プロスタッフのエックスマールワン・コーティングを試してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

imag4459
前回「エックスマールワン」を試してみましたが、今回はその姉妹品「エックスマールワン コーティング」を試してみます。

備考:エックスマールワンの記事はコチラ

エックスマールワンは研磨剤と石油系溶剤、界面活性剤とカルナバワックスの合わせ技の製品で、クレのLOOXのような製品でしたが、今回はガラス系コーティングに分類される製品となります。

今回購入したのは、300mlと180mlとある方の180mlの方。
180mlの方は容量の違いのほかに、マイクロファイバータオルがついてこないという違いもあります。


PROSTAFF(プロスタッフ) コーティング剤 エックスマールワン コーティング ノーコンパウンドタイプ 180ml S109 [HTRC2.1]

成分の違い


冒頭に書いた通り、エックスマールワンとエックスマールワンコーティングでは成分が違います。

これがエックスマールワンの成分
imag4449
こっちがエックスマールワンコーティングの成分
imag4518
研磨剤、ワックス成分がなくなり、代わりにガラス系ポリマー、シリコーンオイルが追加されています。

シリコーンオイルって結構簡単に光沢出るんですよね。一時的にではありますが。
まぁ私はその一時的なごまかしでも結構好きです。やっぱり洗車直後がテラテラしてないとテンション上がりませんよね(笑)


施工方法の違い


次に施工方法も変わります。

エックスマールワンは乾いたボディーに使用するタイプでしたが、エックスマールワンコーティングの方は乾いていても濡れていてもOKという形になります。
今のご時世というか流れというか、エックスマールワンの「乾いたボディーに施工」というのはネックだったと思います。
時間をかけずとも効果があるコーティング剤はありますし、時間をかけるならもっと効果が期待できるものもあります。その点では濡れたボディーに施工できるようになったというのは良いことだと思います。

あとは、エックスマールワンコーティングはボディーに吹きかけずに一度MFクロスに吹きかけてから塗りのばすようにと書いてあります。

施工できない場所の違い


imag4455 エックスマールワンはこんな感じで施工できない箇所がやたら多かったんですが、エックスマールワンコーティングはどうでしょう?

imag4505 少し減りましたね。コンパウンドとカルナバワックスがなくなったおかげだと思います。

車に施工してみる


では、車に施工してみたいと思います。
前回施工したのはエックスマールワン。特にリセット作業もせず、そのまま施工してみたいと思います。理由はまぁ面倒だからなんですけどね…。

imag4441 前回のエックスマールワンがこんな感じで水滴を弾いていたんですが…


imag4460 洗車後、濡れたボディーに吹き付けてみました。若干白い感じもしますが、ほぼ透明です。
エックスマールワンコーティングの方は水と溶けあっています。


施工後はこうなります。
imag4464
imag4461

あれ?結構いいんじゃない?


ヌラ~っというかテラ~っという仕上がりになります。多分シリコーンオイルのおかげじゃないかとは思いますが、これは悪くないかな。

撥水について


施工後何度か雨が降りましたが撥水状態は良いようです。コロコロとした水滴ができていました。
屋根の水滴は走り出すと後ろに流れ、ジョロロロ~っとリヤウィンドウを伝って流れていく感じ。結構いいですね。


パネルで比較してみる

imag4509 次にパネル比較です。

まずはエックスマールワンコーティング単体。

imag4510 パネル右側だけ施工しました。色はそれなりに変化してくれていますので、効果はあるようですね。

次にエックスマールワンとエックスマールワンコーティングとの比較です。

imag4512
imag4513 左にエックスマールワン、右がエックスマールワンコーティングです。
肉眼で見てもそうですが、エックスマールワンコーティングのほうが光沢感があり、傷が見えにくくなっています。

で、コレ、施工してみて感じたんですが

バリアスコートに似てるな

そう、(私的に)高級品のワコーズのバリアスコートです。スプレーした感じは、バリアスコートのほうがサラっとしているんですが、エアゾール缶なのもそうですが、ガラス系コーティング剤、クリーニング効果、パネル施工実験時にあのシャボン玉の虹色的なあの模様がでて、きたり、伸びが良いせいかなかなかふき取り切れない点、その他諸々含めてなんとなくバリアスコートっぽいなと思ったんで、比べてみました。


imag4515
imag4516 左にバリアスコート、右がエックスマールワンコーティング。

左右比較しても大きな差は無いように見えます。エックスマールワンコーティングって結構優秀なのかもしれませんね。


で、一見同じような2製品ですが、明確な違いがありました。


バリアスコートのほうが圧倒的にクサい


この鼻にツーンとくる匂いはバリアスコートのほうが圧倒的に上ですね。この部分は全然違いました。


総評


ということでエックスマールワンコーティングのレビューをしてましたが

それなりに良いようだ

という結果になりました。

シリコーンオイルによる一時的な光沢感かとも思ったんですが、施工後数回の雨でもちゃんと撥水していますし、光沢感も残っていました。
これは個人的にもう一回施工してみたい製品です。
以前レビューしたイオンシャインもそうですが、「また効果を試してみたい」と思う製品はなかなかないので、それを考えるとこれは当たりだと思いました。

コメント

  1. 匿名 より:

    いつもコーティング剤の比較に閲覧させていただいております。
    このコーティング剤、紫外線吸収剤が入ってるのでヘッドライト専用で使っているのですがソナックスのエクストリームシャインディテイラーとどっちのほうが耐久性ありますか?
    現在はコスパ的にソナックスをボディに、ヘッドライトはエックスマールワンといった感じでつかっているのですが・・・スプレー式だとすぐになくなりそうな感じがするんですよね

    • 鑑人 より:

      匿名さん

      コメントありがとうございます!

      う~ん、耐久性となりますと、私も最近エックスマールワンコーティングを試したばかりなのでお役に立てそうな意見が言えそうにありません。すみません…。

      「スプレー式はすぐなくなりそう」

      これについては同じ感覚を私も持っております(笑)

      ヘッドライトだけならばエックスマールワンコーティングを継続してもいいのではないでしょうか。私が同じ状況ならばそうします。
      あと、洗車の頻度にもよりますが、流石に1~2週程度で消えてなくなるという事もないと思いますので…。

  2. 03E46乗り より:

    こんにちは。以前からちょくちょく見させて頂いておりました。
    この製品気になっていたので参考になりました。
    私はずっとブリスを使っていたのですが、さすがにちょっと高いなと思いここ1年ほどはプレクサスを使ってます。
    車の色はアルピンホワイトなので黒ほどムラも傷も目立たないのですが、プレクサスの傷隠し能力と、テラっとしたツヤを重宝してます。
    ドンキで安く買えるうちはこれかなと思っていたのですが、最近お店でよく見るエックスマールワンコーティングが気になってます。
    傷隠しできて長持ちならこっちにしようかなあと思いますが、プレクサスとくらべてみてどうでしょうか?

    • 鑑人 より:

      03E46乗り さん

      こんにちは!コメントありがとうございます!

      お名前はもちろんお乗りの車からですよね?コメントいただけてうれしいです。

      私の所感で宜しければではありますが、プレクサスとエックスマールワンコーティングの比較ですが、艶と傷の隠蔽具合で言ったら圧倒的にプレクサスです。
      耐久性は…ちょうど耐久性の比較実験のあとにコレを買ったので何とも…という所ではあるんですけれども、経験上エックスマールワンコーティングのほうが耐久性があるだろうと思われます。

      というかプレクサスのほうが耐久性という面では全く信用していないというのもあります(笑)
      プレクサスは「当日だけでも凄く綺麗な状態で出かけたい」とか、「翌週まで効果が続けばいいや」といった感じで、ある種ドーピング剤のようものとして、割り切って使っています。

      継続して使いながらある程度の耐久性を求めるなら、エックスマールワンコーティング、週1回とか2週に1回とか、ある程度高めの頻度で洗車ができるならプレクサス継続でいいんじゃないかなぁと思います。

      ご期待に添えられる回答ができたか不安ですが、参考程度にしていただければと思います。