AmazonのFire タブレット 8GB を買ってみた

シェアする

imag4655

AmazonのFire タブレットを買ってみた


先日「アマゾンプライムに登録したら結構使えることが分かった」の記事にてアマゾンプライムについてご紹介しましたが、プライム会員はFireタブレットが4000円引きで購入できるという事で、購入してみることにしました。

kindle1
こんな感じで、アマゾンプライム登録後、無料期間が終わって年会費の支払い後数日して、商品画面にクーポンコードが出るようになります。

FireタブレットのメリットとしてはFireタブレットを持っていると毎月1冊、キンドルオーナーズライブラリに該当するキンドル本を無料で取得することができます。これに該当する本は、数100円のものから1000円以上のものもあるので、アマゾンプライム料金+タブレット端末代金を差し引いてもお得になります。

私は普段スマートフォンを使用していますが、あまりメイン機の容量を使うのは個人的に嫌なので、プライムミュージックやプライムビデオ、書籍のデータなんかは別端末で管理したいというのも、Fireタブレット購入の理由の一つです。


Fire タブレット 8GB、ブラック

Fireタブレットが届いた


さて、早速届いたFireタブレットを開封してみたいと思います。

imag4655 パッケージはシンプルで、その辺の量販店の棚にぶら下がっていそうです(笑)

imag4656 開封すると、中には充電用のアダプタと、ケーブルと、本体が入っていました。


セットアップはあっという間に終わる


端末のセットアップですが、通常のAndroid端末のように、初期設定でアカウント情報を入力するなどの手間がいりません。
Amazon経由で購入したおかげか、すでにAmazonのアカウント情報がセットアップされていました。

なので

imag4657
電源を入れて


imag4660 言語を選んで、wi-fiの設定。さらにその他のオプション項目(スキップ可能)を選ぶだけで完了します。

ごらんのとおり、すでにAmazonのアカウント情報がセットアップ段階で確認できます。
imag4661

ふと思ったんですが、セールでFireを買って転売した方々、これ知ってたんでしょうか…?

端末がアマゾンにログインした状態なんですけど、大丈夫なのかな(笑)

もちろん、「○○さんではない方はこちら」的なメニューもあって、ログインしなおすこともできますが、これをスルーされたら転売先にありとあらゆる情報がダダ漏れなんじゃないかと…。


スペック的には必要十分


さて、実際に使ってみてのスペック的な話ですが、まあ必要十分といった感じです。

アマゾンのタブレットはスペックがダメ!

という方もいるかもしれませんが、4,980円で買えるタブレットと考えたら必要十分どころじゃない性能です。

あと、OSとなるFire OS はAndroidベースとはいえ別物です。
Google Chromeを入れたりGoogleプレイを入れたりしたいなら色々と手を加える必要がります。
OSは別物という点も区別して考えましょう。

そして

結局細かいことはメインのハイスペックスマホでやるでしょ?Fireは専用端末として割り切って考えよう!

としてしまえば、あら不思議。ただの素敵なタブレットになります。

動作としては時々もっさりとした感じになる事もありますが、

でも4,980円じゃん?

という理由だけで納得できます。

まぁ私はウン万で買ったのに全く使い物にならないというか、気づけばシャットダウンしているとか電話中にフリーズしてるとかそんな伝説のスマートフォンであるIS04を経験しておりますので、大概のことはニコニコとスルーできてしまいます(笑)


解像度は目で見てわかる低さ


後はネックになるのは解像度でしょうか。ブラウザなどで小さい文字を開いたときには少しにじんだような、ボヤーっとした感じになります。
この辺はまぁ元の解像度が低いので仕方ないですね。

でも小説などを読む場合は全く気になりません。

画像がくっきり出るようになるまで一瞬ラグがある


あとは、画像の描画性能でしょうか。画像を開いたときなど、低解像度の状態からくっきりと見えるようになるまで一瞬ラグが発生します。
慣れてしまえばどうという事はないでしょう。

だって4,980円だし。


大きさとしてはちょうどいい



手で持った時のサイズ感はちょうどいいですね。スマホよりも一回り大きい感じと言えば伝わるでしょうか。

背面は少しザラっとした質感にしてあるので、滑りにくくなっています。これはありがたいですね。



音質云々は気にしない


次に音質ですが、まぁモノラルスピーカーなので言わずもがなです。イヤホンなりBluetoothスピーカーなりを使ってうまくやってください。


総評


ざっくりと使ってみての感想ですが

サブ機としては申し分なし!

全く問題ございません。

だって4,980円だし。

兎にも角にもこれに尽きる。5,000円未満で、ブラウジングができる、本が読める、音楽が聴ける、動画が見れる、ゲームができる、写真も撮れる。そんな端末が手に入る。これは素晴らしいですね。


ハイスペック端末にこだわりのある方には全く向きませんが、割り切ってサブ機として使う分には良い端末です。

私自身がメインとなるスマホはハイスペックである方がいい性分なんですが、逆にこの端末に色々インストールしたり改造したり、大量のデータを突っ込んだりというのに対して少し気が引けてしまうんですよね。
なので、逆にハイスペックにこだわる方こそ、そうやって割り切れて、雑に扱える端末としてFire HDを買うのもいいんじゃないかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする