SONYのスマートウォッチの「wena wrist」が気になる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 49



最近、ちょっと気になる時計があります。

SONYのwena wirstです。

wena wristとは


wena wrist
-ソニーのハイブリッドスマートウォッチ-

世界初※1。バンド部分にスマートウォッチとして必要な機能、電池などを集約。
だから、ヘッド部分を自由にデザインできた。
おサイフケータイ®対応サービス※2、1週間の電池持ち、スマホの通知受取りなどの機能を搭載。
テクノロジーとファッションの両立が、これからのスマートウォッチのスタンダードになる。
それがソニーのハイブリッドスマートウォッチ、wena wrist。

wena

とのこと。

公式の紹介動画もありました。



気になるポイント


個人的によさそうだなと思ったポイントを挙げてみます。

■バンド部分にFeliCa
個人的にちょっといいなと思ったのは、wena wristはバンド部分がFeliCaを搭載しているため、手首をかざすだけでお買い物ができる事ですね。このバンド、ラグ幅が22mmのヘッドなら交換可能とのことなので、手持ちの時計のサイズが合えば、他の時計にも使用できるようです。

■ヘッドやムーブメントはシチズン製
wena wristのヘッド及びムーブメントはシチズン製。肝心の時計としての機能を損なわないよう、ヘッド部分はシチズン製というのは安心できますね。

■スーツにも合う
ヘッド部分のデザインも多様で、スーツにも似合うデザインの物もあります。
スマートウォッチというとどうしてもカジュアルなデザインに寄ってしまいがちなので、スーツを着ていても違和感のないデザインはいいですね。

もう少し待ちかなぁと思うポイント

私個人としてはもうちょっと購入は待ちかなぁというポイントもあります。

公式サイトに以下の様な記載がありました。

※1 2016年6月30日時点で発売済みのスマートウォッチにおいて。 wena project調べ。
※2 Android端末をお使いの方でも、一度設定して頂くと電子マネーをお使い頂けます。
wena wristの電子マネー機能は、初期設定時のみiOS端末が必要です。
初期設定は数分で完了します。ご家族やご友人のiOS端末を一時的に借りて設定することもできます。
その後はiOS/Android端末とペアリングし、wena wristの電子マネー機能をご利用頂けます。

wena

そうなんです。Android端末は完全対応ではないんですね。初期設定をするためにはiOS端末が必要です。
自身の物でなくてもよいようですが、一人でフルに使えないというのはちょっと…。
Androidが完全に対応したら再検討かなぁ…。

正直なところ…


ここまで読んでいただき、気づいた方もいると思いますが、私が思う事、多分同じことを思った方もいるでしょう。

そう

ヘッドはいいから、バンド部分だけ売ってくれないかな?


画像 wena

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする