いい音で音楽を聴きたいので環境をいじってみた ソフト編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

4285840397_d06531dc1d_b
現在、音楽はiTunesで管理しているのですが、一つ問題があります。

それは、音がとんでも無く悪いこと。

ここは何とかしたいと思い、

foobar2000の導入

そこで再生ソフトを変えてみようと思い「foobar2000」というソフトを導入してみました。

結論から言うと

凄いですねこれ

iTunesがいかに酷い音だったのか実感できるほど音が違います。
厚みがiTunesの3倍はあります。

拡張機能を使うと音も色々いじれるのもfoobar2000の特徴です。

得に再生時にサンプリングレートを192kHzでリサンプリングして再生するプラグインもあります。
ハイレゾと同じサンプリングレートですね。

e-onkyo musicでハイレゾが試聴できるので比べてみたら遜色がない感じです。

聞き比べるとリサンプリングのほうに粗は見えますが、
それは同時に聞き比べた時に分かる程度の違いです。


また、WindowsVista以降に導入された「wasapi排他モード」というモードで
動かす為のプラグインもおすすめです。

これは、他の余計な処理を回避して音を出力するという処理になります。
ただし、このモードになると、音を出しているソフト、ここで言うとfoobar2000ですが、
それ以外のソフトからの音がfoobar2000を起動している間は音が出なくなります。

ここまで行なうと音が格段に良くなります。

が、楽曲の管理はやはりiTunesに軍配が上がりますね。

そこで調べて見たらiTunesにも「wasapi」が使用可能です。
ただし、wasapi排他モードでは無く共有モードとなります。
排他モードよりは音質の向上は見込めませんが、
他のソフトからも同時に音がでるモードです。

iTunesの設定から、再生タブ内にあるオーディオの再生方法で
「Windows Audio Session」を選択します。
これでwasapi共有モードで再生されるようになります。
ついでにその下にある項目も、最大値を選んでおけば音質が向上するかもしれません。

画像:Sound Design’s New Gear / vancouverfilmschool

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする