バーミキュラのライスポットを買って激ウマごはんを炊いてみた



バーミキュラのライスポットとは


バーミキュラのライスポットは「世界一美味しいお米が炊ける炊飯器」。

もともとは、精密部品を製造している下請けの町工場だった企業が、そこで培った「鋳造工程と」「精密加工工程」の技術を生かして作り上げたのが「無水調理可能なホーロー鍋」。

精密加工技術が高いため、鍋と蓋の接地面を限りなく精巧に作ることで、無水調理可能なバーミキュラの鍋ができました。




そんななか、バーミキュラの鍋で炊飯をしていたオーナーさんたちから「バーミキュラで炊いた米が非常にウマイ。でも火加減が難しい」という声が上がったことで開発されたのが、このバーミキュラのライスポットということのようです。

公式の動画はコチラ
Vermicular RICEPOT

ちなみにバーミキュラのライスポットの鍋は普通のIHのクッキングヒーターでも使用できます。

普通の調理鍋としても非常に優秀です。

バーミキュラのライスポットを買う


今回、このバーミキュラのライスポットを買うことにしたわけですが…

高いよね(笑)


バーミキュラ ライスポット ソリッドシルバー RP23A-SV
86,000円て(笑)

さすがに高い!でも気になる!

ちなみにバーミキュラのライスポットは知人から教えてもらったんですが、知人が買ったのはコレ。


パナソニック 5.5合 炊飯器 圧力IH式 Wおどり炊き ブラック SR-VSX108-K
こっちも高い(笑)

買った本人は「あまりに米がうますぎて信じられなかった。白米だけでその時炊いた3合全部食べた」と言っていました。

果たして、安舌の私にこのレベルの炊飯器を与えて、意味があるのかどうかというところもありますが、知人の言葉も気になります。

さらに、非常に迷ったところではありますが、バーミキュラのライスポットはそのまま無水調理もできる優れものってことと

これで毎日の飯が何倍もウマくなるなら儲けもんだろ?

の一言に押されて、勇気を出して買うことにしました。

我が家の350Lの冷蔵庫より高いんだけれど…。

バーミキュラのライスポットを買った!


ということでですね

買った!買ってやったよ!

久しぶりにデカい買い物だった。

「こんなん買うのはどこのリッチな家庭ですか?」なんて思ってたくらいなんですが…


届いたライスポットを見て納得。すごいしっかりした作りですね。

本体はずっしりと重量感があります。



付属品は、ライスポット本体の外に、計量カップとレシピブック。

テンションが上がってきました。

それではご飯を炊いてみます|次のページへ続きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする