カーコーティング剤の紫外線保護力を比較してみる 実験編


さて、大変長らくお待たせいたしました、カーコーティング剤の紫外線保護力の実験。
前回の「カーコーティング剤の紫外線保護力を比較してみる 準備編」の続きになります。

とりあえず、ちょろっと実験してみましたのでご報告したいと思います。

ただ


お待たせした割に随分と薄い内容となっております。ご容赦ください…。


早速実験してみる


前回の実験では、下敷きでの透過実験ではうまくいかず、どうやら紙に直接ぶっかけてみたらわかりそうだってことだったので、今回もそれに倣って実験してみたいと思います。

スマートミスト

ますはスマートミストをプリンター用の用紙に塗って、ブラックライトを照射してみます。


右半分だけ塗ってますが、こちらは変化なし。

特に紫外線保護を謳っている製品ではないので、妥当な結果という所でしょうか。

ラディアスガラスコーティング剤


以前は楽天にショップがあってUV保護をしてくれるような記載があったので、期待できそうなのですが…


あれぇ?

全く変化が感じられません。

一旦実験中断


アレコレ試してみたんですが、予想以上に変換が少なくて困りました。

前回の、日焼け止めスプレーの場合は顕著に色が変わったんですが…

ブラックライトが光る部屋の中でこぼしたコーティング剤をふき取りながら、どうしたものかと考えていたら…

あれ?ティッシュ光ってない?

ちょっとこぼしてしまったラディアスガラスコーティング剤をふき取ったティッシュがほんのり黄緑色に光っていました。

プリンターの用紙も悪いのかもしれない


ちょっとここでまた新たな疑問

「プリンター用の用紙自体、紫外線によるインクの褪色防止とか、紙が黄ばむのを防止とかいろんな理由で紫外線対策されてるんじゃないか?」という疑問。

「コーティング剤云々の前に既に紙が光っている」説です。

それであれば、塗ったところで変化はないかもしれませんね。

確かに、上にあげた写真の通り、プリンター用の用紙から光が反射しているのが見て取れます。

そのままティッシュを使ってみる

という事で、現状変化が見られたティッシュをそのまま使ってみることにしました。

スマートミスト

あらためてスマートミスト


こちらはほとんど変化なしですね。とくに光っている感じもありません。

ラディアスガラスコーティング剤


次にラディアスガラスコーティング剤です。


こちらはほんのり黄緑色に光っていますね。
わかりますか?

一応の懸念点として、購入してから数年経過しているという点があります。
購入後の補完で性能が劣化しているという可能性も否定はできないので、なんとも言えないところではありますが、一応「変化は現れた」という所からすると効果はありそうだと思えます。

CCウォータープロテクト



直近で購入したCCウォータープロテクト。

こちらは紫外線保護を売りにした商品です。


おお!?

良く光っています。これはわかりやすい。

「目に見えない紫外線(波長が短い)を照射した際に、蛍光物質が波長を長くして発行するため、蛍光物質自体が光って見える」という現象が起きているように見受けられます。

ゼロウォーター


次に新しくなったゼロウォーター。UV保護の記述が無い製品です。


こちらもほとんど変化なしですね。

レインXボディーコート


「UV硬化型」という謳い文句のレインXボディーコート。


変化なし!

ボトルだけは怪しく光っています。

まぁ「保護」とは言っていないので、別段おかしい話ではないのですが、何らかの変化が起きてくれた方が面白かったですね。


CCウォーターゴールド


手持ちのコーティング剤を漁る中で、ふとCCウォーターゴールドのボトルを見ると「紫外線吸収剤」の記述がありました。


これも期待できるかもしれません。


うーん、変化なし!

という事で、とりあえず何製品か試してみましたが、顕著に変化があったのは、CCウォータープロテクトとラディアスガラスコーティング剤の2つでした。

ちょっと気になる事


上記のような実験で上手くいきそうな雰囲気を醸し出していたんですが、ちょっとだけ気になる事があります。


模造紙に直接コーティング剤を吹きかけて、一気に実験してやろうと試したんですが、この赤マルで囲んだところはCCウォータープロテクトが吹きかけてあります。

左右はラディアスガラスコーティング剤とスマートミスト…だったはずなんですが、CCウォータープロテクトを吹きかけた直後は黄緑色だったんですが、時間経過とともに変化がなくなってしまいました。

この実験方法もダメ…?

そもそもにCCウォータープロテクトが乾くともうだめなのか、実験方法がダメなのか微妙なところです。

ティッシュを乾かしてみればよかったのかもしれませんが、ポイポイ捨ててしまっていたので、改めて検証が必要かもしれません。

まだ実験は終わらないようだ


という事で、コーティング剤を使って実験をしてみましたが、どうにも思った通りの結果にならずに困ってしまいました(笑)

とりあえず今回は「ティッシュにしみこませると変化は見れた」という所までは来たので、乾かしてみたり、色々試しながらもう少し頑張ってみたいと思います。

あとはアレだな。紫外線保護を謳っている商品がもう少し手元に欲しい所ですね…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 青空駐車の人 より:

    いつも楽しく拝見しております。
    紫外線保護機能は、コーティング層の下の塗装層に紫外線が到達しているか否かが、重要ではないかと思います。
    実験手法としては、
     1.黒い紙などに蛍光ペンで描画しておき、ブラックライト照射によって描画が発光することを確認。
     2.サランラップ、ビニールシート、ガラス板などの透明素材で、ブラックライトを包んで照射を行い、素材自体の紫外線遮断率が低いものを実験具として選定。
     3.選定された実験具に、任意のコーティングを施工して照射を行い、蛍光発光の変化を目視にて確認。
     4.目視での変化が確認できなければ、コーティング済みの実験具を2枚3枚と重ねてみる。
    てな感じでいかがでしょう。

    • 鑑人 より:

      青空駐車の人 さん

      コメントありがとうございます!

      なるほど。
      実験についての参考情報ありがとうございます。
      確かに、素材そのものの変化ではなく、透過させた場合に、紫外線に反応する物質がどのように変化するかで見るのもよさそうです。

      参考にさせて頂きます!情報ありがとうございます!

  2. トマス より:

    いつも楽しく見させていただいております。
    紫外線保護を謳っている製品で、以前より私が使用しているコーティング剤があります。『リスロンモリスワックス』というマイナーな製品なのですが、どれほどの紫外線保護効果があるのかいまいちわかりません。撥水はなかなかのものです。
    よろしければ一度お試しください。

    http://www.risuron.co.jp/shop/dtl_item.php?itm=120

    https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%82%B9WAX5000FSUVC-18L-0-5L/dp/B00KEKGDRU/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1518538572&sr=8-4&keywords=%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

    • 鑑人 より:

      トマス さん

      コメントありがとうございます!

      中々強気な価格設定ですね…。

      それなりの材料を使っているからという見方もできますね。
      機会があれば試してみたいと思います!

      情報ありがとうございます!

  3. グリルだけ色が落ちた より:

    こんにちは
    いつも楽しく見てます

    アーマオールとかクレポリメイトは紫外線劣化を防ぐって謳い文句ですがどうですか?

    • 鑑人 より:

      グリルだけ色が落ちた さん

      コメントありがとうございます!

      アーマーオールのほうは実験の時にラベルを覗いてみたんですが、効果としては謳っているものの、成分としては特に記載がないんですよね。

      実際試したらどうなるんでしょう?

      実験してみますね!

  4. CX5 より:

    楽しく読ませてもらいました!ありがとうございます(^^)紫外線への影響の検討はなかなか難しいですね(´-`).。oO
    ccプロテクトは自分のラインナップにもあるので、明確な反応があり嬉しいです。特化してるだけある!
    あとは、新しくなったゼロウォーターも紫外線吸収を謳っているのではないでしょうか?また機会があればよろしくおねがいします(^^)

    • 鑑人 より:

      CX5 さん

      コメントありがとうございます。

      CCプロテクトは顕著でしたね。

      その他の製品がイマイチでしたが、手法を変えながら試してみたいと思います。

      新しいゼロウォーターはほぼ反応なしでした…

  5. なおぽん より:

    CCウォータープロテクトの反応で記事と同じ、おお!と声が出ましたが
    実験はなかなか難しいようですね。
    でも色々な反応はこんな感じになるのか~と見ていて楽しいです。

    UVカット製品はプロスタッフばかりですがエックスマールワンやグラシアスでしょうか。

    • 鑑人 より:

      なおぽん さん

      コメントありがとうございます。

      そうですねぇ…。
      思った通りの反応をしてくれなくて困っています。

      その他製品もあれこれ試してみますね!

  6. 匿名 より:

    プレストコートも紫外線保護を謳っていたような気がします。

    • 鑑人 より:

      匿名 さん

      コメントありがとうございます。

      なるほど!プレストコート!
      確認してみます!

  7. 匿名 より:

    モリスWAX5000FもUVカット60%と書いてあるみたいです。

    • 鑑人 より:

      匿名 さん

      コメントありがとうございます!
      モリスWAX5000Fもですか…。

      意外にUV対策製品沢山ありますね!
      情報ありがとうございます!!

  8. bon より:

    はじめまして、bonと申します。
    この度車を購入しまして現在納車を待っております。
    より良いコーティング剤を見つけようと思い、鑑人さまのサイトに辿り着きました。色々参考にさせて頂いたのですが、どうしても迷ってしまって。。。。
    バリアスコート
    ゼロウォーター
    プレクサス
    ブリスシリーズ
    ピカピカレインシリーズ
    クリスタルガード・ワン
    wondax-1
    その他の商品でも良いので、鑑人さまのイチオシのものを教えていただけないでしょうか?
    当方、コーティング剤を使用するのは初めてで、それほど洗車が好きではないので(笑)メンテナンスが楽なものや、施行が簡単なもの、もしくは素人には多少施行が大変でも効果が持続するものを希望です。一番重要視したいのは多少でもボディの傷防止ができるかどうかです。
    アドバイスどうぞよろしくお願い致します。

    • 鑑人 より:

      bon さん

      コメントありがとうございます!

      洗車が好きではない(でも車は綺麗に保ちたい)

      という事ですね。

      bonさんの状況から、アレコレ端折って結果だけおしらせするなら以下の通りです。

      施工が簡単なものという事であれば、スマートミスト一択ですね。
      手洗いでも、洗車機にぶち込んだ後でも、スマートミストをシュッシュと吹きかけて拭き取り作業をすれば大抵綺麗にになります。

      素人には多少施行が大変でも効果が持続するもの…というのであれば、硬化系ですね。
      硬化系なら、ステマと言われてしまうかもしれませんがピカピカレインが一番施工は楽だと思います。
      ただ、施工後濡らしてはいけないとか制限があるのと、ムラになるとリカバリが大変なので、いきなりの硬化系はあまりオススメできません。

      「一番重要視したいのは多少でもボディの傷防止ができるかどうか」

      この一点だけであれば、とりあえずコーティング剤よりも

      ・必ず手洗いする(泡たっぷりの状態で)
      ・洗車機を使わない

      この洗車方法をなるべく実施してもらうのがいいと思います。
      洗車が好きでなければ苦行ですけど…。

      とりあえず「砂だらけの状態で、シャンプー洗車せず、バケツに水を汲んで、絞ったマイクロファイバータオルでふき取るだけの洗車」は、紙ヤスリでボディーを擦っているようなものなので、一撃でヘアライン傷だらけになりますので避けたほうがいいと思います。

      • bon より:

        早速お返事いただき有難うございます!
        まずは手洗い洗車が大事ということですね。新車のうちにボディコーティングをして少しでもキレイに保ちたいと思っているのですが。。。硬化系のものは難度が高いですね(笑)
        スマートミストは候補に入っていなかったので、鑑人さまのサイトで勉強させていただきますね!
        ちなみに有名な、
        バリアスコート
        ゼロウォーター
        プレクサス
        ブリスシリーズ
        ではどれが良いのでしょうか?
        ゼロウォーターが気になっているので鑑人さまの意見を教えていただけたら嬉しいです。
        当方の車はNBOXのイエローです。
        宜しくお願い致します。

        • 鑑人 より:

          bonさん

          NBOX!いいですね!

          上げてい頂いたものの中ならバリアスコートがオススメですね。
          少しだけ価格が上がりますが使いやすいです。

          新しくなったゼロウォーターも悪くないですが…。

          プレクサスはドーピング剤みたいなもので、耐久性には期待はできません。
          ブリスは光沢は抜群なのですが、価格高いので…。

      • bon より:

        コーティング剤が塗装を痛めてしまうことってあるのですか?油分が多いと駄目とかいろいろ聞くので。ホンダは塗装があまり良くないと周りの人に言われたので心配で。。。何でも聞いてばかりですみません。

        • 鑑人 より:

          bon さん

          その話題はよく、ガラスコーティング剤の販売元さん等のページでも見かける話ですよね。
          私がみたことあるのは「カーワックスの油分は、油分が酸化して塗装を痛める」という話なのですが…。

          以下の内容は化学的根拠も何もない私の主観ですので、鼻ク〇ほじりながらでも読んでください。

          多分「酸化して痛める」という話は理屈の上では嘘ではないと思うんですが、塗布したワックスが、酸化して塗装を痛めるまで残り続けるなら相当な耐久性じゃないかなぁと思うわけです。

          全く洗車しないタイプの人の車ならあるかもしれませんが、ある程度の頻度で手洗いでも洗車機でも使って洗っているならどんどん落ちると思うんですね。
          なので「酸化して塗装を痛めるところまでワックスは持たないんじゃないか」というのが私の考えです。
          まぁ、保管する環境とか、洗車の頻度とか再施工の頻度とか色々影響するとは思いますが…。

          あとはですね、よくビンテージカーのオーナーさんとかが紹介されてるじゃないですか。
          で、よくワックスがけしている姿を見かけるんですよ。紹介記事とかテレビとかで。

          ガラスコーティング剤なんか無い時代の車が、ワックスが塗られて今もピカピカでいる…。
          こまめに再施工しているおかげもあるかもしれませんが、これを見ると「塗ったワックスが即座に塗装を痛めるわけなんてない」と思えてしまいます。

          あとは

          私の車は10年落ちの中古車ですが、記事で見て頂いている通りまぁまぁ綺麗な状態を維持しています。
          洗車の頻度は月2~4回。場合によっては週2回の時だってあります(笑)
          その度に何らかのコーティング剤を都度施工していますが「塗装が痛んでいる」と感じることは無いです。

          ルーフはだいぶ塗装が傷んでいますが、これはどちらかというと全オーナーさんの保管環境のせいかと思われます。
          多分青空駐車でロクにルーフまわりは洗ってなかったんだろうなぁという状態です。


          という事でですね、長々書いた末の結論としては

          「私はあまり気にしてません」

          という感じです。

          長い文章に最後までお付き合いくださりありがとうございました。

          • bon より:

            ご丁寧に説明していただき有難うございます!
            そうですよね!すごく納得しました。鑑人さまの車はとてもピカピカしていることがブログでもわかるので、コーティング剤が塗装を痛めてしまうことはなさそうですね。
            私も最低月1回は手洗いするようにしようと思います。
            スマートミストかバリアスコートのどちらか試してみますね!
            有難うございましたm(_ _)m

  9. サイコ より:

    待ってました!さらなる続報も楽しみにしております。

    • 鑑人 より:

      サイコ さん

      コメントありがとうございます!

      チマチマと更新していきますのでおまちくださいませ!

  10. 匿名 より:

    コーティング剤ではないですが日焼け止めクリームなどを比較対象にしてやって見るのも面白いかもしれませんね

    • 鑑人 より:

      匿名 さん

      コメントありがとうございます!

      そうですね。日焼け止めクリームを使ってみるのもよさそうです。
      ついでに、このライトがあれば日焼け止めクリーム自体の比較もできそうですね(笑)

      • 匿名 より:

        日焼け止めクリームもスプレータイプ、クリームタイプなど色々ありますからね笑
        お暇があればそっちの方も楽しみに待ってます笑

  11. 匿名 より:

    はじめまして
    実験方法に関して、紫外線チェックカードという紫外線が当たると色が変わるカードが使えそうな気がします。
    100円ショップなどで売っていることもあるようで、値段も安く使いやすいのではないでしょうか。
    もしご存知でしたらすみません。

    • 鑑人 より:

      匿名 さん

      コメントありがとうございます!

      なるほど…そんな便利アイテムがあるんですね!
      知りませんでした!

      情報ありがとうございます!
      ちょっと100均行ってみます!!

  12. ねぎとろ より:

    測定方法ですが、まずできるだけ暗室(カーテンなどで)1.透明のガラス板にコーティング剤を塗布 2.上から電球などで照射 3.ガラスの下側(裏側)で測定 4.ガラスだけのものと比較でいけませんか?その差が大きければUVカットできていると判断できるかと思います。計測器は誤差はあるかもですが、スマホのアプリなどでもいけるかと!40W白熱灯直下で数千μW/cm2程度で、日光で10万、ガラス越しで約5万程度になるかと思います。

    • 鑑人 より:

      ねぎとろ さん

      どうやらガラスそのものがそれなりに紫外線をブロックしてしまうらしいんですよね。
      サランラップがかなり紫外線を透過してくれるみたいなのでそれで試そうかと思っていました!

      情報ありがとうございます!!

      • ねぎとろ より:

        ラップはいいですね!ガラスでは太陽光でさえ半分は吸収されますから。紫外線のカット率が高くポリが-ボネイトに長時間定着できる商品があればヘッドライトのきばみから開放されますね!!

        • 鑑人 より:

          ねぎとろ さん

          コメントありがとうございます。

          ラップ実験でどれくらい変わるか…

          只今実験再開中ですのでしばしお待ちくださいませ!