NIKONのデジタル一眼レフ D5600を買ってみた


以前の記事で、NIKONのD3500についてまとめましたが、ついにデジタル一眼レフカメラを購入しました。

D5600を。



D5600を選んだ理由


まず、前回の記事ではD3400とかD3500とか、入門機についてまとめていましたが、一つ上の機種の「D5600」を購入しました。

D5600を購入した理由は、D3400やD3500と比較して、普段使いの中で役立つであろう機能が多いからというのが一つです。

SnapBridgeのBluetooth接続で写真転送ができる


まず、NIKONのカメラには、SnapBridgeというアプリが連携していてBluetooth接続で撮影した写真を転送できること。

最近の他社のカメラには同様の機能があるとは思うんですが、これまで使用していたNEX-5にはBluetoothはおろかwi-fiの接続機能すらないので、スマホへのファイル転送にTOSHIBAのwi-fi接続ができるSDカード「FlashAir」を使っていたんですが、これがまぁよく途切れる。

ついでにwi-fi接続なので、データ転送中はスマホ側は繋がっているwi-fi、つまりFlashAirに接続してその他のデータ通信(メールやネット等)をしようとするので、言わずもがなネットにつながらなくなります。

これがまぁまぁ不便なので、このBluetooth接続は非常にありがたい。

しかも、自動連係機能で、撮影した先からスマホ側に、SNSにUP等でちょうどいいサイズに圧縮した写真を転送してくれます。
※元のサイズのデータはカメラのSDにしっかり残っています。

これは結構便利だなぁと思いました。

価格が比較的安い


ある程度機能が揃っている普及機で、ダブルズームレンズキットが7万円台。安いところでは6万円台になることもあるというのはかなり魅力的です。

前回のD3500の記事でも触れましたが、新発売のD3500の価格よりも安い状態です。



最近価格の上下が激しいので、突然ドンと高くなることもありますが…。

私は安い時期に購入することができました。

シャッター音がいい


実はこれが一番の理由(笑)

おそらく、カメラを選ぶポイントとして、対応レンズの種類や、カメラとしての機能や、センサー等々を見るべきなのかもしれません。

しかも1代目のボディーとなると、その後のレンズ選びの縛りがでてくるので、より慎重に行うべきだとは思うんですが、「撮ってて一番テンションが上がる」という直感を重視しました(笑)

電気店で、各社のカメラを触り、シャッターを切って、一番いい音がしたのがNIKONでした。

この「バシャ!!」という音がたまりません。
※他社のカメラが悪いというわけではありませんよ!

玄人の方からしたら、もしかしたらしょうもない理由かもしれませんが、まぁ(私にとっては)高い買い物なので、やはり「気分」ってやつを重視したいなと思ったわけです。

NIKONのD5600を購入しての感想


で、迷いに迷って結局購入したD5600ですが、購入しての率直な感想。

本当に買ってよかった(笑)

まぁ、初のデジタル一眼レフカメラなので、下位機種、上位機種との明確な違いがスペック上でパッとみてわかるわけではありませんし、他社製品との比較もできやしない。

でも楽しい(笑)

カメラのこけら落としに、ちとお出かけして写真を撮ってきました。




こんな躍動感のある写真は私のスマホのカメラでは無理です。

多分、写真の玄人の方から見ると、写真へのツッコミポイントはたくさんあるんだと思いますが、まぁ私はこれでもものすごく楽しい!


レジ横のこんなアイテムすら写真に撮ってしまう始末(笑)

どんどんいろんな写真が撮りたくなりました。

少し不満なところ


という事で、カメラ自体には非常に満足しているのですが、1点ばかり気になるというか、不満というか…ニコンに対する文句が一つ。

電気店の売り場で、NIKONの担当の方がよく言っている言葉があります。

「ニコンというのはお客様を大事にする会社で、レンズのマウントを見てもらえばわかりますが、古いカメラでも新しいカメラでも、同じレンズが使えるようにしてあるんです。だから、昔からのお客様にも、新しいお客様にも同じようにカメラを使っていただけるんです。」

という言葉を聞きながら、「なるほどなぁ」と思っていたんです…



「最大7時間59分のタイムラプス撮影ができます。」

「9999コマのインターバル撮影ができます。」

「でもACアダプタもう売ってないってどういうことよ?」

対応のACアダプター「EH-5b 」は販売終了。
後継機の「EH-5c」は2018年1月19日発売なのにもう「旧製品」扱いで販売終了。

パワーコネクター(バッテリー形状の部分)のEP-5Aだけは売っている。

バッテリーだけでそんなに撮れるわけないでしょ!?と。

アダプター使うのは家電量販店の実機だけじゃないんすよ。長時間撮影の場合も使うんすよ。

と。

機能に対して、関連製品が追い付いていないのはいかがなものかなぁと思いました。

その辺どうなんすか?ニコンさん…。

これはまぁ、ACアダプタはEH-5bの全機種のEH-5が使えるという情報を目にしたので中古で購入。

パワーサプライのほうもEP-5Aを中古で購入。

なんとか一式そろえることができました。

それでも楽しいD5600


とりあえず、D5600を持ち出して撮影してみて、これまで撮れなかったような写真が撮れて非常に満足しています。

今後もあれこれ撮りたいと思いますし、カメラ関連のことももっと試行錯誤していきたいと思います。

カメラや写真関連専用のブログでももう1個つくろうかなぁ。

「鑑人の写真館」的な奴を。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. blffw より:

    いいですねー
    私はカメラ詳しくありませんが、なんというかフィーリングが合うのがニコンでした!
    あと、シャッター音については凄く気持ちわかります。
    そしてこれからレンズ沼にハマっていかれると思います。
    私も気づいたら、よくわからないレンズが何本も……

    • 鑑人 より:

      blffw さん

      コメントありがとうございます!

      レンズ沼…。

      既に単焦点レンズを買い、そして画角が狭いので、広角レンズを探している。
      …というのは、予兆なのではないかと警戒しております…。

  2. musashi より:

    おめでとうございます。新しいカメラはワクワクしますね。
    そういえば、ニコンのコンパクトカメラも充電器は付属せず、別売りを購入するかUSBでパソコンから充電して下さいというパターンでした。そのあたりはお年寄りのユーザーを蔑ろにしているというか・・・
    また、ニコンはマウント変更せずにした結果(その過渡期にキヤノンやその他はマウント変更してデジタル対応した)、現在売れ筋のソニーの様な3/4~フルサイズ系ミラーレスカメラがまともに作れず、新規でZマウントを出したのがつい先日だったりw

    • 鑑人 より:

      musashi さん

      コメントありがとうございます!

      今は何を撮ってもたのしいところです!

      Zマウントは先日発表されたフルサイズのミラーレス機に使用されるレンズのことですよね。
      これを見る限り、D5600のような普及機のレベルのミラーレスはしばらくでない感じでしょうかね。
      まぁD5600買った身としては、新しいのが出てきても「もう買っちゃったよ」とならなくて良いのですが(笑)

  3. 通りすがり より:

    車好きはカメラか楽器かオーディオのどれかの沼にハマって行くものなのだ・・・
    さぁ鑑人さんも迷わず行くのです

    • 鑑人 より:

      通りすがり さん

      コメントありがとうございます!

      楽器については、超絶不器用なので多分大丈夫ですね(笑)
      ピアノの「猫ふんじゃった」で片手が止まるくらいなので…。

      オーディオは…普通の人より音質にはこだわりはありますが、幸いなことに(?)耳の質が良くないので、ほどほどで収まっております。
      オーディオ沼とモニター沼双方ハマっている知人がいるのでなるべく執着しないようにしています(笑)

      カメラは…怪しいですね。

      今、PLフィルター、赤道儀、広角レンズ等々調べていますが、調べ始めたらもう危険信号ですよね(笑)