マウスコンピュータのスティック型PC「m-Stickシリーズ MS-NH1」を買ってみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

IMAG3945 前々から少し気になってはいたんですが、スペック的に買う事はまずないだろうって事でスルーしていたマウスコンピュータのスティック型PC。

今回はこのスティック型PCを買う機会があったのでレビューしてみたいと思います。

今回購入したのは

m-Stickシリーズ MS-NH1
icon
icon
スペックの概要ですが
モデル名:MS-NH1-W10
OS:Windows 10 Home 32bit
CPU:インテル Atomプロセッサー Z3735F(4コア / 1.33GHz / 2MB スマートキャッシュ)
メモリ:2GB
メモリタイプ:PC3-10600 DDR3L
ストレージ:32GB eMMC

こんな感じ。とにもかくにもPCとしての最低限の機能を満たすためのものなので、アレコレやりたいって人は普通にPCを買いましょう。

「本格的なPCはいらない。時々使えればいい」

とか

「最低限度、ネットとメールが出来ればそれでいい」

という方はこれで十分だと思います。

でもやっぱり過度な期待はしない方がいいですね。


使ってみた感想

IMAG3942 届いたパッケージは非常にこじんまりとしています。

中身を広げてみるとこんな感じ。

IMAG3944
とりあえず、その辺のPCよりは起動は早い。
HDDではないのと、余計なソフトが入っていないおかげだとは思いますが、起動速度は速いですね。

なんだか問題ないっぽい
とりあえずGoogle Chromeをインストールしてアレコレいじってみましたが普通に見れています。

一体型キーボードとかが無いとしんどい
USBポートが一つしかないため、通常のキーボードとマウスを使うにはポートが足りません。
Bluetooth接続のキーボードがあれば色々解決しそうです。
Bluetoothのキーボードが無い場合は、マウスを使いたいときはマウスを、キーボードを使いたいときはキーボードをと抜き差ししないといけません。これが非常に面倒です。

本体は結構熱くなる
これはまあ仕方ないんでしょうけど、このスティックが結構熱くなります。
触って火傷するほどではないんですが、「大丈夫なのかな?」と心配になる程度には熱くなります。

有効活用するためにはどうしたらいいか
基本的に内蔵ストレージは32GBしかないので、オンラインストレージを使うのがよさそうですね。
NASを用意するか、Goobleドライブを使って本体ストレージは使わないようにするのが無難でしょう。

次に入力デバイスですが、既述の通りBluetoothで接続した方がよさそうです。
オフィスもGoogleドキュメントとかスプレッドシートを使うのがよさそうです。

とにもかくにも

「本体には余計なものを入れない」

という風に使えば活用できそうです。

m-Stickシリーズ MS-NH1

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする