「新しいiPad」とiPad2を比較しながらレビューしてみた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0



さて、先ほど報告したように、「新しいiPad」を手に入れたので
早速レビューしてみようと思います!



まず起動したときは、

あれ?こんなもの?

という感じでした

が、safariを立ち上げてWebを表示すると衝撃が走りました。

何だこれは・・・。この画面サイズでこんな綺麗に表示している・・・!

VHSからDVD、アナログブラウン管から地デジ液晶へと変えたときに似た衝撃を久々に食らいました。

この綺麗な画像を鑑人でも載せたいのですが、写真に撮っても違いがでないのがつらいです。
いやぁそれを表現できる撮影機器が無いのがこれほどつらいとは思いもしませんでした!

画面に関してはディスプレイ越しで見るより、是非店頭で見ていただきたいです。
画面がきれいと言われるMacなども凌駕するほど綺麗に表示されますよ!

実際届くまでは厚さが増すと言うことで少し気になっていましたが、
全くといっていいほど違いが感じられません
スマホなどの様に小さなもので0.6mmとなるとあ、厚いなと感じたりしますが
ここまでデカくなるとそれくらいなら違いを感じられません。

実際比べてみてもほぼ一緒のように見えるくらいです。

※元画像はそれぞれサイズが大きいので注意



そして、綺麗になったのは画面ばかりではありません。
カメラが劇的に綺麗になっています

iPad2ではあまりの汚さに使わずにいた所為でカメラの存在を忘れていましたが
今回は一応は使い物になるようなレベルまで伸びています。

iPad2で撮影した写真


新しいiPadで撮影した写真


これくらいのレベルで撮れればスキャナアプリを使って会議資料を
デジタルデータ化などにも使えるのではないでしょうか

全体的に大満足のできですが、2点ほど気になる事があります。

まず1つは動きがカクつく点です
解像度が増えたので、その分描画処理が増えるので動作が重くなるのは仕方ありません
前評判では、現行機種と同じかそれよりもさくさく動くと言われていましたが
そのようには感じなかったのでがやや残念です

前に使っていたiPad2はごにょごにょしていたので、
それと比較したらカクつくのかもしれませんが・・・

もう1つはバッテリーです。
iPad2よりもパワーが必要なためバッテリーも7割増量されているのですが
それを感じさせないくらいごりごり削られていきます。
といっても1時間いじり続けて1割ヘルかどうかなので良しとします。

バッテリーが絶望的なわけでもないし
カクつきもOSの調整で何とかなりそうではありますので、
今後のアップデートに期待です。

形が変わらないからiPhone4とiPhone4Sの様なマイナーチェンジのように思われている方もいると思いますが
それは間違っていると思っていただいてもいいほど違う代物に仕上がっています。

形を変えなかったのは、現行のケースや風呂蓋などの資産を使うためにあえて変えてこなかったのかもしれません。
発売と同時にそれらの資産が使えるとすればアップルもユーザーも損は無いですからね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする