KangerTech Protank2用の交換用コイルを買ってみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

IMAG1522
先日購入したKangerTechのProtank2ですが、コイルヘッドが短く、どう見てもEVOD用のコイルがついてきていたので、交換用の純正コイルを購入してみることにしました。
※購入レビューはコチラの記事→KangerTechのVape用アトマイザー「Protank2」を購入してみた

交換用コイル購入


今回購入したのはコチラ
Protank2交換用コイル
the VAPE shop Japanさん(閉鎖済)で、バラで売っていたので、1.5Ωと1.8Ωをそれぞれ1個ずつ購入してみることにしました。

抵抗値についてですが、現在手元にあるコイルですと煙の量にいささか不満点が残るためリビルドするにあたり、それぞれの抵抗値だとどの程度になるのか、それとちゃんとしたコイルだったらどうなるのかを試してみたかったので購入に踏み切った次第です。
ただ、1個250円なので、送料と代引き手数料の方が高くつく始末(笑)

届いた商品がこれです。
KangerTechコイル
シンプル!

まぁバラ売りだからそうですよね(笑)

Protank2購入時に入っていたコイルと比較してみます。
コイル比較
ヘッドの長さが全然違う…。

やっぱり違ったかー。

安物を買うのはやっぱりリスクがありますね(笑)


実際に試してみる

まずコイルを交換した第一の感想

ジュジュルしない!快適!!!

こんなに違うものかとびっくりしました。
初期についてきたコイルはコットンを詰めてリキッドの流入量を調整してあげないとジュルジュルして吸えたものではなかったんですが、純正品のコイルはそんなこともなく快適に吸えます。

で、さっそく抵抗値別のレビューです。

1.5Ω


あっちぃ!!!

3.7Vで1.5Ωですと、煙が数秒で熱くて吸えなくなりました。
スイッチを入れるとジュジュジュジュジュとすごい勢いで焼けているのがわかる音がします。
ちなみに残量が減って電圧が下がったバッテリーで試すとちょどいいかんじ。
低電圧で使う時はこっちの方がいいかもしれません。

1.8Ω

これは素晴らしい
この抵抗値がドンピシャじゃないかなってくらい快適です。

煙がモクモク、味も良い。ジュルジュルもせず快適そのもの。

やっと心から「Protank2を買ってよかった」と思えました(笑)

2つのコイルを使ってみた結果ですがとりあず

味が全然違います

今までのは何だったんだってくらいに味が濃くでます。
クソまずいと思っていたミックスベリーでさえおいしく感じるレベル。

煙についてはどちらも煙は暖かい煙が上がってきます。
煙の量は当然1.5Ωの方が多いんですが、いかんせん上がってくる煙が熱すぎて数秒しか吸っていられません。

これは元からついてくるコイルも純正だったらまた違ったのかもしれませんね・・。

あー、あと

リキッドの消費速度が尋常じゃない

発熱量が増えているので当然ですが、みるみるリキッドが減っていきます(笑)

抵抗値を計ってみる


こちらの記事「Vapeこと電子タバコ(eGo X6)で禁煙できるか試してみた」の中でご紹介した安物のデジタルテスターを使い、それぞれのアトマイザーの抵抗値を調べてみようと思います。
…とはいえ数値が正しく出ないテスターでどうするか。

まず、最近分かったんですがこのテスター

・直流電圧は+3.3V余計に出る
・抵抗値は+1Ω余計に出る

こんな感じでずれているようです。

試しに1.5Ωのコイルをセットして計測した場合の数値
IMAG1531
2.5Ωでてますね。-1Ωしてやるとちょうどいい値になります。

次に1.8のコイルをセットして計測した場合の数値
IMAG1533
2.8Ωの表示。これも-1Ωでぴったり。

というわけで、最初についてきたコイルの抵抗値を計ってみます。
IMAG1530
3.3Ωの表示。おそらく標準設定の2.2Ωのコイルなのでしょう。

ひとまずこのテスターを使い続けるかは微妙なので新しい「ちゃんと計れるテスター」を買おうかと思います。
あとはK100と一緒についてきたよくわからない充電器、これも新調しないといけませんね(笑)

Amazonを物色していたらカッコイイ充電器がありました。
XTAR VP2

これカッケー!!

なんで青色バックライトにこんなにも惹かれるんでしょうか。
コンビニのアレに集まる虫と同じなんでしょうかね私…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする