今更ながらGTX960を購入してGTX660と比較してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

IMAG4372 今回、グラフィックボードを新しくするということでコイツを購入しました。


玄人志向 ビデオカードGEFORCE GTX 960搭載 4GBメモリ ショート基板 オーバークロックモデル GF-GTX960-E4GB/OC2/SHORT
つい先日まで「GTX1080が出るぞー!」「RX480がでるぞー!」とか言ってた私ですが、今回いまさらながらGTX960を購入しました。

本当にいまさらだなオイ

という突っ込みはご勘弁ください。購入に至った経緯にはちゃんと理由があります。

購入の経緯


まぁ最初に結論から言ってしまうと

安かったから


なんですが、理由がありまして、この玄人志向のGTX960 のオーバークロックモデルの4GB。アマゾンでセールやってたんですよね。その価格なんと14053円。
「うわーやっすいなー」とか思って、購入ボタンを押そうと思ったら売り切れ…。買っておけばよかったと後悔。
手持ちのGTX660はOEMでコアも違うし、クロックも低いし、中からピンが折れて出てきたし、いつかは買い替えないといけないなぁと思っていたんで、素直に買っておけばよかったんですね。

そしたら出るわ出るわ転売が。マーケットプレイスからヤフオクまでありとあらゆるところに。

これに関してもマーケットプレイスは17000円あたりから始まり、結局2万オーバーに落ち着くと。まごまごしている間に期を逃しているかなぁと思まして、転売とはわかっていても17000円前後で買えるうちにと買ってしまったわけです。


ちなみに同価格帯だと「RADEON RX460」がありますが、こちらは性能的にはGTX960には到底及ばず、RX470になると高い。ついでにGTX1060なんかも射程圏に入ってきてキリがない。



そしてGTX960については生産は終わっているので在庫品のみ。在庫品のみになったグラボって最終的に価格が落ちなくなるんですよね。中古品でもおそらくしばらくの間15000円以上が相場になると踏んでいるので、これなら待っていても仕方がありません。買える時に買っておいたほうがいいだろうってことでの購入です。

たぶん今がGTX960の買い時

GTX960が生産終了となった今、次モデルのGTX10XX系がメインとなり、在庫を抱えているところはとっととさばいてしまいたいはず。アマゾンのセールもそれが目的だったんじゃないかと勝手に思っているんですが、今なら価格が落ちたセール品の購入ができるチャンスがまだあるかもしれません。
とりあえず2万円未満で買えそうなら飛びついてもいいんじゃないかと思います。


GTX960とGTX660を比較してみた


前置きが長くなりましたが、それではGTX660との比較をしてみたいと思います。

まず、PC構成が前回の8800GT→GTX660への変更時から変わっておりまして、こんな感じになっております。

cpu-z1 cpu-z2 cpu-z3
Corei7のメモリ24GBとなると一見すごく見えますが

ほとんど中古品か、いただきもの(笑)

新品で購入する金なぞあるわけがありません…。

外観の違いについて
IMAG4374
ショート基盤だけあり、かなりカード長が短くなっていますね。GTX660がリファレンスクーラーだというのもありますが、かなりすっきりしています。

IMAG4375
重ねてみると長さの違いが一目瞭然ですね。


次にベンチマークを回してみたいと思います。

グラフィックボードの基本性能ですが

【GTX660(OEM)】
■GPU
ベースクロック:823 MHz
ブーストクロック:888 MHz
テクスチャ・フィル速度:79

■メモリスペック
メモリクロック ( Gbps ):5.8
メモリ量:1.5 GB


【GTX960】
■GPU
ベースクロック:1190MHz
ブーストクロック:1253MHz

■メモリスペック
メモリクロック ( Gbps ):7.01
メモリ量:4.0 GB

このGTX660 OEM は本当にがっかりしましたね。ヤフオクで落札して「GTX660とGTX660 OEMは違うぞ!!」って言っても日本語全然通じないし、しまいにはアカウントごと消えてるし…。
でも今回のGTX960は新品!そして出所も予測可能!これは安心です。

比較についてはFFXIVのベンチの最高品質設定のフルスクリーン表示での結果です。

GTX660の結果がコレ
ffxiv_dx11 2016-08-23 22-07-56-54
GTX960の結果がコレ
ffxiv_dx11 2016-08-24 22-43-51-04
スコアが大幅に上がって、「快適」から「非常に快適」になってますね。これは素晴らしい!

ファンの静寂性について

冷却性能とファンの静寂性についてですが、これについては申し分ない感じでした。
一緒に入ってるユーティリティーソフトの「xtreme tuner plus」で温度を見てましたが、なかなか70℃以上にはならず、そしてファン回転数がある程度上がっても特にうるさいと感じることはありませんでした。
さすがに100%近辺まで手動で回転数を上げてやった場合は結構うるさくなりますが、回転数30%くらいだとほとんど聞こえません。

xtreme tuner plusの使い方がイマイチわからない

非常に困ったのが「xtreme tuner plus」の使い方。モニタリングするだけならいいんですが、表側のインターフェースにグラフィックの動作レベルと温度のバーがあって、こいつをいじると温度ごとに回転数変わるのかなと思ったんだけど違うようですね。
どうやらある一定の動作%や、温度を超えないように制御するための項目のようです。

ファンの回転数を固定する場合や、回転数を変化させる温度などを設定したい場合は別の項目から行うようですね。
これについては別途まとめてみたいと思いますが…英語表記なんだよなぁ…。

オーバークロックについては長く使いたいので寿命を延ばすためにもやらないでおきます…。

ゲームプレイでの感想

で、もうだいぶ前にFFXIVはアンインストールしてしまっているのですが、ちょうどいまディビジョンをプレイしていたのでグラフィック設定を変更してみました。

GTX660時代は基本的に低設定。中設定にすると若干違和感が出る、高設定にするとガガガガガといった感じになる。といった状態でしたが、GTX960に変更後は中でスルスルと動く状態、高で少しだけ違和感あるかなといったレベルで動作してくれました。
やはり実際にプレイしているもので変化が起こると嬉しいですね。

総評


ということで今回の購入したGTX960についての感想。

買ってよかった!!

でもはやり、14000円で買えなかったのは悔しいですが、そこはもうひとえに自分の決断力の鈍さが原因ですので諦めます。
しばらくAmazonでGTX960は検索しません。さらに安くなっていたらきっと立ち直れない…。


基本的な性能レビューなんかは発売当時に出尽くしていると思いますんで、いまさらこれが皆さんの参考になったかは謎ですが、個人の感想レベルでは非常に満足です。
RX460あたりで考えている方、もしかしたらGTX960が安くなっているかもしれませんよ?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする