これは太っ腹!? 関西電力が節電で最大1,500円分のQUOカード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0


関西電力は、今年7月~9月の合計電気使用量が、昨年同期を下回った場合、削減率に応じてQUOカードが貰えるキャンペーン「節電トライアル」を開始する。
節電トライアルは事前に参加申し込みが必要で、申し込み期間は6月1日から7月31日。
対象条件は、関西電力と従量電灯A 、従量電灯B、時間帯別電灯、季時別電灯PS、はぴeタイム(はぴeプラン)、低圧電力、低圧総合利用契約のいずれかの契約を行なっている使用者。
昨年同期の使用電気量と比較した節電率が、5%以上10%未満の場合は500円分、10%以上15%未満の場合は1,000円分、15%以上の場合は1,500円分のQUOカードがもらえる。なお、節電率が5%に満たない場合や、転居などで昨年の使用量と比較できない場合は、抽選で1,000名に500円分のQUOカードが当たる。
また、「節電トライアル」と同時に、電気料金がオンラインで確認できるサービス「はぴeみる電」を新規登録すると500円分のQUOカードがもらえる。なお、はぴeみる電サービス申し込み後は、紙による電気使用量の通知は届かない。
節電率に応じて、商品券などが貰えるキャンペーンは昨年も多く行われた。しかし、今回のように電力会社自身がキャンペーンを行なうことは極めて異例だ。
関西電力は原子力発電所の停止に伴う供給力不足から、今夏は15%以上の節電が必要とされている。
ソース:家電Watch

これは随分と思い切りましたね。とりあえず事前申し込みが必要なようなのでお忘れないように。

このキャンペーンは参加しても特にデメリットはないんじゃないでしょうか?このキャンペーン中に節電する習慣を身につければ以降も役立つと思いますし。
ちなみに一般家庭で15%減って大変なんでしょうかね?こまめに電源切って、さっさと寝る。あとテレビ見ない。出かける時は不要なエリアのブレーカー落とす。これで相当削れそうですけど。

っていうか、

ここまでやらないとヤバイ位逼迫してるってことでしょうか?

ちなみにデスクトップパソコンはなるべく通電させておいた方が良さそうです。冬場に主電源ごと落として使用していたら起動に失敗するようになって最終的にHDDがクラッシュしました。通電した時に一気に電気が流れるせいのようですが、電源がどうも不安定になるみたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする