Kindle Ultimatedを使ってみたら結構いいことが分かった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

kindlle_ulti
昨今、アマゾンプライム入会以降、Amazonのしもべと化している私ですが、Kindleオーナーズライブラリの月1冊無料だけでは飽き足らず、ついにアマゾンの読み放題サービス、Kindle Ultimatedに登録してしまったので、使ってみた感想をまとめてみたいと思います。
参考:アマゾンプライムに登録したら結構使えることが分かった

ネットの評判とはちょっと違う


『ネットの評判』っておめーんところもネット記事じゃねぇか

というツッコミはおいておいて、私が言っているのは「コミックが大量削除されて大不評」的な話の方です。
その原因と思われるものなんかは、下記のサイトさんの記事を読むとわかりやすいんですが…
Amazonプライムの本読み放題サービスPrime Readingはマンガ国家日本に来るのか – NaeNote

まぁつまりNaeNoteさんが言う通り漫画読みすぎなんですね。私はもう漫画を読むことはほとんどないので、あまり影響がありません。

というわけで漫画読み放題にはあまり期待はできませんが、その他のジャンルであればまだまだ使えます。

雑誌も大幅に減ったとのことですが、個人的には読みたい月刊誌は結構な数がKindle Ultimatedの対象となっています。

3冊読めばもとは取れる

Kindle Ultimatedは月額980円ですが、これは月刊誌で言えば2~3冊程度の価格と同じ金額になります。

私は昔コンビニのアルバイトをしていたんですが、当時の自分を振り返ると到底立ち読みというものができません。特に深夜の閑散としたコンビニの中で立ち読みをする勇気はありません(笑)

そんな理由もありまして、私は本は購入して読むんですが、なんせ狭い部屋に本が溜まっていくと邪魔で仕方ない。かといって、「あとでじっくり読もう」なんて流し読みをしたりもするんで保管はしておきたいんですよね。
ここで非常に重宝するのが電子データです。

電子データなら、かさばらないし、あとで読み返そうって時に劣化することもありませんし、置きっぱなしでホコリをかぶったり、湿気でヨレヨレ(どんな環境だ)になる事もありません。

読み放題となると何だかんだで本を読むようになる


これは私自身、意外な結果となったんですが、いざ入会してみると、普段読もうとも思わないような本を読んでみたりという事が起こるんですね。

直近で読んだ本はコレ


ネイティブに笑われないクールイングリッシュ ―日本人の9割はダサい英語を話している (impress QuickBooks)

まぁまず普段の私なら購入することは無いですね。でも読み放題なのをいいことに読んでみました。なかなか面白かったです。
中学生レベルの英会話すらままならない私としては、「とりあえずこれなら通じるだろ」としゃべっていた英語がまぁことごとく「ダサイ英語」だったのがいささかショックでしたが(笑)

本屋さんではそういったコーナーにすらまず行かないし、買わないことが前提なので目にしても絶対に手に取ったりしないような本でも、『定額で読める』となると手に取ってみて、読んでみるという事をするようになります。
これは自分としても予想外のことでした。


という事でKindle Ultimateは便利


という事で、Kindle Ultimateは非常に便利という事がわかりました。
普段定期的に読む本がKindle Ultimateにあるならば、ぜひとも入会してみるといいんじゃないかと思います。
月額980円ですが、1ヵ月の無料期間もありますのでまずは一度試してみるといいと思います。


あ、ちなみに付録付き雑誌の付録はもちろんつきませんので、その辺はご理解ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする