SO-02J こと Xperia X Compact を買ったのでレビューしてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

imag5096 ※今回の記事はGalaxy S7 Edgeを使っていた同僚がまとめてくれました

Xperai X Compactになぜか惹かれる今日この頃。スペックはハイエンドではなく、1世代前のミドルスペックだったり、素材がプラスチック丸出しで高級感の欠片もなかったりといまいち食指が動かない状態でしたが、なぜか惹かれるものがあったりするのがコンパクトモデルのXperiaなわけです。

購入については非常に迷いましたが

迷ったら買って後悔しろ

という、どこか誰かが言っていた言葉を基に、とりあえず買ってみることにしました。


スペック


■サイズ:129mm × 65mm × 9.5mm

これまでのXperiaコンパクトモデルとほぼ同様ですが、厚みが少し増しました。

■CPU:Qualcomm MSM8956

Snapdragon 650と呼ばれるSoCを採用しています。
1.8GHzで動くコアが2つと1.4GHzが4つの計6コア仕様となっています。
ミドルスペックの扱いではありますが、性能はXperia Z5などに採用されている Snapdragon 810に迫る性能があります。

■メモリ:3GB
これまでのコンパクトモデルはメモリは2GBと、ハイエンドモデルと違い心許ない容量でした。1GB増えることで余裕が生まれてサクサク動くようになります。

■ディスプレイ:4.6インチHDディスプレイ
解像度は1280 × 720 とこれまでと変わりありません。
解像度が低い分バッテリー持ちに繋がるため、性能よりバランスを取った形なのかもしれません。
これまでのコンパクトモデルのディスプレイの発色はやや青系統に振り切れていて、色あせている感じに見えていましたが
X Compactでは、黒の沈み込みがよく今までのディスプレイと比べるとかなり進歩したと感じます。
ただ、淡い色でなれた後に見るとちょっと色が濃いかなぁって気もします。

コンパクトモデルの売りであるバッテリー持ちとの兼ね合いなのか、ハイスペックにせずミドルスペックで、バッテリー持ちと発熱を抑えるというバランスの取れた端末に仕上がっています。

■カメラ
XZ、XCの売りのカメラですが、起動は速くなり、ホワイトバランスも気にせずに取れるようになってはいます。
が、Xperiaのお家芸なのかシャッターを押してから保存されるまでのタイムラグは存在しています。
ちなみにXperiaのカメラは23Mの画素がありますが、23Mで撮るよりも、各種内部処理が8Mに最適化されているようで、8Mで撮った方がきれいになるという仕様です。

■使用感
ここ最近はNexus5XやXperia Z5、 Galaxy S7 edge等の、5インチオーバーの端末を使っていました。
サイズ感や重量はコンパクトモデルだけあって、5インチオーバーの端末と比べると

ちっさ!!!

と感じるくらい小さいです。

サイズ感を比較してみる


HTC10との比較
20161125_130818 まずはじめにHTC10と比べてみます。一回り以上サイズが小さいのがわかります。

Galaxy S7 Edgeとの比較
imag5097 こちらも同様に一回り以上サイズが小さいですね。


手に持った時の感覚
imag5101
サイズは一回り以上Xperia X Compactのほうが小さいんですが、HTC10もGalaxy S7 Edgeも側面の角がラウンドしてるので、薄く感じます。

20161125_130805 横幅としてのサイズ感は明らかに小さいと感じますが、実際に手に持ってみると若干厚みがあるような感じになります。逆に言えば「しっかりと持てる」という解釈もできます。

動作の安定性について


ハイエンドモデルと比べてのサクサク具合は、体感では違いは全くなく、どれもサクサク動いています。
むしろ Galaxy S7 edge がたまにカクついてそれが気になってしまうくらいでした。



XCに関しては、今のところ急なカクツキなどもなくハイエンドモデルと遜色ない使用感です。

ちなみにスマホがカクつく原因の大半はストレージへのアクセスで詰まるときに発生するようです。
スマホの容量が圧迫した場合等に発生するため、遣い続けるとカクついてくるのはそのためです。
そのため、Galaxyなどではアクセス速度の速いストレージを使っているのですがXperiaはかたくなに世代の古いストレージを使用しています。

Galaxy S7 edgeを当分使っていたあとのXCではありますがミドルエンドなのにこうも動く端末なのかと感心させられる出来となっています。
デザインと素材感に抵抗がなければおすすめが出来ます。
といっても今のスマホはデザインや素材感に力を入れないでどうするんだとも言えますが…。

デザインについて

imag5099 Galaxy S7 edgeはたとえるなら飴細工のようなデザイン、XCは便器のようなデザインと見た目ではS7 edgeに完敗です。

でも、スマホはあくまで道具で使いやすいかどうかと割り切ればXCのデザインも有りと納得できそうです。

Galaxy S7 edgeも悪くはないんですよね…

有機ELの発色の良さやデザインの良さ、大画面でもコンパクトにまとめられたedge。

ただ、素に近いAndroidになれてしまうと、S7edgeのUXはちょっと合わないんですね。
それが今回 Xperia X Compactを購入した理由でもあります。

でもまぁ

小ささこそ正義!

コンパクトモデルの正当進化形でよく出来た一品に仕上がっているXperia X Compactは、この冬のおすすめ端末で間違いはありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする