ABARTH(アバルト) 124 spiderが楽しそう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0


一度サイトを覗いたせいか、最近Googleがやたらたとアバルトの車を押してくるので、ちょっと調べてみました。




ちょっと気になる124スパイダー


前述の通り、やたらとGoogleの広告でABARTH(アバルト) 124spiderが出てくるんですよね。

これとか

これとか

これとか

これだけゴリ押しされると、流石に少し気になる。

当ブログで言いますと、車好きの方が多いイメージなんで、「あー、124Spiderね。それってロードス…(略)」とお気づきの方もいるかもしれませんが、少しばかりお付き合いください。

イタ車だけどイタ車じゃない


さて、このABARTH 124Spider、イタリア車です。

個人的にイタリア車というと、フィアットのイメージが強く、壊れやすいイメージがついて回ります。

ただ、私自身、「修理費ばかりかかって維持費がすごくなるドイツ車」というイメージがあるBMWの中古車にのっていて、そこまで絶望的な感じでもないことを考えると、やや誇張気味の話なのかもしれません。

こればっかりは、イタリア車オーナーさんにしかわからない話ですね。




まずABARTHについて

アバルト(Abarth)は、かつてイタリアに存在した自動車メーカーである。1949年、トリノに設立され、おもにフィアット車を用いての自動車競技への参加、自動車部品や改造車の販売などを行っていた。

1971年にフィアットに買収され、その後しばらくは同社の自動車競技部門に関与するなどしていた。1990年代以降にはフィアット車のモデル名に名を残す、いわゆる社内ブランドとの位置付けとなっていた。

その後、フィアットの自動車部門を統括するフィアットオートモービルグループ社のもとに、アバルト&C.社(Abarth & C. S.p.A.)が再組織され、2007年に発売された乗用車フィアット・500へアバルトの名を冠するモデルが設定され、現在に至る。

アバルト|wikipedia

という事で、純粋なメーカーというより、カスタム屋さんなんでしょうか。

で、このアバルト124Spider。

ベースはマツダの4代目ロードスターとなっております。

そう、イタ車であり、日本車。

実際に日本で注文すると日本国内から届くようです。

「マツダ ロードスター」(以下、ロードスターと表記)をベースにして開発されたフィアット124スパイダーは、日本のフィアット・インポーターに“広島の”工場から直送される。つまり国産車扱い。エンジンはフィアット製1.4Lターボが搭載されるが、これはイタリアから直送されるのだ。

アバルト124スパイダー試乗速報。ロードスターと走りはどう違うのか?(carview!) – 試乗レポート – carview! – 自動車

絶妙な所を突いてくるデザイン


車のデザインについては、個人の好みが大きいと思いますが、私的にはこのアバルト124Spiderのデザインが、なかなか良い所を突いてきます。



この攻めたデザインは、テンション上がりそうです。

っていうか、サソリが男子の心をくすぐりますね。

ロードスターと124スパイダーの違い


さて、ここまでですと、「じゃぁデザインが違うだけならマツダのロードスター買ったらいいじゃん」となってしまいそうですが、ちゃんとロードスターと124スパイダーでは違いがあります。

エンジンの違い

わかりやすい所で言うと、エンジン。

最高出力・最大トルクは125kW(170PS)・250Nm(25.5kgm)
対して、ロードスターは96kW(131PS)・150Nm(15.3kgm)
となっており、大幅にパワーアップしています。

足回りの違い

124スパイダーはショックアブソーバーがビルシュタイン製、フロントにブレンボの4ピストン対向キャリパーが搭載ってことで足回りが強化されています。

その他色々違うポイントがあり、ベースはロードスターですが、全く別物と考えたほうが良さそうですね。

興味深々だけれど…


個人的には非常に魅力的なアバルト124スパイダー。

ただ、楽しそうだけれども、やはり普段使いには少し不便かもしれませんね…。

今乗ってるのがステーションワゴンタイプなんで、これの使い勝手の良さで比べてしまうと非常に厳しい。

趣味に全力投球できる環境の方であれば、問題ないんでしょうけど。

一度、試乗しに行ってみようかなぁ。

まぁ、購入資金なんて全くないんですけどね。


参考・画像:ABARTH 124 spider|アバルト 124 スパイダー|ABARTH JAPAN

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. MS より:

    ちょうどこの実車を見ましたが、実用性を考える車ではないですね(笑)
    セカンドカーとしてなら問題ないですけど、コイツ意外と値段張りますから現実的ではないかな~・・・
    ま、ビル足にブレンボ4ポッドキャリパーってだけで値段張るのも分からないでもないけど・・・

    見た目はアクが少なくどこか可愛げもあって外車です!的な雰囲気も持ってるんで私もアリだと思います。
    ただこういうワークスチューンカーというかミツオカ的な位置のメーカーの車を買うのは「本当にそのメーカーが好き」とか「この車が掛け値なしで大好き」って感じじゃないと手は出しにくいですね。

    個人的にですが、現行ロードスターとコレを並べられたら迷う事無く現行ロードスターに走ります。
    今のロードスターってほんとエンブレム変えたらBMにでもフェラーリにでも化けられそうなスタイリングと顔してますからねぇ(言い過ぎ?)(笑)

    • 鑑人 より:

      MS さん

      コメントありがとうございます。

      まぁ完全に趣味の車ですよね(笑)

      マツダのデザインは「俺、海外に目線を向けてるから!」的な個性がありますよね。
      デザインはBMWのフォルムに、ベンツのオラつき感と、マセラッティのグリル…って感じで、海外向けのイメージですよね。

      私は昔からマツダ車好きです。いつも独自のぶっ飛んだ技術を出してくるのがマツダってイメージです。

  2. ffw より:

    名前はffwですが、NDロードスター所有しております。
    メインにアクセラスポーツ、セカンドにNDです。
    頻繁に「荷物載せられなくて不便じゃないですか?」と聞かれますが、案外不便を感じないものです。
    ぜひ一度試乗してみて下さい。
    ちなみにほぼNDで過ごしてます。
    思ったよりも使い勝手はかわりませんよー!
    買った時点で諦めがつきますので……

    • 鑑人 より:

      ffw さん

      コメントありがとうございます。

      腹を決めてのご購入ですね(笑)

      2台持ちとは羨ましい。
      経済的にも、場所的にも余裕があるのは羨ましいです…。

      まぁ私もジムニーに乗っていた時は「狭くない?」と言われましたが、まぁ普段乗ってる分には結構どうにでもなりました。スキー板やサーフボードなどの長物を積むと助手席が使えなくなりましたけどね(笑)

  3. 通りすがり より:

    ロードスターと124で迷ってロードスターRFに行き着いた人が通ります。
    上の方もおっしゃってますが意外と乗ってしまえばアレコレ気になるようなことはないですね。
    しいて言えば車内で寝られないところでしょうかw

    • 鑑人 より:

      通りすがり さん

      コメントありがとうございます!

      こちらにもロードスター乗りが…!
      確率高すぎです(笑)