加熱式タバコのgloを試してみた

シェアする


アイコスに始まり、世間に浸透してきている加熱式タバコですが、この加熱式タバコの「glo」を購入できたので、どんなものなのか試してみることにしました。

gloとは何なのか


gloとはiQOS、プルームテックに続く第三の加熱式電子タバコとしてブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンから販売されている加熱式たばこです。

gloの購入方法


2017/03/16 現在、gloは仙台か、仙台在住の人でないと購入ができません。

仙台のコンビニやgloストアで購入ができますが、gloストアでは会員登録を行い、一人1個までという制限があります。
どうも、転売による問題が結構多いらしく、その対策の模様。取り扱っているコンビニでも問題が起こっているらしいです。

価格については、本来は8000円ですが、キャンペーン中につき4000円ほどで購入することができます。

開封してみる


付属品は、本体、充電用アダプタ、USBケーブル、説明書、掃除用のスティックです。

外観

写真は保護フィルムがまだ貼ってある状態ですが、作りとしては「きれいだな」と思ったのが素直な印象。
本体上の蓋部分がスライド式なんですが、このスライドの「カチカチ」具合が絶妙で、ボールペンの芯の出し入れのようにカチカチやりすぎて壊してしまいそう。ここは自重が必要です。

ネオスティック


次に、吸うために必要なもの。たばこ部分にあたるのがケント・ネオスティックです。
レギュラー、メンソール、メンソール強 の3種類があります。

見た目的にはケントのナノテックに近い感じです。

使い方


使い方は、本体にネオスティックを挿入し、ボタンを長押し。40秒ほど待って、ブルっと本体が震えたら吸えるようになります。

充電して

吸って

棄てる

吸える時間は3分間のようです。

なので、40秒加熱して、3分吸う。大体1回あたり4分ほど時間がかかります。

吸い殻


吸った後のネオスティックは、このように下半分が茶色になります。

参考までにケント・ナノテックメンソールを並べてみました。

形状も似ていますね。

過熱後のネオスティックをバラしてみました。


加熱されたところはこげ茶色に変色しています。

写真で言う所の左側のフィルターのほうですが、空洞になっているのがわかりますでしょうか。
おそらくここに蒸らされた煙が上がってきて溜まる仕組みなんじゃないかなと思われます。

吸ってみた感想

感覚的には軽めの紙巻きたばこのような感じですが、草の香りが強く出ます。
アイコスのような独特の香りではなく、葉っぱの香りですね。

気になったのは後半に行くほどスカスカしてくる感じ。喫煙ペースは速い人はこのスカスカ感が強いようです。
加熱して水蒸気が上がってくるのと、吸うペースが違うとこのようになるようですね。
いつもタバコを「スパー!スパー!ハイ終わりーー!」みたいな、超高速で吸っている人なんかは物足りなくなるかもしれません。

VAPEとの違い

ここでちょっと今回はVAPEとの比較をしてみたいと思います。

gloとアイコスや、プルームテックとの比較は見かけるんですが、vapeとの比較はあまり見かけないので、いい機会かもしれせんね。


さて、まず外観の比較から。

手持ちのMODを片っ端から並べてみました。真ん中がgloなんですが、サイズ感の違いは伝わりますでしょうか。
TAROT PRO VTC MODとiStick Picoのサイズ感がわかりやすいと思います。


本体もVAPEのMODに比べるとスリムに作られているのがわかります。

煙の量ですが、VAPEと比較するとかなり少な目です。

ICOSとのにおいの比較

ICOSとのにおいの違いについて周りの人たちに聞いてみました。

「ICOSは『アイコスのにおい!』って感じ。グローは、たばこほど臭くはないけどタバコのにおい」

とのことでした。確かにアイコスは独特のにおいがします。gloはたばこ自体の香りという感じが強いですね。

その他の意見として

「どっちも焼き芋みたいなにおい」

「ポップコーンみたい」

という意見もありました。


普通のタバコが『タバコくさい』と感じるようになる


1日と少しだけgloを吸った後、試しに普通のたばこを吸ってみたところ、いつもより、かなり強くタバコの臭いを感じるようになりました。俗にいう「ヤニ臭い」という奴です。

非喫煙者の皆さんはこれの数倍のにおいを感じているのかなぁと思いました。


gloが本気だしてきた?

最初のころ、後半に行くにしたがって薄くなる『吸った』感ですが、なぜか最近安定してきました。
後半でもある程度の『吸った』感が残っています。吸い方が変わったからかな?

gloの後半スカスカ感の対策

このgloですが、普通のたばこと違い、途中に空気貯めのような空洞があって、そこに蒸されたタバコの煙が溜まるようです。

普段、たばこを吸うペースが速い方は、同じペースで吸うとすぐにスカスカになるので、3分間、ゆっくりと合間をあけて吸うようにすると最後まで安定して吸えるでしょう。


gloの良いとこ悪いとこ


良い所
アイコスの場合はバッテリーと加熱システムが分離式なので、数までの手順が面倒ですが、gloは本体にネオスティックを挿入してボタンを押して待つだけなので、手順が簡素で楽ですね。
充電も本体を充電すればいいだけなので楽。

掃除についても付属のスティックを穴に突っ込んで掃除するだけで終わるので楽なのもいいですね。

バイブ機能搭載で、吸い始め、吸い終わりを教えてくれるのは便利でした。明るい所だと、本体のLEDランプが見えづらかったりするので、振動機能は結構役に立ちます。

悪い所
これは既に述べている所もありますが、後半のスカスカ感。これはある程度回避できますが、やはり薄くなる感じはあります。

次に、吸い殻がネオスティック1本分という点。
まるっとタバコ1本分の長さの吸い殻が出ますので、そこの浅い灰皿では吸い殻ですぐにパンパンになってしまいます。
灰が出ないので、空き箱自体を吸い殻入れにするという手もありそうです。もちろんネオスティック自体が冷めてからじゃないとダメだと思いますが…。


感想


という事で、gloを試してみましたが、紙巻きたばことアイコスの中間地点といった感じです。紙巻きたばこから移行するという方には敷居は低いんじゃないかと思います。
もうちょっと試してみたいと思いますが、私個人としては煙の量的にVAPEのほうが好みかなぁとも思います。
ただ飲食店ではVAPEだと煙でモウモウとしてしまうので、人の目を気にせず吸えるgloは丁度いいですね。

現段階では仙台でしか購入できず、コンビニでも品薄状態。
さらには転売目的の人がコンビニにやってきて店員さんを恫喝するなんてことも起こり、取扱自体をしばらく行わないという店舗もあるようです。

ネットオークションなどでも本体の購入はできるようですが、ネオスティック自体の購入は難しいので、全国に広まるのはしばらく先になりそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. モンジャー より:

    こういう加熱式タバコがもう少し早くブームになっていれば
    禁煙波及の流れももっとマイルドな方向に変わってたかもしれませんね

    • 鑑人 より:

      モンジャーさん

      コメントありがとうございます!

      そうですねー。「タバコ!臭い!体に悪い!悪!悪!悪!」みたいな雰囲気とも違ったかもしれませんね。

  2. MS より:

    久々です。

    私もこの手の加熱式タバコに興味があるんですが、なにしろ売ってない、売ってても転売価格で馬鹿高いってのでなかなか試せません。

    また、私もケントナノテック1mgなんですが、グローだとケントなんですね。
    メビウスとかはちょっと合わないんでアイコスはなぁとか思ってましたが、グローもグローで仙台限定とか。

    まぁ早いとこ全国展開して十分に行き渡るようにしてほしいものです。

    ※止めるのが一番良いってのは分かってますが無理ゲーですので(笑)

    • 鑑人 より:

      MS さん

      コメントありがとうございます!

      そうですね、グローの転売高いですよねぇ。
      それ目的でコンビニ巡りをしている人もいるようです。
      あちこちのコンビニで「なんで買えないんだ、なんで予約できないんだ」と怒鳴り散らしている人もいるとか…。
      「もう取り扱わない」といっているコンビニもあるようです。

      おっしゃる通り、全国展開すればこの流れも収まるでしょうね。