PITWORK F-ZEROを使って効果を試してみた!


今回は、人気のガソリン添加剤、ワコーズのフューエルワンの日産向けOEM商品であるPITWORK(ピットワーク)のF-ZEROを試してみたいと思います。


PITWORK(ピットワーク)シリーズとは



日産のPITWORKシリーズは、公式説明によると下記の通り。

ピットワークは、純正部品と変わらない高い品質を確保しながら、日産車以外にも幅広く適用可能な汎用性を備えた補修部品のブランドです。
オイルフィルター、ディスクパッドなどの補修部品やバッテリー、パーツクリーナーなどの
整備用ケミカルをはじめとする豊富な商品をラインアップしています。
高い品質を誇るピットワークのほかにもさまざまな商品をご用意して、全国のお客さまに供給。
強力な日産のネットワークでお客さまの最適なアフターサービスを支えています。

日産部品販売会社とは|日産部品販売会社グループ 採用サイト

とのことです。

その中でも、比較的有名なのが、ガソリン添加剤のF-ZEROです。
コメント欄でもオススメを頂きました。

PITWORKのF-ZEROとは


PITWORKのF-ZEROは、ワコーズのフューエルワンの日産向けOEMとして有名な製品です。

ちなみにワコーズのフューエルワンに関しては、以前に実験を行って効果が認められたので、過去記事を読んでみてみてください。
燃料系統の洗浄、燃費の向上、レスポンス向上等々、評価の高いワコーズのフューエルワンを購入して、長距離走行して燃費の変化について検証してみました。
ほかにも、エンジンスムーサーはSF-V(スーパーフォアビークル)のOEMとしても有名です。

PITWORKのF-ZEROとフューエルワンとの違い


さて、フューエルワンのOEMという事なので、効果についてはかなり期待できそうですが、実際のところ、F-ZEROとフューエルワンに違いがあるのか比較してみたいと思います。

容量の違い

まず、容量の違いを見てみます。

PITWORK F-ZEROの容量は300ml


ワコーズのフューエルワンの容量は200mlです。

PITWORK F-ZEROのほうが100mlだけ多いですね。

ちょっとお得感があります。

用法の違い


使い方の違いですが、PITWORK F-ZEROは「30L~60Lにつき1本」、フューエルワンは「20L~60Lにつき1本」ということになっていますね。

どちらも、ガソリン容量に対して1%未満の状態で使用するようになっています。

価格の違い


PITWORK(ピットワーク) 燃料系洗浄剤 F-ZERO(エフゼロ) レッドキャップ【ワコーズ製日産向けOEM商品】(ガソリン、ディーゼル共用燃料添加剤) 300ml KA650-30081
PITWORK F-ZEROは現段階の価格で¥1,309。


ワコーズ F-1 フューエルワン ガソリン(2サイクル・4サイクル)・ディーゼル兼用洗浄系燃料添加剤 200ml F101
ワコーズのフューエルワンは¥1,713。

ほんのちょっと、PITWORK F-ZEROのほうが安いですね。

価格が安くて、容量が多いとなるとPITWORK F-ZEROのほうがいいんじゃないかという気がします。

効果が出るのか試してみる


ということで、実際に走って効果を試してみたわけですが、先に申し上げておきますと

今回はちょっと失敗…。

またしても、小旅行にかこつけて燃費計測しようと思ったんですが

お盆の帰省ラッシュに巻き込まれました…

ということで、かなりの回数、渋滞に巻き込まれたりと色々あって、前回のフューエルワンのようには行きませんでした。

その点を踏まえまして、今回の実験の経過を見ていただければと思います。

F-ZEROを添加して出発


それでは出発したいと思います。
総走行距離は71242km。
平均燃費計、トリップメーター、平均速度計をリセットします。

走行過程

まぁ、今回はこれが失敗たる所以なんですが、お盆初日に高速道路に乗ったのが間違いでしたね。

もう、数キロおきに渋滞に巻かれ、外は暑くてエアコンが全力運転、人は満載…。

こんなん燃費落ちますわ…

今回は失敗かなぁ。

体感


さて、数値上はどうにも信用ならなそうですが、F-ZEROを入れた後の感覚としては、フューエルワン同様に、エンジンの反応は良くなりますし、若干の底力アップ感があります。

「プラシーボ」と言われればそれまでですが、そう感じるもんは感じるんだから仕方がない。

F-ZEROを入れての走行結果


それでは走行結果の発表です。


総走行距離 502.2km。

平均時速44.4km/h。

普段の街乗り時よりは早いですね。


平均燃費11.4km/L。

うーん、あまり伸びてないですね。普段の街乗りでは8km/l程度なので大分伸びてはいますけど…。

渋滞と、エアコンとでかなり燃料が削られた感じです。

まとめ


ということで、正直微妙な結果になってしまいましたが、体感としては良し。

フューエルワンを使ったときと同様に、ふけ上がりの良さ、パワーの向上といった効果が体感できました。

実際の数値で示せればよかったんですが、次回に持ち越し。

価格も若干安く、容量も多いのでお得感がありますし、フューエルワンを普段使っている方も、F-ZEROを使ってみてもよさそうです。

また機会があれば、長距離運転の往復で比較してみたいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. MS より:

    知人のNワゴンに双方使用しましたがFゼロの方が燃費は延びました。
    あと、AZにもっと安く同じようなのがありますよ。

    • 鑑人 より:

      MS さん

      コメントありがとうございます!

      なるほど、F-ZEROの方が…。

      AZのはさらに安いですね(笑)
      これも試してみたいですね!
      情報ありがとうございます!!

  2. musashi より:

    自分はAZで使い勝手の良い量の100mlを使っています。
    街乗り平均で0.5~1.0km/l伸びましたので、年式がそこそこ古かったり、元の燃費が落ちている車(自分のですが)には効果がありました。継続的に使って維持出来ればと期待しています。

    • 鑑人 より:

      musashi さん

      コメントありがとうございます。

      結構伸びますね!
      フューエルワンも、F1もまぁまぁ高いので継続するならAZの方がよさそうですね!

      • musashi より:

        古くて重い車なので、車の燃費計で通勤街乗り平均が7km/l前半台だったのが7km/l後半台になりました。一時的に9km/lまで伸びた時はさすがに出来すぎでしょとは思いましたが、通勤事情で変化しますからね。
        ただ、レギュラーからハイオクに切り換えても同じくらいになるので(なおハイオクに入れても効果は感じられなかった)、コスト的にはどうでしょうといったところです。

        • 鑑人 より:

          musashi さん

          コメントありがとうございます!

          7→9だとざっくり28%アップという所でしょうか。
          それが続けば凄い効果ですね!

          まぁ、この手の添加剤は「入れた直後~次回給油までが楽しい」くらいの感覚での使用が精神的によろしい気がします(笑