電子タバコの安全性について調べてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

funky-vape-200

電子タバコの安全性

さて、昨今大流行り(若干下降気味でしょうか)のVAPEこと電子タバコですが、最近よく耳にするのは「電子タバコは安全か」「電子タバコに危険はないのか」というお話。

確かに流行っているだけあって色々なところで取りざたされているのは確か。
ちょっと調べてみるだけでも色々でてきますが、よくまとめられているなと思ったのは、

NAVAERまとめの「やっぱり…電子タバコによる健康被害が急増しているらしい」という記事。

今回はこの記事にまとめられているものをベースに、考えてみようと思います。

ちなみに、今回の私は

中立ではありません

なるべく中立な形で書こうと思ったわけではあるのですが、なにぶん

・もともとは普通の喫煙者
・現在は電子タバコが楽しくて仕方がない

という状態なので、それを踏まえた上で「電子タバコ擁護派」くらいに思って読んでいただければと思います。

それにしてもこのまとめ記事、電子タバコに対して恨みでもあるかのような叩きっぷり。
逆にもうこののまとめは「電子タバコ反対派」の電子タバコ叩き記事の様にも見えなくもありません。
まぁタバコが売れなくなると困るドデカイ企業もいますしね…。
…うん、陰謀論みたいになっちゃうからやめましょう!
とりあえず検証をしてみようと思います。


まとめ記事を見ながら1つずつ考えてみる


まとめの冒頭で、現在の電子タバコのあり方と、一部のツイートが抜粋されています。
そのなかで「バスの中で電子タバコを吸ってるやつがいた」なんてツイートを引っ張ってきてますが、まぁこれはもう言語道断。ぶった切ってよし。
せっかくマイナーな電子タバコが認知され始めてきたのに、こうやってまた自分の行いで居場所を狭くしてる連中がいるってのは悲しくてしょうがない。
タバコ同様に、いやタバコ以上に規制が入ったとしても「電子タバコまで規制されたうぜー!」なんて騒ぐ権利は彼らにはありませんね。
ちなみに私は喫煙所まで行って吸うようにしています。
喫煙者から見れば不思議な物体であり、非喫煙者から見ればどちらも「タバコ」であり、「臭くない」「ニコチンが入ってない」「一酸化炭素も出ない」「タバコに比べれば安全」などというのは

VAPERサイドの屁理屈に過ぎません。

そうしてもかなり奇異の目で見られるのは確か。あまりにモクモクやってると、たまに冗談半分に

危険ドラッグですか?(笑)

なんて言われることもあります。

「タバコではない何か」である電子タバコは、逆に一般の方から見れば
タバコよりも怖いものかもしれません。

VAPERはその辺を理解しておかないといけませんね。

だからこそ、禁止されていなくとも、規制されていなくとも、誰も何も言わなくともTPOをわきまえて吸いましょうね

というお話であります。

「日本での電子タバコ規制」
これはまとめの方でも「不思議」となっておりますが、確かにそうですね。
なんでタバコは規制されないのに電子タバコはダメなのか。

とおもったんですが、これを許可してしまうと収集がつかなくなるからでしょうねきっと。
現在JTとフィリップモリスジャパンで管理してるニコチン製品が
その他でも入手できるようになってしまうと管理しきれないというのが
大方のとこじゃないかと考えています。

ただいつぞやでたJTの電子タバコはニコチンが入ってるってんで販売中止になったような。
その辺はどうなっているんでしょうね。

「その電子タバコによる健康被害が急増している」

ここが一番疑問なところでして

本当か!?

と突っ込みたいところ。

健康被害が急増しているのライブドアニュースの記事ですが、ソースの方の記事なくなっており概要しか確認できませんが
ロイター通信の方に大本がありました。
電子たばこの健康被害に関する訴え、米国で急増|ロイター

タイトルで勘違いしてしまいがちですが

過去1年のクレーム件数が50件って本当に多いの?

アメリカだぞ?めっちゃ流行ってる中で50件って少ないんじゃないの?と思うのは私だけでしょうか。
しかも「でも実際、必ずしも電子タバコが原因ともいいきれないんだよね」という内容。
眩暈やら他の症状も、同様にこのロイターの記事からですが、因果関係がはっきりしない所。

都合のいいところだけ抜粋してるとしか思えない

次に電子タバコで電子たばこで肺炎になったという男性の記事の抜粋も同様。
この記事は2014年03月14日に投稿されたmのですが、この時点で電子タバコが起因して肺炎になった患者は確認されている人数では

世界で2人目

この数字を果たしてどう見るか。個人的には「たばこに比べたら圧倒的に少ないじゃん」で済むんですが、心にとどめておかないといけないのは「世界で2人目と言えど肺炎になる可能性はある」という事実。
これだけは忘れてはいけませんね。
あとは「タバコに比べればマシ」というのは確かにそうなんですが「タバコも電子タバコも吸わないのが一番」と言われるとぐうの音も出ない立場であるのも理解しておかないといけません。
とりあえず、この2件はどちらも吸い過ぎが原因らしいので、とりあえずほどほどにという事ですね。

「電子タバコも実際のタバコと同じほど人間に有害だと医者が言っている」

『プロピレングリコールという化学物質が呼吸器系に激しい炎症を起こさせる可能性がある』

うーん、これを医者に言われるとぐうの音も出ない。
電子タバコのリキッドには主に2つの成分が使われます。

一つが「VG (植物性グリセリン)」
これは化粧水などにも使われる成分で、普通に薬局で買えます。
500mlで1000円もしない価格です。

もう一つが「PG (プロピレングリコール)」
こっちが問題があると言われている方ですが、これは実はよくコンサートのスモークでモクモク焚かれているアイツです。
そう考えると「大丈夫じゃないの?」といった考えに陥りがちですが、まぁ量の問題でしょうね。
幾ら昔から使われていて、問題ないと言われていても、直接吸うのが前提のものではないのは確かです。

「発癌性物質が入った製品もチラホラ」

これ、ソースが2009年の記事なんだよなぁ…

情報源として古くない?
現状どうなっているかが不明ではありますが、現在リキッドを買おうとすると、どこでも「証明証」を掲載していますね。
各国のFDAの認可を受けているとかそういったもの。粗悪品も確かにあるんでしょうけど、それ以上に真っ当なところもあるでしょうと。

「WHOが吸うなと言っている!」
確かにそうだ。元の記事を見ると確かにそう書いてある。
書いてあるんだけど、下記のようなことも書いてあります。

・米公衆衛生医師協会の人「従来のたばこによる健康への脅威は、電子たばこなど煙の出ない代替品のおよそ100倍だ」。

・欧州呼吸器学会「タバコから似たような製品に乗り換えるようなことはすべきでない」

・英広告基準局「この製品に害はないという主張は立証されていない」

まぁ結局あまり良いことは書かれていはいないけど、「タバコよりはマシっぽい」という内容。うーんこれも結局50歩100歩か。

「不凍液の成分ジエチルグリコールが検出された」
これ二つに分けてあるけどソース記事は1つです。
これはもう出てしまっている以上、反論のしようがないなぁ。

でもやっぱり2009年の記事なんだよなぁ…

さすがにもう改善されているでしょう…と思いたい。

「アメリカでは規制強化される!」
いやーこれもリンク切れてるんで見れないんですけどね、
ソースはこっちになります。
弁護士ドットコムNEWS
これよく読むとわかるんですが

まだよくわからないから規制しとくわ

って話なんですよ。
しかも、この記事、別に電子タバコをたたく内容じゃなくて、かなり中立な立場で物事が書かれています。
この記事は一度読んだ方がいいかと思います。

「これを皮切りに、シカゴやボストンうんぬん」
これも元記事をちゃんと読めばわかるんですが、結局は「未成年がタバコを吸うようになるし、検証がちゃんとされてないんだから公の場で吸うのはよくないよね」という内容の記事です。

他の抜粋についても解説しようかと思ったけどやめた!

ものすごく内容の偏ったまとめ記事でした

最初は「ふむふむなるほど」と思って読んでいたんですが、ソースの記事を追えば追うほど

電子タバコは体に悪い!危ない!と言いたいだけ

といったまとめにしか見えなくなりました。

抜粋のソースをよく読んでみるとわかりますが、どの記事も大体は

安全性についてはまだ懐疑的

タバコよりはマシ(っぽい)

有毒とされる物質が入っている(場合もある)

未成年がタバコに興味を持つから規制する

こんなんばっかり。

ここから電子タバコについて否定的な部分だけ抜粋していったらそりゃもう

電子タバコ=悪

の構図が簡単に出来上がってしまいますね。

・・・って何で私は勝手にヒートアップしているんでしょうか(笑)

確かに安全性がちゃんと検証されていないという点では不安は残りますが…。
かといって電子タバコを悪者に仕立て上げるのはいかがなものか。
とりあえず言えることは

マナーを守ってほどほどに!

これに尽きるんだけどなぁ。

って、ここまで長々と書いて気づきましたけど、安全性の検証…ちゃんとやってませんね(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. psy より:

    何とも言えない状況ですね。
    私はMODも利用しておりますが、リチウムイオンバッテリーの危険性を理解した上で仕様しないとそもそもが本体が爆発する可能性を持っています

    更に言うと私はニコチン入りリキッドを愛用しているのですが、ニコチンは当然ながら毒です。輸入した際にわかるのですが、輸入した際はそれについての中身が記載された関税用の紙が入っております。リキッドの項目にはpoizonとハッキリと書かれます。
    ただ普通の電子タバコの日本で売られているものは食品添加物等をグリセリン・プロピレングリコールに混ぜて作成します。極端に言えばグリセリンにバニラエッセンスを入れたら完成です。これらは血液中に入っても安全なわけですが、普通の人知らないですよね・・・。

    体にいいか悪いかでいえばどちらとも言えないというのが私の見解です。
    世間が思う電子タバコと実際に使われている電子タバコは大きく見た目がかけ離れすぎて、ちょっとその辺で使用する場所も正直何処で吸えばいいのかわからないですw喫煙所だとちょっと浮きますし、歩いて吸うと怒られそうで。
    やっぱり全ては認知度が低いのが要因です。
    日本としてはこれ以上はやると税収が減るんでネガしか書かないと思います。
    そこはしょうがないです。