MacBookProがRetinaディスプレイに



Apple公式サイト

新しいMacBookProが発表になりました。
かねてから噂があったRetinaディスプレイをついに搭載してきました。


解像度が驚異の 2880×1800!!

今までのものと比較するとこんな感じになります


ただこれを動かすGPUが「NVIDIA GeForce GT 650M」となっているんですが、大丈夫なのかと心配になります。
このGPUのサポート解像度は一応「2560×1600」となっているが

新しいMacBookProさん、これを超えているんですが・・・

後は新Core i7への切替えとSSDへの切替えなど、Retinaディスプレイに比べたら微々たる変更ですね。

今あるデスクトップ以上の解像度のノートPCとは食指が動いちゃいます。

ちなみに、Retinaディスプレイとは、AppleがiPhone 4で採用したディスプレイのことですが、まぁ大体の定義は「高解像度のディスプレイ」と思って頂ければいいでしょう。
従来のサイズなのに解像度はぎっしり詰まって高解像度といった感じです。

余談ですが昔はこんなディスプレイもありました

IBM T221

驚異の「3840×2400」!フルHD画質の動画が縮小無しで4つ同時再生できますよ。

まぁ流石に高解像度とはいえ、こんなごついのは専門の人じゃない限り使う人もうほとんどいませんよねw

で、当時は200万くらいしたらしいんですが…

アマゾンに売ってましたw


IBM 22.2型 解像度3840×2480 TFT モニター T221 9503-DGP
中古品ですけどねw

でもこれを真っ当に使うためにはグラフィック性能が相当高くないとキツいと思うので要注意ですよw

現行のハイエンドのグラフィックカード2枚差しとかじゃないとダメかもしれませんねw

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする