DELL Inspiron 15R 価格.com限定モデルはどんなPCか調べてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

DELL Inspiron 15R 価格.com限定 ベーシック Windows 8.1搭載モデル 価格.comで現在1位のノートパソコン
DELL Inspiron 15R 価格.com限定 ベーシック Windows 8.1搭載モデル

価格は\52,980

ノートパソコンとしては相場相応の値段なのですが、
このパソコンは買いなのかどうか調べてみました。

DELLというメーカーについて

DELLについては知名度も高いのでご存知の方も多いかと思います。
企業内のパソコンから、サーバーマシンまで幅広く提供しています。
シェアは世界でもトップレベルのアメリカの企業です。


価格コム限定モデルのスペック

DELL Inspiron 15Rの主なスペックは下記の通り
CPUCore i3 4010U(Haswell) 1.7GHz 2コア
メモリ4GB
HDD500GB(7200rpm)
OSWindows 8.1 64bit

まぁまぁノートパソコンでこのスペックなら妥当な値段かと思われます。

各スペックの項目について

■CPU
Core i3 4010U(Haswell) 1.7GHz 2コア
Core i3搭載。ランキング上の他のマシンと比較しても
大差ない感じです。ここから5,000円程安くなったりすると
Celeronになったりします。
性能としては普段使いならばこれで十分かと思われます。

■メモリ
4GB
ヘビーな使い方をしない限りは問題なし。
最低限度+アルファの容量を満たしています。

■HDD
500GB
500GBあれば十分。ネットとメールとiTunesだけならば
いっぱいになることはありません。
他のPCと比べても少ないという事もありません。

■OS
Windows 8.1 64bit
Windows8.1という事でWindows7までのインターフェースとは変わってきます。
「デスクトップだしてよ!」なんてこともあるかもしれませんね(笑)
OSの性能としては問題はありません。

このパソコンでできること

性能としては問題が無い状態。
では、このパソコンでどんなことができてどんなことができないのか。

インターネット
これは何も問題ないでしょう。複数タブを開いての閲覧や、
音楽を聴きながらの閲覧でも問題は起こらないかと思われます。
Youtubeやニコニコ動画などの動画サイトの閲覧も比較的サクサク楽しめると思います。

メール
普段、ネットとメールとiTunesの同期で使う分には問題なし。
普通にストレスなく使えるはずです。

iTunesなどの同期
容量は問題なし。
転送や、再生も動作が重いという事はないと思いますが、
初回の起動時だけは少し遅く感じるかもしれません。


デジカメ写真の保存
500GB程度のHDDを搭載しているPCはどれもそうですが
余裕があるからと無計画に突っ込んでいくといっぱいになることもあります。


動画再生
動画の再生だけなら問題はありません。
ニコニコ動画やYoutubeを見るのも問題はありません。
エンコードなどの負荷の高い処理は厳しそうです。

オンラインゲーム
こちらのモデルには、3D描画などの演算を行うために必要な
グラフィックボードという追加のパーツを搭載していないので
3D系のゲームはできません。できたとしてもカックカクの動作になります。

恐らくラグナロクオンラインなどの軽めのゲームや、ブラウザゲームなら
問題なく動作するはずです。

構成としてはゲーム向きではありませんので、
FPS等がやりたければグラフィックボードを搭載したPCを購入するのが良いと思われます。
尚、ノートパソコンはデスクトップと違い、グラフィックボードの増設ができません。
最初から搭載したPCを購入する必要があるわけですが、
まぁグラボのせるなら素直にデスクトップを買った方がいいと思います。

ゲームに適したPCについては、
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア 推奨パソコン を比較してみた」
という記事で過去にまとめてますので、そちらを参考にどうぞ。

Adobe系ソフトの使用
あきらめましょう。
快適な動作は望めません。CPUが貧弱ですし、メモリも足りません。

オフィスワーク
特殊な電算ソフトや専用ソフトを用いたりする環境でなければ
ほぼ問題なく動作するはずです。
エクセルやワード、パワーポイントなどは問題なく動作します。

ただし、Microsoft Officeの価格はこの構成には含まれていませんのでご注意ください。

このパソコンは買いなのか

価格と性能としては悪くありません。
ただ、個人的にはもう少し投資してこちらを買った方がいい気がします。

ドスパラ Critea DX4 K131031

dx4_410


価格は\59,980。7,000円程値段が上がります。
ただし、CPUがCore i3 4000M(Haswell)/2.4GHz/2コアという事でクロック数、
つまり処理性能が格段に上がっています。
さらにはWindows7搭載モデルで、「Windows8が嫌!」という方も安心(笑)

このスペックならかなり安心して長いこと使えるのではないかと思われます。

1度買ったら数年は使うであろうパソコン。ここで7000円をケチって性能を落とすか
数年後まで安心して使えるPCを購入するかは、判断が必要ですが、
5年使うと考えれば1年あたり1400円の追加投資と考えれば安いものとも思えますね。

ドスパラからの購入をご検討の方は下記からどうぞ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする