米アマゾンでコーティング剤を探していて気付いた事

シェアする

amazon_sur
先日の米アマゾンの購入方法のまとめ以降、ちょいちょい米アマゾンを見ながら、「何か面白いコーティング剤はないか」と巡回していたんですが、その中でふと思った事。

「そうだ!アメリカではシュアラスターの製品って幾らで売ってるんだろう??」


という事で、米アマゾンで検索してみました。


すると…

あれ?


シュアラスターってアメリカで売ってなくね?

米アマゾンでの検索結果

検索に引っかかるのは「Surluster car wash sponge washing glove S-91」の1点のみ。

シュアラスターの公式サイトを見ると、シュアラスターの歴史として以下のように書いてありました。

カリフォルニアで誕生
1947年 カリフォルニア州にてカルナバ蝋を配合したカーワックスを開発


シュアラスターの歴史|公式サイトより

そう

「アメリカで誕生はしたけれど今もアメリカで売っているとは言っていない」

私は勝手に「シュアラスターはアメリカでも大人気でその大人気商品が日本でも売っている」的な想像をしていたんですが、出自がアメリカってだけで、もう日本の企業なんですねぇ。

思い込みってのは怖いですね。

まぁ逆に考えれば日本の環境下で使うためのワックス類を製造販売していると考えればいいのかな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 36 より:

    シュアラスター株式会社は、東京都港区西新橋に本社を置く自動車ワックスのメーカーである
    シュアラスター株式会社が、シュアラスターブランドの製品の独占供給開始

    とwikiに書いてありますね
    東京に本拠地を置く会社が独占供給ということは・・・・

    • 鑑人 より:

      36 さん

      コメントありがとうございます。

      もう完全に日本の日本だけの会社ですね…

  2. zuek より:

    20年以上前にアメリカで暮らしてましたが、その当時からシュアラスターは売ってなかったです。 むしろマンハッタンゴールドを日本から持ち込んで使ってたのですが、スポコンのカークラブから次回帰国時に100缶ほど買ってきて欲しいと言われてました。
    当時アメリカで人気があったのはザイモールとオートグリムで、マグワイヤーズ、マザーズ、ソナックスが人気のある普及品って感じでしたよ。

    スポコン系は日本製が大好きで、ユーロ系はオートグリムが多く、ローライダー系はマグワイヤーズとカスタムの系統によって好みのメーカーが偏ってたのが面白かったです。

    ザイモールには当時ショーカーディーテイルとかって名前の掌の体温で溶かして塗り込むという$500くらいするワックスがあって、これをカーショー会場で盗んだとか盗んでないとかで傷害に発展した事件もあったくらい人気でした。

    • 鑑人 より:

      zuek さん

      コメントありがとうございます!

      なんと!色々と興味深く面白いお話を教えていただきありがとうございます!
      それにしてもザイモールって昔から高いんですねぇ・・・。