糖の吸収を抑える!?富士フィルムのメタバリアSを試してみた


今回は富士フィルムから販売されている「糖の吸収を抑える」という謳い文句の「メタバリアS」を試してみることにしました。


メタバリアSとは

まず、このメタバリアSは「機能性表示食品」に分類されるサプリメントです。

機能性表示食品とは以前、別の記事でも紹介したことがありますが、「安全性の確保を前提とし、科学的根拠に基づいた機能性が、事業者の責任において表示されるもの」になります。

参考
中性脂肪を減らす作用のあるEPA、DHAが配合されているという、アサヒのサプリディアナチュラゴールド「EPA&DHA」について、効果や副作用、中性脂肪を減らすしくみ、ダイエットに効果はあるのか?という点について調べてみました。

メタバリアSの公式販売サイトを見ると細かく記載があります。

参考:メタバリアS | サプリメント | FUJIFILM ビューティー ヘルスケア Online

主に期待される効果としては、サイトにこんな記載がありました。

本品にはサラシア由来サラシノールが含まれます。
サラシア由来サラシノールは、食事から摂取した糖の吸収を抑える機能性が報告されています。さらに、おなかの中のビフィズス菌を増やして、腸内環境を整える機能があります。

ということですので、私は勝手に「痩せるんじゃないか?」と思ったんですが、どうなんでしょう?

巷では糖質制限ダイエットとか流行っていますし、私の知人は痛風になって、糖質制限をしてからすこぶる体調がいいと言っていました。

とりあえず、摂取してみたら何か変化があるのかもしれません。

まぁ身体に悪いものでもないようですし、腸内環境を整えるのは悪いことではないでしょうから試してみることにしました。

メタバリアSの成分


メタバリアSの成分については以下の通りです。

原材料名

難消化性デキストリン、サラシア濃縮エキス、赤ワインポリフェノール、クロム含有酵母/結晶セルロース、緑茶抽出物、炭酸カルシウム、ステアリン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素、光沢剤、酵素処理ルチン

栄養成分表示<8粒(1480mg)当たり>
  • エネルギー 2.3kcal
  • たんぱく質 0.02g
  • 脂質 0.02g
  • 炭水化物 1.32g(糖質 0.20g、食物繊維 1.12g)
  • 食塩相当量 0~0.03g
  • クロム 20μg
機能性関与成分 サラシア由来サラシノール 1.0mg

サラシア由来サラシノールとは


公式サイトを見てみると、メタバリアにおいて「サラシア由来サラシノール」という成分が重要なポジションを占めているようです。

ではこの「サラシア由来サラシノール」とは何なんでしょうか。

天然植物「サラシア」が食事から摂取した糖の吸収を抑える

「サラシア」とは、インドやスリランカ、東南アジアなど熱帯地域に自生するツル科の植物で「奇跡の植物」として、かつては王族など限られた人たちが飲用していた贅沢品でした。
このサラシアの成分について科学的に分析したところ、サラシアに含まれる成分のサラシノールには、糖を分解する酵素の働きを阻害する作用が確認されました。これにより食後の血糖値の上昇を一時的に抑えることがわかり、以来、専門家の間で健康管理のための活用方法が研究されてきました。

参考:メタバリアS | サプリメント | FUJIFILM ビューティー ヘルスケア Online

という事で、このサラシノールこそが糖を分解する酵素の働きを阻害する作用を持っているようですね。

メタバリアSを試してみた


それでは、メタバリアSを試してみたいと思います。
粒は、濃い茶色の錠剤です。

お試し用の500円で2週間分のものがあったのでこれで試してみたいと思います。

メタバリアSの服用方法


摂取の目安量は1日8粒です。
1回あたり2~4粒を1日3回に分け、食事の前を目安に摂取すればよいようです。

メタバリアS服用前の状態

服用にあたって、体調の変化を調べたいと思ったので、前後の体重を計ってみることにしました。

こちらが服用前です。

体重59.35Kg。
体脂肪率 18.9%

正直、見る人が見たら「そんな気にしなくていいんじゃないの?」というレベルだとは思うんですが、やはり少しぽっこりしてきたおなかが気になる年頃です(笑)

それでは、ここから14日間、服用してみたいと思います。

メタバリアS14日服用後

さて、あっという間に14日が経過してしまいました。

前後でどの程度変化したのか見てみたいと思います。

体重58.35kg
体脂肪率17.6%

減ってますね。

減ってますけど…

この程度なら誤差の範疇だよね(笑)

どちらも夕食後に時間をおいてから体重計に乗って撮影したんですが、まぁ男性の1キロとか1日とか数日で上下する値なのであまりあてにならないかなぁ…。

メタバリアSの副作用やアレルギーはあったのか


今回服用してみたメタバリアSですが、正直、私の身体には特に大きな変化は現れませんでした。

まぁ体重1キロ、体脂肪率1.3%減という結果がありますが、これがメタバリアSのおかげなのかどうかは正直微妙なところです。

で、サプリメントといえば副作用などが気になるところですが、私が試した感じでは全く何も変化なし。

特に健康に影響があるようなことは感じ取れませんでした。

一応安心して試せそうだなとは思えました。

まとめ


ということで、「たった14日で分かるわけがないだろ」というツッコミが多々ありそうですが、メタバリアSを試してみました。

単純な数値の結果でいえば 体重1キロ減、体脂肪率1.3%減という形になりましたが

だれも「痩せる」とは言っていない(笑)

そうなんです。「糖の吸収を抑える」とは言っていますが、「痩せる」とは言っていないんですね。

あくまで「糖の吸収を抑える」のと「腸内環境を整える」というだけの話なので、私のように勘違いしないようにしましょう。

上記2つが気になるというかたは一度試してみるのもいいかもしれませんね。

私の場合はもっと普通に運動をした方がよさそうです。

コメント

  1. MS より:

    「糖の吸収を抑える(穏やかにする)」
    の、結構古くからある系はギムネマと難消化性デキストリンですね。
    メタバリアって元々ダイエット表記があったかと思います。

    サラシアがギムネマと同じ効果だって事ならコスパ考えるとギムネマのがマシですね~
    腸内環境を、の件は難消化性デキストリンが担っている部分ですが、難消化性デキストリン「だけ」を摂取してもあんまり良くはないんですよね。
    トクホ茶、コーラなんかが難消化性デキストリン入れてる訳ですけど、これも実は信じられないぐらいコスパ悪いんです。
    難消化性デキストリンだけならkg売りしてる奴買えば液体系には全て使えますし、何せkg入りですから非常に長持ちもします。
    んが、「水溶性繊維」だけ摂っても良くはないので「不溶性繊維」も摂る事が大事です。

    話逸れましたが、お試し品がないのでアレですけどギムネマ(DHC)や「ぱっくん分解酵母」なども気が向いたら試してみてください。
    ギムネマは食後または食事中に飲むのが良いです。
    後者も多分同じ感じが良いでしょう。

    • 鑑人 より:

      MS さん

      コメントありがとうございます!

      なるほど…
      MSさんはカラダ関係の事は非常にお詳しいですよね。
      羨望の眼差しです!

  2. RVR より:

    おすすめコーティング剤2018を要望したらすぐに記事にしてくださってありがとうございました!RVRです。

    難消化性デキストリンの商品はかなりの種類が展開されてるなかメタバリアを選ぶのは結構シブいですね(笑)
    色々難しい話をしてみてもあれなので
    他におすすめ商品を1つご紹介してみます!

    甘草グラボノイドなんて言うのはどうでしょう?
    脂肪に対する効果も、「燃焼促進」「合成抑制」の2つを併せ持つ、めずらしい成分です。
    難消化性デキストリンのように脂肪の抑制だけじゃなく燃焼も助けてくれるので脂肪を筋肉に変えるということでリバウンドも軽減できるのではないでしょうか?

    鑑人さまは30代〜40代くらいでしょうか?その年代ならおすすめします!

    • 鑑人 より:

      RVR さん

      コメントありがとうございます!


      甘草グラボノイド…面白そうですね。調べてみますね!
      情報ありがとうございます!

      年代は…「昔は増えてもすぐ元にもどったんだけどなぁ、最近は肉がつくとなかなか落ちないなぁ…」と良く感じる、そんなお年頃です(笑)

  3. MS より:

    記事には無関係ですけど・・・
    言ってたら出ましたよ

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180709-00010000-clicccarz-bus_all