HTC10の純正 ICE VIEWケースを使ってみての感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

IMAG3978
さて、HTC10の購入から数週間経過しましたが、購入時に一緒に買ったICE VIEWケースの感想をまとめてみたいと思います。

買ってよかったのか

IMAG3974 先に結論だけ述べますと

買ってよかった!

この一言に尽きますね。5000円のケースというと少し割高感はありますが、それでも買ってよかったかなぁと思います。

まずは傷防止のために

IMAG3975
HTC J ONEが落としたりなどで最後の方はズタボロだったこともあり、今回は大事に使いたいなと思っていました。

ボディーが思いのほかツルツルした作りだったので、落としそうな気がしていたのでこのカバーをしたことでの安心感は凄いです。

ICE VIEW の時計表示が綺麗

IMAG3981 このICE VIEWの時計。結構気に入っています。綺麗ですよね。

閉じたままでも情報が確認できる

IMAG3982 この画面のままカメラを起動したりって事が出来るんですが、やっぱり細かいことは蓋をあけて使った方が見やすいので、「蓋を閉じたままある程度のことはできる」ってのがウリのice viewケースではあるんですが、それについては特にメリットに感じないかな?

でも、閉じた状態でも着信の相手が誰か、LINEやメールが来てるってのがわかるだけでも十分に便利です。そのまま電話に出ることもできますしね。

思ったより汚れない


シリコンケースというと、ほこりまみれになって、そして埃が中々落ちないというイメージがあったんですが、ICE VIEWケースはそんなこともなく、埃がついても軽く払うだけで落ちます。
これが個人的に結構高評価です。


開閉だけで画面制御ができるのがいい

IMAG3980 まず第一に、HTC10のサイドの電源ボタンは結構重いです。HTC J ONEのように軽くありません。

なので、蓋をパタンと閉じただけで画面消灯でスリープしてくれるのは凄く便利です。
時間の確認等は、HTC10は電源ボタンを押さずとも画面を2回タップするだけでスリープから起動してくれるので、蓋をしたまま画面タップで時間の確認、通知の確認ができます。これも非常に便利です。

どうもこのケースのHTCのロゴ部分が磁石になっているようでして、この磁石とその他もろもろで画面の開閉を確認しているのではないかと思われます。

もちろんデメリットもある


純正ケースとはいえデメリットもあります。

1.とにかく端末がデカく感じる
これはもうケースをする以上は覚悟しておかないといけない点ですね。カバーを外したときの「薄っ!!!」みたいな感じが凄いです。

2.放熱がちょっと心配
普段使いでは全く心配いりませんが、負荷がかかるアプリ等を起動するとおのずと発熱します。
この熱がこもってしまいそうで少し心配になります。

3.蓋が邪魔
「お前は何を言っているんだ?」と言われてしまいそうですが、これまでカバー無しでスマホを使ってきた身としましては、この蓋が結構邪魔です。
前述の通り、蓋の良さを謳っている点と相反する所ではありますが、ちょいちょい蓋が邪魔に感じることがあります。
まぁこれは慣れの問題でしょうね。


総評


という事で、せっかくメタルボディーの発売を待って買ったにもかかわらず、カバーをしてしまったがゆえにメタルボディーを堪能できないとかありますが、やっぱりカバーのある安心感は違いますね。
ICE VIEW液晶も気に入っていますし、今後DOT VIEWのコンパニオンアプリみたいに自分なりにカスタマイズもできるようなるのも一応期待できます。

最初にに結論は述べてしまいましたが、やはり「買ってよかった」と思えるケースです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする