仮想通貨?Bitcoinって何?Coincheckに登録して取引してみた

シェアする


最近、話題の仮想通貨(暗号通貨)、Bitcoinについて調べて、取引をする機会がありましたので、報告がてら紹介したいと思います。

ちなみに、結果だけ先に述べておきますと

大敗しました(笑)

まぁ詳細は下記に書いていきますのでお付き合いください。

「仮想通貨凄い!大儲け!みんな登録しようよ!」みたいな話ではありませんので、ご安心ください(笑)




仮想通貨(暗号通貨)って何?


まず

そもそもに仮想通貨(暗号通貨)とは何なのか?

というお話なんですが、ブロックチェーンとか技術的な単語は、専門のサイトさんがまとめてくれているので割愛します。

詳細がわかる方にはざっくりしすぎてムズムズする内容だと思いますが、どうか読み流してください(笑)

要約すると

インターネット上の個人間で取引される目に見えないお金

という事になります。

ここには暗号化技術がふんだんに盛り込まれ、盗まれにくく、匿名性が高いものとなっています。

ただ、通常の通貨には「国」という後ろ盾と、それに付随した信用、価値が付きますが、仮想通貨は後ろ盾はありません。

マイニングとは?


この仮想通貨の特徴として「マイニング」と呼ばれるものがあります。

マイニングとは直訳すれば「採掘」なのですが、この仮想通貨の取引自体は個人間で行われるものの、この処理の暗号化の複雑さ故、処理を仲介してもらう必要があります。


「マイニング」には複雑な計算処理が必要となり、高速のPCを用いて行う必要があります。
マイニングを行う「マイナー」たちが、数億パターンとも言われる複雑な解析を行い、その解を得たマイナーに対して報酬が支払われます。これがマイニングによる報酬です。

ちなみに、日本でこれをやる事もできますが、前述の通り、高速なPCを用意する必要がある上、べらぼうな電気代がかかるため、全く割に合いません。

Bitcoinって何?


さて、仮想通貨についてざっくりとまとめたところで、肝心のビットコインですが、これは仮想通貨の代表的な存在、仮想通貨の種類の一つの名称です。

決して

仮想通貨=Bitcoin

というわけではありません。

ただ、Bitcoinが仮想通貨の代表格と言われている通り、Bitcoin以外の仮想通貨は「アルトコイン」と呼ばれ、別枠扱いとなっています。

このBitcoinですが、2017年11月15日現在の段階で 1ビットコイン=75万円 となっています。

ここまでで

「高すぎ!!仮想通貨取引なんてもう金がないと参入できないじゃん!」

と思ってしまいそうですが、ビットコイン自体は小数点以下の数字での取引が可能なので、数千円からやりとりができます。

仮想通貨取引って何?


仮想通貨取引とは、要するに、株とか、FX(為替取引)と同じようなもので、価格が落ちたら仕入れて、価格が上がったら売るという取引と同じです。

それこそ素人が参入するには難しそうですが、1日で数%~10%以上、酷い時には150%なんて値動きがあったりするのも仮想通貨の特徴です。


Coinchekに登録してみた


ということで、仮想通貨の取引がしてみたくて、色々探していたところ、色々なコインを取り扱っている「コインチェック」というところを見つけました。

他にもZaifとかビットフライヤーとかいろいろあるようですが、アルトコインの取り扱いが多いこともあり、コインチェックにしてみました。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

登録方法は日本語サイトなんでいたって簡単ではありますが、本人確認が少し面倒ですね。写真とか必要ですし。

でもこれはどのサイトも同じ用です。

入金してみる


本人確認も終わり、いざ入金ということころで、株やFXをやったことがある知人に相談したところ・・・・


友人「あのね、FXしかり、仮想通貨しかり、こういったものはね、お金での殴り合いなんだよ。だからそんな少額突っ込んでも勝てないよ?」


私「よしわかった!!」


私「後日、入金したぞ!君はいくら入れてるの?」


友人「え?入れてないよ?」

私「!!!???」

あくまでアドバイスだったようです。ただ、その知人もその後別のサイトで登録して入金したようですが…。

とりあえず、なけなしの5万円だけ入金してみました。

取引をしてみる


それでは実際の購入ですが、簡単なところでいうと

チャートを見ながら、現在下がっていて上がりそうな通貨を見つけたら、購入する。そして値上がりしたら売る。

取引所のトップにも、前日比の価格の変化が出ているので分かりやすい!


これってつまり、10,000円の仮想通貨が1%増えて、10,100円になったらすぐに売れば、100円の儲けがでるじゃん?

次に 10100円分仮想通貨買って、1%増えて、101円の儲けでるじゃん?これをどんどん繰り返していくだけで…

と思ったら大間違い。

スプレッドという名の手数料があります。

世の中の価格に対し、実際に取引する際にはある程度の割合がかけられて売買されます。コインチェックはこれが他に比べて高いらしい。

ちなみにこれを簡単に可視化する方法もあります。

暗号通貨取引所Coincheckのスプレッドを可視化する

こちらのサイトを参考にさせていただきました。

するとこうなります。


非常に見やすい!

そして同時にスプレッドの怖さがわかりますねー。

一番左がビットコインなんですが、価格が750228円。

購入時はスプレッドがかかって755350円になります。

逆に売却時は745810円。

買って、即売るだけで差額が出てしまいますので、この点が注意です。

流通量、取引量の多いBitcoinは低めですが、そのほかは3.3%前後のスプレッドがかかります。

増減の幅が7%くらいないと厳しいですね。


夢を追いたくなるNEMとRipple


さて、ここで

「Bitcoinを最初のころから持っていた人は今頃大金持ちなんだろうな」

ということで、同じように夢を持ちたくなりますよね。

私もそうです。

そこでちょっと気になるのが「NEM」と「Ripple」というアルトコインです。

どちらも20円台なので、今後Bitcoinのような価格になれば、億万長者にでもなれそうですが、その価格まで行く可能性はかなり低いようです。

というか、これでもかなり価格が上がった後のようです…。

Bitcoin Cashの暴騰が発生


そんなこんなで、初めての仮想通貨取引を楽しんでいたところ、事件が発生しました。

Bitcoin Cashの暴騰が発生しました。

上昇率150%以上。

1 Bitcoin Cash が 10万円未満のところから30万円あたりまで暴騰しました。

1万円分購入していたら、3万円。

5万円分購入いていたら、15万円です。

さて、私もリアルタイムで参加していたわけですが…

例の友人に相談したところ

私「あのさ、何かBitcoin Cashが大暴騰してるんだけど、これは君から見てどう思う?」

友人「こんなのぶっ壊れてるから、チャート見たってわからないよ。」

私「そうだよなぁ」

友人「でもね、これだけは言える。祭り(暴騰や暴落など)には参加しておかないと後で後悔するよ?」

私「なるほど!わかった!」

私「よし!買ったぞ!!あとは祈る!!…で、君はいくら入れたの?」

友人「俺?買ってないよ!」

私「!!!???」

・・・ということがありまして、私は見事に売るタイミングを逃し、高いところで購入して、暴騰したビットコインキャッシュは再度価格が落ち、売るに売れない状況になってしまいました…。

売らない限りは負けじゃない


さて、ここで悲観的になりそうですが、唯一の救いは、今回のは取引ではなく、売買のため「耐えることができる」ということです。

つまり、コインを保有したまま、いつか価格が上がる日まで持ち続けていればプラスマイナス0に持っていくことも可能というわけですね。道のりは険しそうですけど。

そこで先の友人が再登場

友人「そういうときは損切りも大事だよ?スパっと切り替えて損は損で切り捨てて回収していく覚悟じゃないと勝てないよ?」

私「ほう、で君は・・・?」

友人「買ってないよ(笑)」

私「ですよねー」

彼の言うことはもう聞きません。自分を信じます。

仮想通貨に初心者が手を出してもよいものか


ということで、仮想通貨の取引をしてみましたが、これに初心者の私が参加してもよいものなのか。

これについてはあくまで自己責任ではありますが、まぁ大丈夫でしょう。

信用取引やレバレッジをかけなければ、入金したお金以上に、お金が減ることはないし、仮想通貨自体が消えない限りは完全に0円になることも少ないかなぁ

と。

ただし、やるやらないはあくまで自己責任

お金の問題ですし、何かあってもだれも責任は取ってくれません。

あと、人生をかけたお金や、生活に影響するお金を使うのもよくありませんね。

それと「仮想通貨なんぞそんな怪しいものは知らん!真面目に働いて昇給した方が近道だ!」と思った方。

ごもっともです。

まとめ


以上、仮想通貨についてまとめてみましたが、なんとなくでもわかりましたか?

本来は、仮想通貨は「迅速に入出金ができる」「匿名性が高い」という理由で普及したものですが、今や仮想通貨自体が取引の対象になっていますね。

で、思ったこと。

こうやって仮想通貨取引で利益がどうこうできるのも、時間の問題かなぁ…と。

だって、一番知名度の高いBitcoinですら、1日で10万円とか下落することもあるわけですよ。

通常の決済で、仮想通貨を使って、その後値上がりしたら「仮想通貨高くなったんだから返金してよ!」なんてことも起こりえますし、決済直後に仮想通貨の価値が下がって商品代金に満たないなんてこともあり得ますよね。

そんな状態では通貨として役に立ちません。

逆に、通貨として役立つほど価格が安定してしまうと、仮想通貨取引の差額が発生しづらいため、利益を出すのは困難になります。

この点を考えると、仮想通貨でワイワイやれるのも時間の問題。とくに少額で始めて利益を出せるのも今だけなんじゃないかと思いました。

まぁ、まだ入金したお金も残っていることですし、もう少し運用してみようと思います。

というか、いいネタになりそうですね(笑)

定期的に報告記事を書きますのでお楽しみに!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


画像:https://www.bitcoin.com

スポンサーリンク

シェアする

フォローする