カルナウバワックスのあの「匂い」の正体は何なのか調べてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0


アマゾンを物色していて、色々な商品のレビューを見ると時々


「甘い匂いがするからカルナウバ蝋が含まれている」


「この甘い匂いは本物の天然もののカルナウバ蝋の証」


みたいなコメントをチラホラ見かけるんですが、私のこれまでの認識は


カルナウバ蝋は無臭に近く、あの甘ったるい匂いはドぎつい石油系溶剤の匂いを飛ばすためにつけられた香料の匂いじゃないの?

と思っていたんですが、これは一体どちらが正しいのか、気になったので調べてみることにしました。





そもそもにカルナウバ蝋って?


カルナウバ蝋は、ブラジルロウヤシの葉の表面を覆う蝋で、グレードとして1号~5号に分かれ、カーワックスに用いられるのは3号以上が多い模様。

1号から徐々に黄色みが増していって、5号になると黒っぽい茶色…といった具合になるようです。

白いカーワックスであれば高級品なのか?


上記の情報からするに、「白ければ白いほど高級」という感じのようですが、漂白する事でカルナウバ蝋を白くする方法もあるようです。
ピカールの赤缶や、ニューウィルソンは茶色でした。


情報が錯綜している


ここで、匂いについての情報を調べてみたんですが、なかなか確定的な情報が出てきません。

天然のカルナウバ蝋については、検索して出てくる情報としては下記のいずれか。

・本来は無臭に近い

・ほんのりとココナッツの匂いがする

あの、ワックス缶を開けた時のあまったる~い強い匂いについては見つけることができませんでした。

ここから推測するに、簡易ワックス等、カルナウバ蝋が「含まれている」程度の量では、あんなにどぎつい匂いにはならないのではないか?

というのが私の推測です。


ザイモールについて


以下のようなサイトも見つけました。

ザイモール等は溶剤にオレンジオイルやココナッツオイルを使っており、その匂いがするようです。
参考:知らなかった!カルナバってこういうものだったんだ | クルマップ

但し、こちらは2015年に更新が止まっているようですので、本来どうなのかは不明。

他サイトでも同じような文章を見かける事ができました。

製品の成分表にも同様なことが記載されています。

成分:カルナバ(パルメットより生成)、モンタンオイル、プロポリス(ミツバチより採取)、グレセロールステレイト(ぐりせりんより生成)、 セチルエステル、セチルココアマイド(ココナツオイルより生成)、 着色料 青色1号



ZYMOL(ザイモール)Titanium Glaze チタニウムグレイズ ハンドメイド Z-155 8oz


少なくともシュアラスター製品は「香料」の匂い


市販されている多くのカーワックスは純度の低い石油溶剤を使用しているため、独特の臭いがあります。それをマスキングするために強い香料を加えております。シュアラスターワックスは最高級の高純度無臭溶剤を使用しているため、マスキングのための香料添加の必要がありません。原料である天然カルナバ蝋自体に臭いはありませんが、シュアラスターではワックス掛けを楽しんでいただく目的で天然香料を配合しております。これもシュアラスターの磨く快感のこだわりです。

参考:ワックスの香りは? – SurLuster.jp

シュアラスターでは、無臭の所をあえて香料を付けて販売しているようですね。

SONAXのPremium Class Carnauba Waxは無臭

先日購入したSONAXのPremium Class Carnauba Waxは無臭でした。

海外サイトの情報を調べるに、こちらも純度の高い天然のカルナウバ蝋とシリコーンが含まれているようで、カルナウバ蝋的には決してグレードの引く製品ではない模様。

こっちも「香料が含まれていない」というのが特徴のようです。

ニューウィルソン、ピカール赤缶の匂い


カーワックスとして歴史のあるニューウィルソンやピカール赤缶はガッツリと石油系の匂いがしてきます。
ついでに漂白もされていないので、茶色です。

しっかりとした艶が出ます。

決して等級が低いとか、質が悪いという印象にはなりません。

やはりそもそもにカルナウバ蝋にはにおいなんてないんじゃないかと思ってしまいます。

個人的な結論


以上、気になったところを調べてみましたが、明確な情報は出てきませんでした。

ただ、シュアラスターの公式サイトが「あえて香りをつけている」と言っている以上、市販されているカーワックス自体のカルナウバ蝋にはほとんど匂いが無く、匂いがするものはただの香料なのであろうと思う事にしました。

もしかしたら、天然の、加工前のカルナウバ蝋にはにおいがあるのかもしれません、ヤシですしね。ココナッツの香りがするといわれても納得できますが、製造工程で飛んでしまっている可能性もあります。

まぁとりあえず、甘ったるい匂いがしたら「天然かどうか、等級はどうだか知らないけどカルナウバ蝋の可能性」と思っていればいいのかもしれません。

ほら、ガスだって「ガスは本来無臭だけど、ガス漏れを知るためにあえてニオイをつけてある」っていうじゃないですか。

「お前は今!!カルナウバ蝋のワックスを施工しているんだぞ!!」

とテンションを上させるための香料だとしたらまぁそれはそれでいいんじゃないかと思う事にしました(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする