Xperia Z3 CompactことSO-02GをAndroid 6.0にrootを維持しながらアップデートした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

XperiaZ3 Compact SO-02G

すっかり忘れていましたが 2016年8月9日 にZ3 CompactにAndroid 6.0 Marshmallow へのアップデートが配信されていました。

Z4以降はSystem領域に手を加えると再起動をするという機能が加えたれているため、Z3系も6.0へのアップデートで同じ機能が加わるのではと思っていましたが、どうやらそんな事は無かったようです。

そのため、アップデートはrootを維持したまま行ってみることにしました。

準備するもの


・SO-04G用 「23.5.B.0.303」のFTFファイル
これはXperiFirmからXperia A4用のFTFファイルをダウンロードして流用します。
Xperia Z3 Compact用のFTFが存在しないので仕方なく姉妹機であるA4に頼ることになります。

・PRFCreator
http://forum.xda-developers.com/crossdevice-dev/sony/tool-prfcreator-easily-create-pre-t2859904

・dummy_flashable.zip
http://forum.xda-developers.com/showpost.php?p=66956766&;postcount=994

・RecRoot V4
http://forum.xda-developers.com/z3/general/wip-sony-android-6-0-mm-t3337357

・Root化してカスタムリカバリー導入済みのXperia Z3 Compact

・へこたれないココロ

手順

1.XperiFirmを使用してFTFに必要なデータをダウンロード
XperiFirmを起動して左のリストからXperiaA4を選びます。
選択すると、モデルが表示されますので、「SO-04G」を選択します。
真ん中のリストにファームウェアのバージョンが表示されるため、「23.5.B.0.303」を確認して選択します。
通常は、最新のバージョンのみ表示されるはずです。
右のリストに表示されている項目を選択して「download」を選択します。
ファイル容量が大きいので少し時間はかかります。

2.Flashtoolと使用してFTFファイルを生成する
Flashtoolを起動して、Tools -> Bundles -> Create と進め、1で保存したファイルのフォルダを選択します。
左のリストに表示された項目を全て選択して、右の項目に移動します。
BrandingやVersionを入力して「Create」を押します。
数分ほどでFTFファイルが作成されます。

3.Preroot.zipを作成する
PRFCreator.exeを起動し「FTF File」に2で作成したFTFファイルを選択します。
「SuperSU Zip」にはダウンロードしておいたdummy_flashable.zipを選択します。
「Recovery Zip」にはダウンロードしておいたRecRoot V4.zipを選択します。
これを選択しておかないとRootを維持したままアップデートが出来ません。
IncludeはKernelだけにチェックを入れます。
設定をした後、Createを押します。
※今までは SuperSU Zip にSuperSUの入ったファイルを選択していましたが、これまでと同じようにSuperSUを接待した場合ブートループになりますので気をつけてください。

4.作成したPreroot.Zipをリカバリーツールから焼く
再起動をして、リカバリーツールを起動します。
リカバリーツールより3で作成したpreroot.zipをインストールします。
インストール後はCashを削除して再起動します。

5.無事に起動することを祈る
最初の起動ではアップグレード作業や、アプリのARTへの変更等で結構時間がかかります。

6.Android 6.0 Marshmallowを楽しむ!
3.でSuperSUも同梱しているので、rootも維持してくれています。

注意点その他

アップデート手順は5.0にrootを維持したままアップデートをする時と同じになりますが、気をつけるのは「SuperSU ZipにSuperSU.Zipを入れない」という点です。
Recovery Zipに入れた「RecRoot V4.zip」がリカバリーのインストールとroot化になっています。

UIも5.0とほぼ変わりは無いので目新しさに欠けますが安定感は増しているのかなと思います。OSも6.0.1と、なにげにZ5よりも新しいという謎なZ3系の6.0でした。

やはりroot化となりますので、今回も毎度おなじみではありますが
root化、ファームの焼き直し等の作業については常に

「自己責任で」

お願いします!

「起動しない!」「うまくいかない!」系のコメントをいただきましても、気づくのに時間がかかったり、「頑張ってください」しか言えない状況だったりということがしばしばありますので…。重ねて言いますが「自己責任で」宜しくお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする