LISKが高騰している!|仮想通貨(暗号通貨)運用レポート1

シェアする



ド素人が仮想通貨を運用して、果たして利益が出せるのか、ただいま実験中。

今回はこちらの経過報告の1回目を行おうと思います。
参考:仮想通貨?Bitcoinって何?Coincheckに登録して取引してみた




現段階での収支


さて、前回の記事で分かる通り、Bitcoin Cashの暴騰で痛い目を見ている私ですが


「日本円に換金しないで持ち続けている限りは負けではない」

の信念の元、ジャンピングキャッチで高額で掴んだBtcoin Cash(以下 BCH)をホールドし続けています。


で、実際には11月3日より、売買の履歴があるんですが、購入した仮想通貨を売却して日本円にした履歴として、現在の収支は


+2995.1円!!

あー凄い!勝ってる!!

…微々たるものですけどね、プラスで終わる事が大事ですよね…。

やっぱり元金がでかい方がいいのかなぁとか思っちゃいます…。

換金すると上がる説


さて、これまで運用していて思ったのが

「換金すると底値が上がる」

という事。

これはつまりどういう事かと言いますと

「そのまま放っておけば、もっと増えたかもしれない」

って事なんですよね。

これは誰しもが経験する事のようでして、「利確」つまり利益確定、または「損切り」をした途端に価格が上がるという現象に遭遇するようです。


放置が一番いいかもしれない


どうやら、私が参加したあたりから、仮想通貨業界自体が盛り上がってきている感じではあるんですよね。


アルトコインの価格の推移をみるとわかりやすいんですが、こんな感じです。

例えばLISK

私が参加する以前にも高値の時期はあったようですが、一度落ちて低迷時期があり、その後上がってきています。

次にイーサリアムクラシック

こちらも低迷期から一気に上がってきていますね。

ダッシュコイン

こちらも11月から好調です。

世の中的に、仮想通貨への関心が高まっているのかもしれません。

LISKが高騰


さて、そんな中、LISKという仮想通貨が高騰しています。

「何とも物騒な名前だな」と思う方もいるかもしれませんが、パッと思い浮かぶ「リスク」は綴りが「Risk」ですので別物です(笑)

そもそもリスクは、一定値上がると、ガクンと値段が落ちる通称「ガラ(ナイアガラ)」が起きて、また価格が戻るというのを繰り返していたんですが、今回は価格が高い位置で安定しています。

しかも、1LISKあたりは2017年11月16日段階で、まだ900円台と手が出しやすい価格。

そして、いつかもっと上がるかもしれないという期待も持てます。

※正直 Bitcoinが本日の段階で821,000円なんですが、これが2,000,000円まで上がったとしても2.4倍。LISKが2.4倍になってもまだ1800~2000円なので、夢が持てそうな気がします(笑)

これは年内のLISKのイベントがかなり寄与しているようです。

17日あたりまで上がり、そのあとガクっと1度落ちる可能性もあるみたいですが、年末~来年に向けては上がっていくだろうともいわれています。


現に私は、価格が上がってきた段階で勇気を出して掴んだにも関わらず、LISKはさらにその上の価格まで上昇しています。

あとは価格が下がっても、ビビって手放さないだけの勇気が必要ですね。

これを通称「握力」というそうです。

というか年間で見ると上がり続けていますしね。自分を信じてみます。

投機ではなく、投資としてみるのが良いのかもしれません。

これまでは数十円の上下で大騒ぎだったLISKも、いずれ価格が上がって変動しにくくなるかもしれませんね。

とりあえず、本日のご報告は以上となります。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

スポンサーリンク

シェアする

フォローする