ついにGoogle Chromeが首位を奪った!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0


米GoogleのWebブラウザChromeが、アイルランドのアクセス解析サービス企業StatCounterによる5月14日~20日の週の世界ブラウザ市場調査で、米MicrosoftのInternet Explorer(IE)を抜いてトップに立った。週間の調査でChromeがトップに立つのはこれが初めてだ。
この週、Chromeのシェアは32.76%、IEは31.94%だった。3位のMozillaのFirefoxは25.47%、4位は米AppleのSafariで7.08%、5位のOperaは1.74%。
月間でのシェアでは5月22日現在、IEが32.42%、Chromeが32.29%とIEがわずかにChromeを上回っているが、月末には月間でもChromeがIEを超える可能性が高い。
ソース:Yahooニュース

というわけでして、Chromeが首位ですか。

でもまだまだIEが人気のようです。というよりブラウザを変更するという考えに至る人の方が少ないという事でしょうか。



私はFireFox。アドオンのFireBugが非常に便利でして、ずっとこちらを使っています。


とはいえコチラは一応期間限定のものでして、データ元の「StatCounter」を見てもらえば分かる通り、年間ではまだIEがトップです。

ちなみにユーザーがブレないのはやっぱりOpera。殆ど変化なし。素晴らしいですね。
Opera信者という言葉すらあるくらいですし。

というわけでこの記事が出た時も、Operaユーザーはこう言っていました。



「Opera最強伝説!!」



やっぱりぶれないですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする