[鏡艶] ミラーシャインの効果と比較実験をしてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

鏡艶 ミラーシャイン
以前から存在は知っていたものの、まだ試していなかった製品の一つ、鏡艶(ミラーシャイン)を購入して試してみることにしました。

開封してみる

IMAG3014 パッケージを開けてみますと、中にはミラーシャイン本液、マイクロファイバータオルの二つ。

マイクロファイバータオルですが、多分ここ最近で一番いいものかもしれません。

IMAG3015 これがCCワックスプラスについてきたクロスとの比較ですが、ミラーシャインにはいっていたマイクロファイバータオルと比較しますとかなりキメが細かいものになっているのがわかります。

施工してみる

では早速施工してみたいと思います。

IMAG3011 パッケージ裏面の施工方法の通りに言ってみようと思います。

IMAG3012 施工前の状態。
洗車直後の状態です。かなりきれいに見えますが、これは塗装の状態が良いのではなく、前回施工したものがそのまま残っているから。リセットするのが面倒なので、すみませんがこのまま施工させて頂きます。

マイクロファイバータオルに液を適量垂らします。
IMAG3016
フッ素系のイメージとして「白濁した液体」というイメージがあったんですが、こちらのミラーシャインは半透明の粘性のある液体でした。
拭きとりが不要という事で、説明書き通り40cm四方ごとに塗り込んでいく感じで施工。

IMAG3021 出来上がりがコチラ。

きれいになった!

…ような気がする

心なしかではありますが、光沢感が増した感じです。肉眼で見ると結構違うんですが写真ですとイマイチですね。
車に対する施工ですと効果があったように見えましたので次にパネル実験に進みます。

パネル実験をしてみる

IMAG3043 毎度おなじみパネル実験です。

まずは右側にミラーシャインを施工。

IMAG3044 パネルに落として再確認。半透明の液体です。

施工結果がコチラ。
IMAG3048
あれぇ???

全然違いがわかりません。おかしいな。昼間車のボンネットで体感したのは幻想だったのでしょうか。

困ったな

最近購入前に想像した結果とまったく違う内容になって困ってるんですよね…。

毎度、店頭などで次回購入してレビューしようという商品を物色しているときに、どんな記事になるだろうなんて想像しながら選んでいるんですが、事前に思っていた結果と逆になることが最近多くなってきました。まぁ良い意味で予想を裏切ってくれたのはスマートミストでしたけどね。あれはポップなボトルに騙されてはいけない優秀なヤツですよ全く。

というわけで、このミラーシャインは色々なところのレビューが好評だったんで「わぁぁぁ!すごい!」みたいな記事を書きたくてかったわけです。
であれば、それなりに効果が出てくれないと困る!という私のエゴにより、もう一回実験。

フッ素テクノコートの実験で野外放置だったパネルが戻ってきていたので、パネルを変えて試してみます。
IMAG3059 再度施工します。

IMAG3060 こちらはそれなりに見えるようになりました。同じメーカーのパネルで同じところから買ってるのに何が違うんだろう。傷のつけ方の違いかなぁ。

それでも傷の隠蔽としては弱いですね。

フッ素テクノコート、スマートミストと比較してみる

IMAG3061 フッ素系で最近購入したものと言えばウイルソンのフッ素テクノコートです。これとあとはスマートミストを使って比較してみようと思います。

IMAG3064 若干しくじり気味ですが、フッ素テクノコートです。こちらは白濁した液体です。

IMAG3066 これがフッ素テクノコートとスマートミストを施工した後。さすがにスマートミストは黒々とした感じで傷が目立ちにくくなっています。

こうしてみるとミラーシャイン、イマイチだなぁ…。

とはいえ

そもそもに

フッ素系に傷隠し効果を求めるのがそもそもの間違い?

という疑念が一つ。アクアドロップのミラーポリマーはフッ素系だったんですがそれなりに効果を発揮してくれました。でもこれまでの感じだとそれ以外はイマイチだった気がします。

そもそもにフッ素系は、光沢はもちろんだとは思いますが、あくまで防汚がメインという事を念頭にいれれば当然の結果なのかもしれない。
であれば、塗装が傷んだ状態(と仮定したパネル)で実験してもあまり意味がないんじゃないかと。
塗装面がまだ痛んでいない綺麗な車体相手なら結構な効果を発揮してくれそうな気がします。
あとはコレの性能を正しく見るならば防汚性能で比較をしないといけないんでしょう。

というわけで、イマイチ振るわなかったミラーシャインのレビューでしたが、今度は傷の少ないピカピカの車で試してみたいですね。

[2015-11-27 追記]
施工から10日程経過後の雨の後の様子です。
IMAG3168 ボンネットは見事に撥水していますね。水玉がコロコロと流れています。

IMAG3169 でも、パーツの区切りから左側がミラーシャイン、右側のサイド部分がCCワックスプラスの施工部分です。
うーん大差ないのかなぁ。凄く微妙なところですね(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 黄色の13 より:

    はじめまして!いつも楽しく読ませて頂いてます。
    いきなりですがディテーリングリキッド の ポリシラザンコーティングを試して頂けないでしょうか?
    ここは他にもコーティングを出してるので気になります

  2. 鑑人 より:

    黄色の13 さん

    コメントありがとうございます!
    恥ずかしながらディテーリングリキッドさんについてはコメントをいただいて調べてみて初めて知りました…。
    おっしゃられている製品はこちらでしょうか…。
    http://www.amazon.co.jp/dp/B00H3ZCYNQ/

    硬化系コーティングのようですね。
    アクアドロップやツヤエキスパートなどに比べると少し高い感じでしょうか。
    これはやるなら結構気合を入れて下地からしっかりやらないとダメっぽいですね。
    財布と時間に余裕があれば試してみたいです!