エアコンつけっぱなし論争に決着!こまめに消してもいいみたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0


以前より実験をしていた「エアコンはつけっぱなしのほうが電気代が安くなるのか」ですが、どうやら私が実験するまでもなく決着となってしまったようです。

参考
エアコンの電気代はつけっぱなしの方が安くなるのか調べてみた
なぜ「エアコンはつけっぱなしの方が安い」と言われるのか調べてみた





ダイキンが実験してました


一般人の私でも思いつくような話だったんですが、大手メーカーのダイキンさんが2016年にすでに実験してました(笑)

日中30分の外出ならエアコンは切るより「つけっぱなし」がお得でした! |ダイキン

そう、結論から言うと、30分以内の外出ならつけっぱなし、それ以上なら消した方が安くなるということのようです。

ということで

そーゆーことは早く教えてくれよ!

という、非常に自分勝手な感情がわいたわけですが、大手メーカーが実験しての結果であればこれは納得せざるを得ないですね…。

当ブログでの実験結果


でも、せっかくの実験結果を公開せずに終わるのも癪なんで、私が勝手にやった実験結果も公開しておこうと思います。

でも

日本全国、猛暑だなんだと大騒ぎなんですが、私の住んでいるところは、ここ1週間以上30℃超えてません(笑)。

もしかしたら2週間以上かな…。

夜に至っては帰宅時、肌寒いくらいなんですけど(笑)

田舎とは言え、一応政令指定都市なんですけどね…。ヒートアイランド現象とは何処に…。

という背景もありまして

エアコンの出番が全然ないんだけど(笑)

暑かったのは7月上旬までで、それ以降はほとんどエアコンの出番がありません。

ということで、私の実験結果はエアコンの出番があった7月上旬までのデータをもとに結果報告したいと思います。

だいぶ遡りますが、7月8日の30℃越えの日の実験結果です。

まずは部屋を冷やす


まずは暑くなった部屋を冷やします。

20分ほどの稼働で111Whとなりました。

15分間隔で電源を入れる

上記の室内を冷やした続きで、今度は15分間隔で電源を入れた時の状況です。

124Whの消費となりました。

部屋が冷えていない状態であった場合の、初期の稼働分の電気の消費量を考慮するならもう少し多くなりそうな感じです。

30分間隔で電源を入れる

次は、また続きで30分間隔の実験です。

結果は121Whとなりました。

1時間つけっぱなしにした場合

この後1時間つけっぱなしにしてみたところ、239Whになりました。

さすがに日差しのある日中帯ともなると、以前の実験のようにエアコンが休み休み動いてくれるということもないようです。

さらに翌日

翌日朝から。朝イチからグングンと気温が上がったので、1時間つけっぱなしにしてみたところ、496Wh。エアコンが全然休んでくれません。

少なくとも1時間つけっぱなしよりも30分間隔でも止めたほうが電気の使用量は少なくなりそうです。

条件によって全然違うので注意


当たり前ですが、実験結果は条件によって全然変わります。

例えば、上記の画像。7月11日の23時台のグラフですが、全くエアコンが休んでくれません。


こちらが別の日の23時台。こちらはエアコンが休んでくれており、消費量が全然違います。

どちらも「今日は暑いな」と思った日にエアコンをつけたわけですが、これがどう違うのか。

どうも天気の影響があるようです。

先日、テレビ番組で「ヒートアイランド現象」を検証するコーナーがあったのですが、そこで都市部サーモグラフィーつきのカメラで撮影したところ、夜間、周りの気温が下がっているにも関わらず、建物自体が高温になっているという現象を放送していました。

日中帯、日差しが強く、建物が熱をため込んだ日と、そうでない日でも違うようです。

結局こまめに切ったほうがいいの?


この「こまめ」がどの程度を指すかにもよりますが、ダイキンの実験結果の30分というのは個人的に納得できる結果です。

もともと、つけっぱなしである以上、常時電気を使うのは当たり前の話ですので、この「24時間つけっぱなしのほうが安い」が一体誰のどんな条件に当てはまるのか謎です。

とりあえず、日中、お仕事だったり、不在気味の方はエアコンを消した方がよさそうです。

もっと早くダイキンの調査結果に気づけばよかったのですが、とりあえず自分で実験して納得できる結果になったので良しとしましょう。

当ブログでの実験結果では「30分間隔での電源ON・OFFは効果的であるようだ。」という結果になりました。

けど

正直、30分きっちり計ってつけたり消したりは面倒ですよね。

とりあえず
・30分以上不在ならエアコンを止めて出かける
・一度部屋が冷えた状態で1時間程度冷気が保持できる状況なら止めておく

という感じで、必要な時に必要な分だけ使い、あまり短い間隔でON/OFFしなければよいというのを頭に入れておけば良さそうです。

注意点があるとすれば「エアコンの電気代に囚われて、暑い中無理に我慢して体調を崩すことがないように」ということでしょうか。

エアコンが苦手な人もいるでしょうけど、本当に暑い日に我慢して命に危険が及ぶようになっては本末転倒ですので、状況をみながらエアコンを使っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ジャガーXJ より:

    貴重な情報をありがとうございました。
    1、必要な時に必要な分だけ使い、あまり短い間隔でON/OFFしなければよい
    2、短い間隔とは、30分だわさ

    ってことですね。
    やはりつけっぱなしの方が電気代が安くなるってのは、ホンマかいな?って大疑問を大量発生させるだけの力があったことが判明しました。

    わが社のような、おバカ会社では「1」は不採用です。
    ワンコが煮えてしまうのです。
    「会社で犬を飼うな!!!!」
    そのとおり、そのとおりなのです。
    役員全員が「たかが電気代」というアホばかりですから、しょうがありません。

    • 鑑人 より:

      ジャガーXJ さん

      コメントありがとうございます。

      ワンコがいる以上は仕方がないですよね…。
      「たかが電気代」と言えるほど余裕があるというのは良いことです。
      同時に、全員が無頓着なのではなく、ジャガーXJさんはちゃんと経費としての電気代も考えていらっしゃるのであればきっと大丈夫でしょう!

  2. モンジャー より:

    検証ご苦労様です。
    30分以上の外出であれば消したほうが電気代的には良いということですか。
    ただ個人的には外から帰ってきたときに部屋が暑いのも悩みどころですね・・・

    それにしてもダイキンが検証していたのはメーカー的に納得はいきますが、2016年とはえらく最近になって検証したもんですねぇ。
    論争自体は結構昔から言われてた気がしますが、メーカーも気にしてたってことでしょうかね。

    • 鑑人 より:

      モンジャー さん

      コメントありがとうございます。

      電気代と快適さを天秤にかけたら、普通にエアコンつけてていいと思いますよ(笑)
      だってエアコン自体が「暑い日でも涼しく快適に過ごせるように」と作られているものですから。

      ダイキンさんとしてはデータとしては持っていても、メーカーさんであってWeb屋さんではないので「Webで公開する」というアイディアが無かっただけかもしれません。