無水調理|バーミキュラライスポットで無水カレーを作ってみた!


せっかく購入したバーミキュラのライスポット。

白米がおいしく炊けるのはわかったんですが、バーミキュラのホーロー鍋は気密性が高く、無水調理にも向いているという事なので、付属のレシピに習い、無水調理をしてみることにしました。

参考記事

抜群の火加減と、高精度のホーローの合わせ技で、激ウマごはんが炊けるて尚且つ無水調理も低温調理も可能なバーミキュラのライスポットを買って、レビューしてみました!


材料

  • 鶏もも肉 300g (一口大に切る)
  • 完熟トマト 大4個(大きめ角切り)
  • 玉ねぎ 大3個
     (2個は粗みじん切り、1個はスライス)
  • セロリ 1本(葉を除いて薄切り)
  • にんじん 1本(乱切り)
  • ローリエ 1枚
  • カレールウ 5皿分

調理開始




早速調理していきたいと思います!

トマト


まずはトマトを大き目角切り!(角切りってこれでいいのか…?)
鍋の底に並べていきます。

玉ねぎ


みじん切り→スライスの順番に並べていきます。

セロリ


セロリを薄切りして並べます。

にんじん


さらに、にんじん。

鶏むね肉


次にむね肉をならべ、最後にローリエを置きます。

蓋をして「弱火」設定で60分


蓋をして弱火設定にして60分です。

調理の流れとしては、下から順番に水分の多い食材を並べていくことのようですね。

バーミキュラの蓋の構造が蒸発した水分を再度鍋の上に落とす構造になっており、上に置いた鶏肉にも自然と熱が加わるようになってるみたいです。

60分経過


60分経過後の状態がコチラです。

水分こんなに出るの!?

普段カレー作る時って、具材炒めて水を入れて…って方法だったんですが、予想以上に水分が出てくるんですね!

ルウを入れて余熱で10分


カレーができました!!!

ルウは野菜の甘みがでるため普段のルウよりも1段辛い物を使った方がいいそうです。

う~んおいしそう。

実食


それでは、できあがった無水カレーを実食してみます!

・・・・

・・・・

ウマ!!!なにこれ!?

なんでしょう。普段のカレーとは数段違う感じがします。

ごはんもバーミキュラのライスポットで炊いたご飯ですが、カレーのほうは野菜の甘みが出てきて非常においしいですね。

カレーのルウを普段のルウより一段辛めのルウにした方がいいと書いてあった理由がわかりました。

感想


さて、おいしいごはんを炊くために買ったバーミキュラのライスポット。

はじめての無水調理だったんですけど…

超簡単(笑)

野菜切って、並べて、ボタン押して放置でほぼ出来上がりって楽すぎです。

火力の管理については、ヒーター自体に噴きこぼれ防止機能もついてるので、放置でOKなので、楽さ加減がハンパないです(笑)

ということで、バーミキュラのライスポットで作る無水カレーは、普段のカレーより楽にそして何倍もおいしいカレーが作れることがわかりました!




楽天で購入:★愛知ドビー バーミキュラ ライスポット RP23A-SV
Amazonで購入:バーミキュラ ライスポット ソリッドシルバー RP23A-SV