ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ プラックコントロールを試してみた


みなさん、普段の歯ブラシは何をお使いでしょうか。普通の歯ブラシ、電動歯ブラシ、超音波歯ブラシなどいろいろありますが、私はもっぱら普通の歯ブラシ。

しかも結構ずぼらなもんで、毛先が広がりきってきたころに歯ブラシを交換なんて感じなので、電動歯ブラシなんてものは使う機会はないだろうとおもっていたんですが、アマゾンで安く購入できたので試してみることにしました。



ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ プラックコントロール


ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ プラックコントロール DB4510NE
今回試すのはブラウン オーラルB 電動歯ブラシ プラックコントロール。

この製品の最大の特徴はなんと言っても価格です。

なんと、Amaozonで900円で購入できてしまいます。

正直この価格でなければ試すことはなかったでしょう。

電動歯ブラシは不要?


そもそも論ですが

「電動歯ブラシなんていらない。普通の歯ブラシで十分」

という意見もありますよね。

私もそう思っていました。

というか、電動歯ブラシだって万能ではなくて、普通の歯ブラシで磨いていて、ちゃんと磨けていないひとは、電動歯ブラシにしたって磨けていないって話もあるようです。

電動歯ブラシには電動歯ブラシ用の磨き方


ちなみに電動歯ブラシには電動歯ブラシ用の磨き方があります。

1.口に入れてからスイッチON

歯ブラシに歯磨き剤をつけたら、歯にぶつかったり、歯磨き剤が飛び散ったりするのを防ぐために、口の中に入れて、磨く歯に当ててからスイッチを入れましょう。

2.歯に軽く当てる

電動歯ブラシはパワーがありますので決して歯に押し当てないようにしましょう。あくまでも軽く当てる程度で。

3.歯に当てる角度

噛み合わせの面の場合は、歯に対して90度が適切です。一方、歯の側面は歯に対して90度または45度。歯周病対策には45度に傾けると歯と歯茎の間の汚れが効果的に落とせ、歯茎のマッサージにもなります。そして前歯の裏側は歯ブラシが横に入れづらいために、縦にして1本ずつ磨きます。

4.ゆっくりスライドさせる

基本的に横にゴシゴシやる必要はありません。当てているだけで十分です。1箇所につき数秒間毛先を当てて徐々にスライドさせます。ただし、例外として超音波歯ブラシは普通の歯ブラシのように横にゴシゴシと動かす必要があります。
製品によってはブラシを交換できるタイプがあります。毛先の消耗や衛生的な面で考えると2〜3カ月に一度くらいで交換することをお勧めします。

引用:電動歯ブラシの使い方を誤解していませんか | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

普通の歯ブラシのようにゴシゴシする必要はないようです。

気になる低評価レビュー


購入に当たって、ちょっと気になったのが低評価のレビュー内容です。

良く見受けられるのが「電池を入れるための蓋が硬すぎて空かない」というもの。

これはちょっと気になる部分です。

それ以外ですと、振動や音に関する部分に対して低評価がついていたりします。

まぁ今回は、安かったという事でその辺は若干覚悟の上で購入しました。

使ってみた感想


それでは早速使ってみましょう。

低評価レビューにあった蓋の開閉について

一番初めに、低評価で多かった電池交換のための蓋。

あれ?

かなりスムースに蓋が取れました。

コツとしては、蓋の横のシリコン部分を強く押して、内部の蓋を停めるツメを押し込んであげる事。


ここをしっかり押し込めばするりと蓋がとれます。

私の場合はここが当たりだっただけで、他の方はここの部分の作りが甘くて蓋が取れないという状況だったのかもしれませんが…。

磨いてみた感想


実際に磨いてみると、自分的に音は気になりませんでした。

電気シェーバーの方が余程うるさいかなぁ…。

幼少期に、自宅にあった左右に動くだけの電動歯ブラシはもっとガタガタと音がしていましたが、こちらは「ウィーーーン」という感じ。

確かに振動はありますが、気になるレベルではありません。

磨ききったは、普通の歯ブラシよりもすっきり感が強い感じがします。

これはいいかもしれない。

1週間以上使ってみて


電動歯ブラシを1週間ほど使ってみての感想ですが、体感としては以下のような変化がありました。

  • 隅々まで磨けている感じがする
  • 歯磨き後のすっきり感が多い
  • 歯茎が元気になった気がする
  • 歯ぐきからの出血が減った

この辺が体感できた所。

特に、歯ぐきからの出血がほぼなくなりました。

普通の歯ブラシでは毎度のように出血していたんですが、電動歯ブラシを使い始めこそ出血はあったものの、ここ数日は全く出血がありません。

程よく歯ぐきがマッサージされて、歯ぐきが元気になったのか、それとも今までの手での磨き方が強すぎたのか。

どちらにせよ良い効果があったと思われます。

まとめ

ということで、今回試したブラウン オーラルB 電動歯ブラシ プラックコントロールですが、正直900円分の価値はあったと思います。

というか、体感的にはお値段以上という印象。
900円でこれだけ動いてくれれば十分でしょう。

前述の通り、Amazonレビューの低評価の中には気になる内容もちらほらありましたけど、私自身としては特に体感することもなく正常に使用できています。

まぁこうなってくると「もっと上の機種だったらどうなんだろう?」という欲求がわいてきますが、それはまぁこの電動歯ブラシが壊れた時に考えるとしましょう。

価格がかなり控えめなので、電動歯ブラシはきになるけど迷っているという方にはお勧めの一品となります。

以上、「オーラルB 電動歯ブラシ プラックコントロール」のレビューでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    洗面所に電源が無いので電池式は重宝します。
    高機能モデルも電池式にしてくれたら喜んで買うのに

    • 鑑人 より:

      匿名 さん

      コメントありがとうございます!

      我が家も同じく洗面所に電源がないし、浴室内なので他から電源を引っ張る事もできません。
      なので、洗面所にポンと置いておくには電池式が便利なんですよね。

  2. たんしお より:

    私はこの十年以上ほぼブラウンの充電式のみ使ってきました。
    自分の中では紫リステリン+糸ようじ+電動歯ブラシが鉄板で、この十年歯医者知らずですね。

    一時期、出先用にP社の電池式も使っていたこともありますが、充電式と比べると明らかに回転数が低く、満足な磨き心地を得られませんでした。
    もしかしたら、技術進歩により回転数が上がっているのかもしれないので、機会があれば試してみようかな…

    • 鑑人 より:

      たんしお さん

      リステリンって思いっきりしみそうなんですが、どんな感じですか?
      お試しサイズのGUMをもらったので試しましたがしみました(笑)

      恐らく上位機種を使ってしまうと、そこから抜けれなくなりそうなので、とりあえずこの電池式でしばらくいこうと思います。

      私が知っている電動歯ブラシは、むかーしむかしに使った事のある、ガタガタとブラシが平行移動するだけの電動歯ブラシで、結局普通の歯ブラシに戻りました。

      でも今回はこのまま使い続けようって気になっているので、まずはお試しという意味でもよさそうです!
      それと、上記で匿名さんから頂いたコメントの通り、洗面所に電源がないもので…。
      まぁ毎回充電するわけではないでしょうから、電源洗面所になくとも何とかなりそうですが、置きっぱなしは接続端子にダメージがいきそうな気もします…

      • たんしお より:

        リステリンは…最初は刺激がキツイですよね
        私も苦手だったので、紫リステリンの低刺激タイプをしばらく使っていましたが、リニューアルを機に通常タイプにしてみたところ違和感なく使用できましたので、興味があるなら低刺激タイプを使うことをお勧めします。

        また懸念事項の接続端子ですが、先代のブラウンは8年ほど使い、その間ほぼ充電器に差しっぱなしで使っていましたが壊れることはありませんでした。
        昨年買い換えましたが、最近のモデルに比べて少し大型だったのが気になったのとバッテリーが弱ったせいか磨き性能が少し落ちたように感じたのが理由で、全く使えなくなった訳ではないのでかなり頑丈だと思いますよ。

        • 鑑人 より:

          たんしお さん

          なるほど、紫だとマイルドなんですね。

          各社の製品を比較してみるのも楽しそうですね。

          充電器に挿しっぱなしの方が長持ちしそうですね。
          私はズボラなんで湿気たっぷり(隣が浴槽)の洗面所に電池切れギリギリまで放置しそうなので、そういった時にどうなるか…。
          まぁ接触不良になったら削ってやれば大丈夫だとは思いますので、モノ自体(モーターとか)の耐久性がしっかりしていれば大丈夫そうですね!