GoogleのPublic DNSのFlush Cache が上手くいかないときの対処法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 49


今回は技術的なネタ。

久しぶりですね。

GoogleのPublic DNSのキャッシュクリア


GoogleのPublic DNSなんですが、急遽Aレコードの変更が必要なのにTTL長くし過ぎて、一向にレコードが書き変わらないとう状態に陥りました。

digで確認していてわかったんですが、GoogleのPublic DNSってプライマリが「8.8.8.8」、セカンダリが「8.8.7.7」ではあるものの、その先に複数台サーバーがいるようなんです。

毎回返してくるIPが違うし、残り時間もバラバラ。




このDNSキャッシュをクリアする方法として検索すると、コチラが出てきます。

https://developers.google.com/speed/public-dns/cache?hl=ja

ところが、これが全くちゃんと動いてくれない。

まず、画像認証用の画像が出てこない。

こんなヤツね

これはCtrl+F5とかでリロードすると出てくる場合もあります。


次にどんなに正しく画像を選択しても「Recaptcha failure!」と表示されて認証されない。


で、Stack Overflowとか色々漁っていて解決法を見つけました。

そもそもにURLが違う


海外の英語のやり取りの中で見つけました。
どうもURLが違うみたいなんですね。

https://google-public-dns.appspot.com/cache

先程のページよりもシンプルなページ。

半信半疑で認証してみましたが、無事成功しました。

関係のある方は少ないかもしれませんが、どうにもうまくいかないという人は上記URLで試してみたらうまくいくかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする