたところだぜ」

なんてことはできないわけです(笑)

加速時なんかは、ガソリン車はアクセルペダルを踏んでから回転数が上がり、速度が徐々について来る感じですが、リーフは踏んだ瞬間からグググ!!っと加速します。

このペダルと直結した感じは気持ちがいいです。

プロパイロット走行


本来は、高速道路用の機能なんですが、一般道の長い直線道路でプロパイロットを試させてもらえました。

正直私は「日産の自動運転」なんてCMを見ながら「自動運転って、ただのクルコンだろ?テスラくらいやってから自動運転っていいなさいよ」なんて思っていたんですが、まぁ体感してみるとこれは凄い。

レーンの維持、前方車輌の追尾、速度維持。

この3つを車がやってくれるだけでかなり楽ですね。

10年以上前に乗っていたHONDAの車にオートクルーズがついていて、その車はただのスピード制御だったので、前方車輌との間隔が詰まったり、異様に離れたりと、結構怖かったので結局ほとんど使いませんでしたが、このオートクルーズは高速だったら相当楽であろうことは、低速域の一般道でも十分体感できました。

あー、うん。自動運転っていいよこれ。ただ購入者に勘違いさせないようにね。

と思えるくらいの感動がありました。

プロパイロット パーキングで手放し駐車


これは体験してもらわないとわからないかも。
動画を参考にしてみてください。

【日産リーフ徹底検証】プロパイロットパーキング

まぁ、普通の駐車場ならほぼ間違いなく自分で駐車したほうが早いんですが、場所によっては「停められるだろうけど、どう考えても何回も切り返しが必要だなぁ。鼻先もケツもちょっと余裕ないな」という時があるでしょう。

そんな時に、プロパイロットパーキングが役に立ってくれそうです。

ちなみに、座っている状態でハンドルが勝手にくるくる回るのは中々凄い光景です。

店長さんまで登場


さて、試乗を終えて、店内で色々お話を聞いていると、なんと店長さんがわざわざお越しくださいまして、ご挨拶を頂きました。

何この待遇(笑)

これまで、カーディーラーでは様々な体験をしましたが、店長さんまで出てきたのは今回が初ですね(笑)

これは普段からそうなのか、今の状況だからそうなのかわかりませんが、誠意は伝わりました。

下り坂でアクセルを踏む?


ふと、雑談の中で疑問に思った事があります。

「下り坂ってどうなるの?」

という疑問。

通常、下り坂はアクセルペダルから足を離し、フットブレーキで調整しながら走行する感じになりますし、長い下り坂なら、シフトを落としてフットブレーキとうまく組み合わせながら走行…となるんですが、e-Pedal走行の場合は、下り坂でアクセルペダルを少し踏みながら走るという感じになるそうです。

完全に放してしまうと止まってしまうとか。

日産リーフ試乗まとめ


という事で、今回は日産のリーフに試乗してきましたが…

一度は体験しておくべき

というのが感想ですね。

私個人の偏見ですが、EV車は走行はつまらなく、電池残量を気にしながら常時充電ポストを探して走るばかりで、安心して運転できないという印象だったんですが、今回運転してみて、印象はかなり良くなりました。

エンジンの回転音が聞こえないのは寂しい感じはしますが、静寂性は抜群ですし、運転もし易い。
鋭い加速もある。さらに航続距離もそれなりにあります。

EV車なんて認めない!なんて方は沢山いるとは思いますが、偏見を捨てて一度体験してみるとちょっとした感動が得られると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする