HP 110-240jp 価格.com限定モデルはどんなPCなのか調べてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

K0000616989

価格.comで現在1位のパソコン
HP 110-240jp 価格.com限定モデル

価格が¥43,050 と安い部類に入るんですが、果たして買いなのか調べてみました。

HPってどんな会社?

まず、このHPというパソコンメーカーについて。
普段大手メーカーのパソコンをお使いの方はなじみは薄いかもしれませんが、
企業などでは導入している会社は多いでしょうし、サーバーマシンなども提供していて
IT関連では超ドデカイ企業であります。
一昔前で言えばCOMPAQ。あそこを買い取ったところでもあります。
なので怪しげなメーカーではないという事ですね。

価格コム限定モデルのスペック

HP 110-240jpの主なスペックは下記の通り
CPUCore i3 3240T(Ivy Bridge) 2.9GHz 2コア
メモリ4GB
HDD500GB(7200rpm)
OSWindows 8.1 64bit
Corei3を搭載してこの価格は安い部類に入ります。


各スペックの項目について

■CPU
Core i3 3240T(Ivy Bridge) 2.9GHz
これはかなりお得。通常この価格帯であればCeleronかPentiamあたりが
搭載されてきますが、Corei3が搭載されています。
それよりもグレードが上のCPUが搭載されていますので、中々よさそうです。
処理性能としては優秀な部類に入ります。

■メモリ
4GB
これはまぁ普通。この価格帯のPCはほぼ4GB搭載してくるのが普通ですね。
搭載量としてはヘビーな使い方をしない限りは問題なし。
最低限度+アルファの容量を満たしています。

■HDD
500GB
これも普通。500GBあれば、ネットとメールとiTunesだけ使っているような
生活をしていれば使い切ることはほぼほぼありません。
この価格帯であれば500GBを搭載してくるPCが大半です。
時々マウスコンピューターパソコン工房などのBTOPCメーカーなどで
1TBに無料アップグレードができるキャンペーンなどをやったりしている程度です。

■OS
Windows 8.1 64bit
Windows8.1という事でWindows7までのインターフェースになれた人ならば
若干とっつきにくいかもしれませんが、OSとしては悪いものではないので
問題はないのではないかと思われます。

国内大手メーカーPCとの比較


国内でデスクトップPCを作っているメーカーの同等性能のPCとの
価格を比較してみようと思います。
というか、改めて調べてみてわかりましたが、
デスクトップPCを作っているメーカーって少ないんですね。

Mate J MJ34L/L-H タイプML
img_ml_01
NECのパソコン「Mate J MJ34L/L-H タイプML」です。
最少構成の時点で55,000円となっています。
これをカスタマイズ設定で、同等スペックまで引き上げた場合
87,400円

高いですねー。
Corei3にするとここまで値段が跳ねあがるのか。

ESPRIMO WD2/M
D2M3b
※モニターはつきません

今度は富士通の「ESPRIMO WD2/M」。こちらは既に同等スペックなので、そのままのお値段で
68,716円
うーん勝てないか。
ちなみにこれはキャンペーン価格なので、本当の価格で見ますと83,800円。
ほぼNECのパソコンと同等の価格になります。

2社のPCと比較してみましたが、結構安い部類のPCに入ることがわかりました。
人によっては「買い」かもしれません。

このパソコンでできること

他のPCと比べて、非常に安い値段で買えることがわかりましたが、
果たしてこのパソコンで何ができるのか。

インターネット
これは何も問題ないでしょう。複数タブを開いての閲覧や、
音楽を聴きながらの閲覧でも問題は起こらないかと思われます。
Youtubeやニコニコ動画などの動画サイトの閲覧も比較的サクサク楽しめると思います。

メール
問題なし。普通にストレスなく使えます。
メールとネットだけならスペック的には余るくらいの性能です。

iTunesなどの同期
音楽を保存するPCとして使っても500GBあるので問題ないでしょう。
音楽データだけでいっぱいになるということはなさそうです。
音楽を聴きながら他の作業をしても問題なく動作するでしょう。

デジカメ写真の保存
まぁあまり大量に詰め込まなければ大丈夫でしょう。
デジカメの最高解像度の状態の写真を無計画に突っ込んでいったらいっぱいになることもあります。
空き容量には注意しましょう。

動画再生
動画の再生だけなら問題はないかと思います。
エンコードなどの負荷の高い処理は厳しそうです。

オンラインゲーム
大前提としてグラフィックボードを搭載していないので、
3D系のFPSなどは厳しいでしょう。
ついでにファイナルファンタジーXIVなども無理です。
ラグナロクオンラインなどの軽めのゲームや、ブラウザゲームなら
問題なく動作するはずです。
ただどちらにせよゲーム向きの構成ではないので、ゲームがしたいなら
グラフィックボードを増設するか、最初から搭載されたPCを
購入する方が宜しいかと思われます。
オンラインゲームに適したPCについては、
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア 推奨パソコン を比較してみた」
という記事で過去にまとめてますので、そちらを参考にしてみてください。

Adobe系ソフトの使用
あきらめましょう。この辺のソフトになるとCPUが貧弱でついていけません。
メモリも足りません。動く事には動きますが、カクつくでしょう。

オフィスワーク
特殊な電算ソフトや専用ソフトを用いたりする環境でなければ
ほぼ問題なく動作するはずです。エクセルやワード、パワーポイントなどは
ストレスなく使えるはずです。
ただし、Microsoft Officeはそのままではついてこないので
別途購入かオプションの追加が必要となるので注意してください。

このパソコンは買いなのか

価格とスペックから言うと「買い」だと思われます。
ちょうどXPからの乗り換えで
「モニターはいらない。真っ当に動くVista以上のマシンがほしい」
なんていう方にはピッタリじゃないでしょうか。

ズバ抜けて高性能!というわけではありませんが、同価格帯のPCと比較した場合は
高性能な部類に入ります。
PCはスペックが高くて損することはほぼありません。

そう考えるとこのパソコンは「買い」と言えるでしょう。





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする