SONAX のグロスシャンプーをあらためて検証してみた


随分と前に、一度紹介したSONAXのグロスシャンプーですが、最近動画も扱うようになったこともあり、使用感等々、あらためて詳しく紹介したいと思います。

これまでずっとコーティング剤をピックアップしてレビューしてきましたが、そういえば洗車に使うカーシャンプーについてレビューしたことはな...

SONAXのグロスシャンプーで洗車してみる

グロスシャンプーの使い方は原液20ml(キャップ1杯分)を5リットルの水で薄めて使用します。

今回使用したバケツが10リットルくらいは入るのでキャップ2杯分で泡立ててみました。

SONAXのグロスシャンプーの泡立ちテスト

いかがでしょう?

モコモコと綺麗に泡立ちますね。

次はボディーにのせて洗車してみます。

SONAXのグロスシャンプーで洗車

泡がスルスルと滑るのがわかります。
実際に洗車してみると、台所用洗剤を使ったときよりもスポンジの滑りがなめらかです。

最後に泡切れ。

泡立ちがよくてもいつまでもボディーに泡がのこるようでは使い勝手が悪くて仕方ありません。

SONAXのグロスシャンプーの泡切れ

洗車機の放水一発目でスルっと泡が流れました。

やはりSONAXのグロスシャンプーは使い勝手が良くていいですね。

泡もち具合を確かめてみる


次に泡のもち具合を確かめてみたいと思います。


キャップ1杯が約20mlということですが、実際の量はどの程度か調べてみると、キャップなみなみ1杯で22~23mlくらいの量のようです。

20mlを5Lで希釈というのが通常の使用量とのことなので、希釈の割合は250倍。


今回は2Lのペットボトルに水を500mlだけ入れて希釈したいと思います。

ですので、グロスシャンプー2mlを原液に使います。

※ちょっと多い気がしますが…

方法をどうするか考えたんですが、先日購入したNIKONのD5600にはタイムラプス撮影機能があったので、これは活用せねばということで、使ってみることにしました。

ペットボトルの中で泡立てたグロスシャンプーの泡の減少具合をタイムラプス撮影の早回しでご覧ください。

SONAXのグロスシャンプーの泡もちテスト

4時間ほどぶん回しましたがまだ泡が残っていますね(笑)

これはこれでなかなか良い結果と言えそうです。

比較対象に台所用洗剤が並んでいればもっと良かったかな…。

まとめ


ということで、今回はSONAXのグロスシャンプーをつかいましたが、まだ比較対象がないんでなんとも言えませんね(笑)

個人的な使用感としては、以前のレビュー通り泡立ちも泡切れもよく使い勝手がいいんですが、今後、いろんなカーシャンプーを同じ方法で実験していけば色々な違いが見えてきそうです。

今回は1回目の基準を作ったということで、次回以降の実験にご期待ください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする