フロントガラスの撥水コート「スマートビュー one」の施工その後


昨年の6月に施工して「数か月たったら経過報告」とか言っておきながら、完全にほったらかしだったスマートビュー oneの経過の報告をしたいと思います。

参考

今回はスマートミストでおなじみのCCIから販売されている窓用撥水コート剤の「スマートビューone」をレビューしてみたいと思います。 ...



早速比較

さて、約1年前に施工したスマートビュー one。

シリコーン系とフッ素系の2つを施工したわけですが、今現在どうなっているか、アニメーションで比較してみます。
※GIFアニメーションなので、読み込みに少し時間がかかるかもしれません

こちらが施工直後

こちらが今現在

どっちも撥水してるね(笑)

現在の状況


ということで、アニメーションをみてもさっぱり違いが判らない感じですが、実際に走行しながら施工直後の様子を思い返してみると「若干撥水が落ちてきてるなぁ」という印象です。

フッ素系施工面と、シリコーン系施工面での違いはさっぱり分かりません(笑)

車の保管と走行状況


さて、ここまでだと

スマートビューONEスゲー――!超買いじゃん!!

…となりそうですが、私の車の保管状況も関係してきそうです。

今現在、私の車の保管環境が、雨風がしのげる駐車場。尚且つ走行は週末くらいなものなので、窓ガラスのコーティング剤が相当持つであろう環境なのも要因の一つだろうと考えています。

毎日のように乗っている方の車であれば、雨天時のワイパーでもっと早く効果が落ちるのは間違いないでしょう。

今の状況で、左右で違いが判るようになるまでどれくらいかかるものなのか…。

梅雨が来る前にもう一回施工したいんですけど(笑)


スマートビューONE施工後の感想


という事で、スマートビューONE施工直後から、約1年経過まで様子を見てみましたが、私の環境では十分撥水を保ってくれました。

ただ、施工時の記事にコメントして頂いたのですが…

・施工直後~時期にもよるが1~2か月程度で弾きが悪くなる(ワイパー使用頻度にもよる)
・トンネル進入時に曇りやすくなる(G1000の数倍は曇りやすいと思います)
・最大のデメリット「取り除くのが超絶面倒臭い」

※頂いたコメントより抜粋

フッ素系は上記のような注意点があるようですので、念頭に入れておいた方がよさそうです。

以上、スマートビューONEの経過報告でした。

我慢しきれず再施工するようなことが無ければ、また経過報告したいと思います。
※たぶん再施工すると思いますので期待なさらず…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 狆Chan より:

    そうか、やっぱり曇りやすいのですね。
    前に使っていた「ガラコ速でき」と比べて曇りやすいな~って思ってたのですが…

    水弾きは、私の車ではシリコーン系のガラコの方が良い。
    ガラコは60Km位でスルスル雨が飛ぶのにスマートビューはあまり飛ばない(耐久性は只今検証中)
    施行失敗したかも。
    ガラコは2~3ヶ月位で撥水性が急激に落ちました。

    • 鑑人 より:

      狆Chan さん

      そうですね。頂いた情報ですとそのようです。
      狆Chanさんも同様に体感されているという事は、曇りやすさというのは注意したほうがよさそうですね