もう不幸袋が見れない。クレバリーが自己破産、負債は3億3,200万円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0


人気PCパーツ店を運営していた株式会社クレバリーが30日(水)に自己破産したことが明らかになった。
5月30日(水)現在、店頭には破産手続き開始を伝える告示書が掲示されているほか、同社の通販サイトも業務を停止。サイト上には「申し訳ございません。現在全ての受注業務を停止しております。」という一文が掲載されている。
帝国データバンクの速報によると、負債額は3億3,200万円。
ソース:AKIBA PC Hotline!



というわけで、店舗が縮小されたのは知っていましたが、破産ですか。

クレバリーと言えば、毎年正月に福袋ならぬ不幸袋(つまり使い物にならずしかも売れない商品の詰め合わせ)を販売する事で有名。まぁPCパーツを探していればおのずとクレバリーに当たりますし、価格comなんかでも最安値上位の常連だったりしたわけですが、経営が立ち行かなくなってしまったとは…。

何かまた一つの時代が終わった感がありますね…。


まぁ店舗の方に直接行った事は無いんで、偉そうな事は何も言えないんですけどね…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする