Windows 8 アップグレード版が安かったから入れて見た

シェアする



10月26日ついにWindows8が発売になりました。
で、導入を迷っていたんですが、Microsoftにしては珍しく太っ腹な価格設定なのでついつい導入をしてみました。

価格以下の通り
ダウンロード版:3300円
パッケージ版:5800円


Microsoftにしてはホントに安いですね。
アップグレード版なのでこれで新規インストールは出来ませんが十分買いではないでしょうか。

さて、早速アップグレードしてみます。

購入したのはパッケージ版なので、ドライブにDVDを入れてダイアログに従いボタンを押していくだけです。
それだけです。後は勝手にアップグレードをしてくれます。

1時間ほどでアップグレードは完了となります

起動して一番初めの感想は

・・・噂通りだ。PCのUIじゃねぇぇ!

と言うのが正直な感想。

画面左下にある『デスクトップ』というアイコンで一応は今までの見慣れた画面が表示されます。

が、

スタートボタンが無い!

こいつは普通の方法では出ないようですが、
一応、フリーのソフト等で出す事は出来るので、今回は目を瞑ります。

さて、インストール完了後、
一通り必要なドライバなどを入れ直して再起動をしました

・・・・・・・ん?あれ?

PCなのに、何でスマホやタブレットのようなロック画面が必要なのMicrosoftさん…

クリックするだけで消えるという画面はどう考えてもいらないでしょうに…

これじゃただログインするまでのステップを一つ増やしただけじゃないですか。

もう、この時点でWindows 8 から大分ヤバイ臭いが立ちこめて来ました。

では、気を取り直してログイン。

…遅い、ログイン処理が遅い!

Windows 7 の3倍いや5倍は時間がかかっているような気がします。

で、タイルがならんだ画面からスタートと…。

うーん、なんやかんや30分ほど使って思いました。

これはPCじゃない

早くもWindows7に戻す事に。

ありがとうWindows8 、新しいWindows7を手にする事が出来たよ!

まぁ大分ボロクソに言ってますが、
一応良い点として以下の様な事があります。

・使用メモリが少ない
Windows7に比べて2割ほどメモリの使用量が少ないように思えます。

・従来のデスクトップがスッキリしている
文字のやや小さいく、配色もシンプルでスッキリした作りとなっています。
ココは個人の好き嫌いの問題なので一概には言えませんが、なかなか良い感じではありました。

で結局Windows8の導入は良いのかと言えば、

声を大にして言いますと、

Windows7から移行するのはやめておけ。百害あって一利無し!

あと、Vistaからは対応していないパーツなどもあったりするから気を付けて下さい。

XPからはまぁサポート期間の関係上、移行はありかなとは思います。

と言ってもWindows7に移行出来るのならそっちの方がいいです。

グラフィックボード等、Windows8からサポートが打ち切られて
非対応になる機種もあるので、その点を十分に確認しておいて下さい。

※私の8800GTはWindows8非対応…

あーあと今までのWindowsと違い復旧が楽になりました。
今までは何かあると回復コンソールからコマンドでガシガシやらなければ行けませんでしたが、今回からは、DVDから復旧するメニューが出来ていました。
インストールしたアプリやデータは消えてしまいますが、いちいち再インストールするよりも楽な感じでした。

というわけで、Windows8インストールのレビューでした。

とりあえず今は使い物にならない感じだけど、SPリリース頃には少しはマシになっているのかな?



Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (XP・Vista・7からのアップグレード専用:2013年1月31日まで)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする