カーコーティング剤のスマートミストの効果を試してみた

シェアする

IMAG2611 色々なコーティング剤を試してきましたが、なんだかんだで試してなかったコーティング剤の「Smart Mist」を試してみようと思います。

別に避けていたわけではないんですが、どうも「何やら怪しげな謳い文句がある製品」にばかり目がいってしまって、ポップな感じのイメージがあるこちらのスマートミストについては今の今までスルーしていました。
今回は偶然立ち寄ったカー用品店で180mlのスマートミストが1000円で売っていたので物は試しにという事で購入。
さっそくいつも通りパネルを使って実験してみることにしました。

CCIってどんな会社?

まずは、個人的にはあまり聞いたことのない、この「CCI」という会社さんについてちょっと調べてみることにしました。
どうしてもコーティング剤とか洗車などの話題となると、「シュアラスター」「ウィルソン」「ソフト99」「プロスタッフ」このあたりのメーカーが種類の多さもありメインになってきてしまい、CCIという会社は正直あまり耳にしたことがない(CCIの方スミマセン)。

カーケア製品について調べてみると、このCCIって会社さんは「アメットビー」やら「べっぴんシャン」やらを作ってる会社だったんですね。
どちらも名前は聞いたことある。たしか、アメットビーはテレビCMもやってましたよね。アメットビーは使ったことあるかも。

さらに掘り下げて調べますと、このCCIさんところのブレーキフルードとエンジンクーラントは、世界シェアでエンジンクーラントが24%、ブレーキフルードが20%。さらに国内では、ほとんどの自動車メーカーの新車完成時に使用され、エンジンクーラントで64%、ブレーキフルードで45%との事ですので知らず知らずのうちにお世話になっていたようです。
http://www.ccijp.co.jp/GC/gc_home.html

と言う事はだ。車に対するノウハウはある企業さんってことでいいんですかね?

あまり掘り下げてヨイショすると「ステマだ」と騒がれかねないのでほどほどにしておきますが、まぁ個人的にはこの会社さんがスマートミストというカーコーティング剤を出すというのはなんとなく道理が通っているように感じ取れました。

パネル実験

前置きが大分長くなってしまいましたが毎度おなじみパネル実験。

IMAG2618 いつものパネルを用意し、耐水ペーパーでゴリゴリと傷をつけた後、マスキングして片方だけ施工してみます。

ひとまずワンプッシュして塗り伸ばしてみると…。
IMAG2623
あれ?

悪くないかも。

パネルが色濃い感じになりました。これはそれなりに期待できるかな?

もう一回施工して、今度はマスキングテープをはがしてみます。
IMAG2627
うん。悪くないわ。

価格の割に効果は良いようですね。

比較


さて、これ単体ではわかりづらいので次に何かと比較してみたいところですが、今回は何にしようかと迷った結果、これにしてみることにしました。
1.ウィルソンミスト


2.SG-MAX




この二つですね。SG-MAXは以前使ってみた結果が中々よいのに大容量ってことで個人的な評価は高め。ウィルソンミストは価格と容量的に対抗馬になる製品かな?ってことで比較対象にしてみました。

先程のパネルの残り半分をマスキング。
IMAG2629
それぞれに施工してみます。
IMAG2631
実はウィルソンミストは変化が薄かったので「あれ?」と思い3回くらい繰り返して施工してしまいました…。

このままではイマイチ違いが判らないのでマスキングテープをはがしてみます。
IMAG2634
スマートミストとSG-MAXの色の濃さが同等程度。若干スマートミストの方が傷が見えにくくなったかなといった感じです。

さらにマスキングテープをはがしてみます。
IMAG2639
色の違いが明確にわかるかと思います。ウィルソンミストがこの中では一番薄くなっています。

撥水はどうなのか

IMAG2643 スポイトを使ってパネルの上に水滴を垂らしてみました。
手前左のSG-MAXのところは水滴を作るのに一部失敗していますが、SG-MAX、スマートミストは水滴の粒がコロっとしています。ウィルソンミストは若干平坦な感じですが、今回使用したのは撥水タイプではなく艶タイプの方なのでそれは仕方ないのかなと思われます。

総合評価

スマートミストのレビューのはずがSG-MAXの宣伝みたいになってしまうのは嫌ですが、正直、価格と容量的な部分で言うとSG-MAXが有利かなぁというのが今回の感想。
でもSMART MISTが悪いという事は全然なく、むしろ今まで試した中では良い製品の部類に入りそうな感じです。
公式サイトの方も女性などに受けそうなポップな雰囲気なので、一見、宣伝文句だけの大して効果のない製品かと思っていたんですが、意外や意外、中々使える製品のようです。

ではスマートミストとSG-MAXどちらが良いのかという話になってきますが、スマートミストが280ml で1,935円(Amazon)、SG-MAXが500mlで税込 2,138 円でした。こうするとSG-MAXを買っておいた方がいい気もしますが、SG-MAXは全国一律648円の送料が乗ってくるので税込 2,138 円プラス648円となります。それを考えるとそこまで大きく価格差があるわけではないのかな。

…と思って楽天のショップを久しぶりに覗いてみたら、100mlで1000円ぴったり送料無料のお試し版があるんですね…。


私がSG-MAXを買ったときにはこのお試し版はありませんでした。まぁ増税前だったんで、今の価格よりも少し安く買えましたけど。

でもまぁとりあえず、スマートミストはカー用品店で気軽に購入できる点がメリットですね。通販は配送の関係上、注文のタイミングによっては欲しいときに手元にないなんてこともありますが、カー用品店で取り扱っている製品はその心配がありません。
通販はめんどくさい、施工もめんどくさい、艶と撥水がそれなりになればいいという方はスマートミストを選択してもいいかと思います。
思った以上の効果が期待できるでしょう。

ひとまず、今回はとりあえずパネル実験だけだったので、車につかってからまた追記しますのでお待ち下さい。

[2015/10/30 追記]
しばらくぶりに実験をしようと思いまして、前回つかったっきりのパネルをひっぱり出したら興味深い事が…
IMAG2729
SG-MAXがほぼ見えなくなってる…!

左上のウィルソンミストはほぼ変化なし。右半分のスマートミストは若干薄くはなっているものの、ちゃんと残っている感があります。右下のSG-MAX…。うすーくなって見えなくなっていますね。

ちなみに前回の実験以降、何か特別なことをしたわけでもなく、ただテーブルの上に放置して若干埃がかぶっていた程度。「ちゃんとしまえよ」というツッコミは置いておいて、それでも濡らしたりなど一切しない状態でここまで変化するものなのですね…。これはつまり耐久性の違いという事になるのでしょうか。
施工直後は黒々していても少しずつ薄くなっていくんですね。その点を考慮するとスマートミストの方が良いのかもしれません。

でもいいや。どうせ毎週洗車してるし(笑)

[さらに追記]
継続して使用しながら、いろいろと比較レビューの対象にしてみた結果をご報告します(スマートミスト関連記事)。

とりあえず、使い続けた結果

かなりいい!

やっぱり購入のしやすさと、抑え目な価格、効果、施工のしやすさといった面で全体的にバランスが良いですね。あまり一つの商品ばかり押すのはイマイチ気が乗らないんですが、トータルバランス的に良いと言える商品です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする