AmazonのFire TV Stickを買ってレビューしてみた

シェアする


最近、AmazonのFire TV Stickを購入したので、早速レビューをしてみることにしました。




はじめに


現在、私の環境は、PC用のモニターにIOデータのテレビチューナーをHDMI切替機経由で繋いでいます。

参考:I・O DATAのテレビチューナー REC-ON EX-BCTX2を買ってみた

この当時とは少し環境が変わっておりまして、現在はHDMI切替機のもう片方はPCではなくクロムキャストがつながっています。

今回はこのクロムキャストをFire TV Stickに変えようという算段です。

Chromecastが環境によっては使いづらい


今回Fire TV Stickに切り替えようと思ったきっかけなんですが、簡単に言うと「Chromecastが使いづらいから」という理由。

ここで、勘違いしてほしくないので訂正しておきますが、あくまで「私の使い方の場合」という点を前置きしておきます。

まず、我が家のChromecastの環境なんですが、普段使いのスマホをキャストするのではなく、今現在使っていないスマホをキャスト専用の端末にして家に置きっぱなし。Huluを閲覧するためだけに使っています。




多分、毎度キャストをやめて、外出して、戻ってきてまたキャストをするって、普通の使い方なら問題ないんでしょうけど、置きっぱなしのスマホでキャストしっぱなしでしばらく放置すると、Huluとの接続が上手くいかなかったり、前回の閲覧位置から遠くかけ離れたところから再生されたり、話数が全然違ったりと、思いのほか使いづらい。

さらにHulu自体がアップデートでコンテンツを探しづらくなったので、スマホを使うのは不便かなぁと思ったのが一つです。

アマゾンプライム契約しているんだからプライムビデオも見たい


これが2つ目。

アマゾンプライム会員なので、プライムビデオが見放題です。
参考:アマゾンプライムに登録したら結構使えることが分かった

これも簡単に見れたらいいなぁって事で、ストレスなく閲覧できる方法として、前々からFire TV自体は選択肢として存在していたんですが、Chromecastがあるからいいやって事で長いこと放置していました。


Fire TV Stickを買う事にした


という事で、上記のような理由からFire TV Stick購入が濃厚になってまいりました。

もう一つの決め手は「リモコン」ですかね。

コンテンツの検索が、スマホだと思いのほか不便なので、リモコンで大きな画面上で探せるのは便利です。

Fire TVとFire TV Stickの違い


さて、Fire TV Stick購入が前提ですが、最近Fire TVが新しくなりました。
作りもシンプルになって価格も安くなっています。

Fire TV Stick Fire TV (NEW)
価格 ¥ 4,980 ¥ 8,980
解像度 最大 60fps・1080p 最大 60fps・4K Ultra HD
HDR-10対応 なし あり
プロセッサ クアッドコア 1.3 GHz クアッドコア 1.5 GHz
メモリ 1GB 2GB
ストレージ 8GB 8GB
音声認識リモコン あり あり
音声認識付きリモコンアプリ あり あり
オーディオ Dolby Audio Dolby Atmos
Wi-Fi デュアルバンド、デュアルアンテナ
802.11ac (MIMO)
デュアルバンド、デュアルアンテナ
802.11ac (MIMO)

わかりやすい違いは、FireTVが4K対応で、価格が少し高くて高性能な点なんですが、まぁ私のモニター自体が4K非対応なので、あまり恩恵は受けられそうにありません(笑)

なので、今回購入するのはFire TV Stickにすることにしました。

Fire TV Stickが届いた

Fire TV Stickが届いたので早速使ってみることにしました。

まずは開封


まず同梱物。
・本体
・USBアダプター
・リモコン
・リモコン用の電池

あとパッケージの中にすっぽり収まっていて気づきませんでしたあが、HDMIの延長アダプタも入っていました。

危うく捨ててしまう所でした。

Fire TV Stickとリモコン


本体とリモコンは特にチャチい作りではなく、かといって高級感があるというわけでもなく、いたって普通です。

リモコンの電池の交換方法




リモコン本体の裏のカバーをスライドさせて電池を入れます。

接続


普通はテレビやモニターのHDMI端子につなぐところですが、チューナーとの切り替えのためにHDMI切替機に接続します。

併せてUSBケーブルから給電。

Fire TV Stickを使用しての感想


という事で接続後、ネットワーク設定、アカウント設定(購入アカウントに最初から紐づけされています)を終え、さらにHULUのアカウントも設定していざ視聴。

使いやすいわ(笑)

もう使い始めてすぐに「買ってよかった」と思える便利さです。

クロムキャストのようにスマホのモニターをポチポチしなくていいのは楽です。

また、AmazonプライムビデオとHulu等、他のコンテンツ間の移動も、リモコンで簡単に移動できるので、非常に便利。

また、クロムキャストを使っていた時は、Hulu視聴時、早送り、戻しのたびに、少々モタつく感じがありましたが、ここはストレス無し。

いちいちキャストが止まるなんてことも無いので非常に楽です。

Fire TV Stick向きの人


さて、私としては購入に後悔が全くないFire TV Stickですが、これがどんな人なら合うのか、私なりの考えをまとめてみました。

Amazon Prime会員である


これはほぼ必須条件ですよね。

先ずはAmazon Primeビデオが見れる!ここからです。

月間プランの場合、400円、年間プランの場合、3,900円で動画が見放題。その他送料やらお急ぎ便やら、特典ありと考えると、私個人としてはプライム会員になっておいた方がいいとは思います。

まぁアマゾン利用頻度にもよりますけどね…。

私は良くアマゾンを使うのでプライム特典は使いまくってます。

Amazon PrimeミュージックもFire TV Stickから聞くことができますので、これも活用しています。

動画を見ないときは、Prime Musicで音楽を流しながら読書したりなんてこともできちゃいます。
参考: 検索 アマゾンプライムに登録したら結構使えることが分かった

複数の動画コンテンツ契約がある


私の場合はHuluですが、そのほかにも、AbemaTV ,Hulu,dTV,YouTube,DMM.com,U-NEXT,NETFLIX,GYAO,niconico動画など、Fire TVにアプリをダウンロードする事で視聴可能になる動画コンテンツが沢山あります。

ブラウザや専用アプリなどを立ち上げたり、クロムキャストでキャストしたりという手間を省いてFire TVで一本化ができるのは非常に便利です。

私がFireTV向きだと思ったのは上記の2点に当てはまる人だと思いました。

最近のTVは色々な動画コンテンツに最初から対応しているテレビもあったりするので、FireTV自体が不要なケースもありますが、そういった環境が無い人であれば十分に活用できるんじゃないかと思います。

アマゾンレビューを見ると初期のほうは結構故障の報告が上がったりしているので少し心配ですが、今の所問題は無いし、非常に快適なので、しばらく使っていこうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする