アメリカのアマゾンでの商品購入方法をまとめてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

amazon_pc1

アメリカのAmazonで買いたい

ネットで欲しい商品を探していると時々当たる壁があります。

それは

輸入品の価格の高さ

日本の販売代理店が輸入したりして、送料やら手数料が上乗せされている価格なので仕方ないんですが「直接買ったらどうなるんだろう?」って思う事、ありますよね。

なので、今回は米アマゾンから直接商品を購入してみたのでその方法をまとめようと思います。

私が試した方法なので多少誤訳や誤差はあるかと思いますが・・・・多分大丈夫ではないかと。

ちなみに、購入してみた感想としては

思ってたよりもすげー簡単だった

って言う感じですかね。

「うわぁぁぁ!英語が攻めてきたぞ―――!」

とならずに、落ち着いてよく読めば別に難しいことはありません。
こまったらGoolge翻訳に任せればなんとなくでも意味が分かります。

注意点

ひとまず購入を始める前に留意しておかなくてはいけないことをまとめておきます。

・日本語のサポートは期待できない
・不良品等のトラブルがあった時のやり取りは英語
・関税でストップする可能性もある
・商品はすぐには届かない
・為替レートで価格がかわる

留意する必要があるのはこの辺でしょうか。
これが嫌な場合は「めんどくさいいろんなことを回避するための手数料」と考えて日本のAmazonで買った方が無難です。

ひとまず、自分がやった時の手順はまとめますが

試すときは自己責任で

お願いします。

購入の手順

1.まずは米アマゾンにアクセス
amazon_pc1
アメリカのAmazonにアクセスします。URLが微妙に違います。
日本のアマゾンが amazon.co.jp
アメリカのアマゾンが amazon.com
です。

ここからAmazon.comに移動できます。

Amazon.comへ進む

トップページを開くと、律儀に

日本で買いましょう
「日本で買おう?ね?」

と言われます。これでバナーを踏むと日本Amazonに誘導されますので、ここはスルー。

2.商品を選ぶ

amazon_sp_search 次に商品を選びます。言わずもがなですが、商品名は日本語で検索しても出てきません。英語の商品名で検索しましょう。

3.日本へ発送できる商品か確認する

米アマゾンで取り扱っている商品の中でも、国外発送できる商品とできない商品があります。
国外発送が可能な商品の見分け方ですが、商品ページの中、キャプチャはPC画面なんですが画面の下の方・・・・赤枠で囲ったところ。

Amazon.com- Sonax
International shipping」という項目があります。

ここが

cant_international_shipping
This item is not eligible for international shipping

となっている商品は国外発送に対応していません。

international_shipping
This item can be shipped to select countries outside of the U.S

となっていれば国外発送対応商品です。

マーケットプレイスでAmazon以外から海外発送対応の所から購入すれば行けそうなんですが、そこは試していないので割愛。まずは、米アマゾンでAmazonが販売者になっている商品を確実に購入するところから試します。

4.普通には買えない商品もある模様

only_prime
私が最初に買おうとした商品がなぜかカートに入れられず、困ったんですがよくよく見ると

Exclusively for Prime Members

とカートに入れるボタンが青くなっていました。どうやらこうなっている商品は「米アマゾンの」Amazonプライム会員でないと購入ができないようです。

あとは「Add-on-item」のラベルがある商品。

このラベルがある商品は、単体では購入できず、合計で$25以上になった後じゃないと購入できない商品のようです。

5.カートに入れる

カートに入れるのはボタン配置などは日本のAmazonと同じなので、迷う事はないかと思いますが、「Qty」が数量、「Add to Cart」でカートに商品が入ります。

商品をカートに入れるとカートの画面に移動しますがまだまだ商品を探したい場合は、戻るボタンや、商品検索でまた戻ることができます。

6.購入へ進む
購入する商品が決まったら、カートのマークからカート画面に入り
screenshotshare_20160616_001825
Proceed to checkout

を選択します。

会員登録や、ログインが済んでいない場合はここでログイン画面に飛ばされます。

amazon_pc2 アカウントを持っていない場合は

Create a new Amazon account

を選択。

7.会員登録をする–アカウント作成–

Create a new Amazon account

を押すとアカウント情報の入力画面に移動します。

各画面の項目は以下の通り
amazon_pc3
Your name:名前をローマ字で入力します。
Email:ログインに使用するE-mailアドレスです。
Password:ログインに使用するパスワードです。
Password again:パスワードの確認なので同じものを入力します。

入力が終わったら「Create your Amazon account」を押します。

ちなみに入力項目に不備があるとこのような画面がでます。
amazon_pc4
Please enter your password」ならばパスワード不備
You must provide a name」ならば名前不備
Please check that your passwords match and try again」ならば、入力したパスワードと確認用パスワードが一致していません。

以上をちゃんと入力して会員登録が完了したならば再度購入の続きです。

8.住所情報の入力
住所入力
PC用の画面の方が説明がしやすいのでPC用の画面を参考にします。
スマホで見たときも、項目名が端折ってあったりしますが、基本的に入力項目は同じなので、同じ英文を探してもらえれば問題なく先に進めるかと思われます。

面倒ですが、住所は一度設定してしまえばAmazon.comに保管されるので頑張って入力しましょう。

全てローマ字入力です。
ここで1点注意事項として、海外の場合は住所は日本の住所表記と逆になります。

東京都新宿区西新宿2丁目8-1 といった住所の場合

Nishishinjuku 2-8-1 Shinjuku-ku Tokyo

といった感じに「部屋番号 建物名 番地 町名 (区) 市町村」 の順になります

Full name :フルネームを入力します
Address line 1 :部屋番号 建物名 番地 町名
Address line 2 :「Address line1 」に収まらないときにこっちに残りを入れます
City : 市区町村
State/Province/Region : 都道府県
Zip : 郵便番号です
Phone number:電話番号を入力します。+81の国コードが必要かと思うんですが、既に国を選択しているので普通の電話番号でも問題なさそうです。
Country:ドロップダウンで「United States」となっている項目があれば国の選択欄ですのでJapanを選択しましょう

基本的な住所の項目は以上

Additional Address Detaillsの項目については下記の通り

Deliver on Sturday:土曜に送ってほしい
Deliver on Sunday:日曜に送ってほしい
Don’t deliver on weekends:週末には送らないで

という設定なんですが、国外発送の場合、この項目を守ってくれるかは不明です。

Securty access code:これは多分ビルなどに入るためのセキュリティーコードですね。個人宅というか日本の場合は不要かと思われます。

Use this address as my billing address

という項目は「この住所は支払いに使用する住所と同じ」という項目です。

以上を入力したら

Use this address

を押します。

9.発送オプションの選択
発送方法
基本的にそのままの設定でいいと思いますが

Choose a delivery option」の項目は配達速度の速さです。

AmazonGlobal Standard Shipping : 大体9~14営業日で届きます
AmazonGlobal Expedited Shipping : 大体6~10営業日で届きます
AmazonGlobal Priority Shipping : 最短で届きます

最初は「AmazonGlobal Standard Shipping」が選択されているはずです。
他を選ぶと到着が早くなる分だけ送料が増えます。安く購入するのが目的でAmazon.comを使うならば素直に「AmazonGlobal Standard Shipping」を選択した方が無難でしょう。

Choose a shipping preference」の項目は発送をまとめるか在庫があるなら別々でも送るかって設定(のはず)
これも余計な手続きが発生したら面倒なので「Group my items into as few shipments as possible」を選択。

Continue」を押して先に進みます。

10.カードの登録

支払方法については、日本のように代引きや前振込は選択できないのでカードの登録が必要になります。

カード登録
Name on card:カード名義
Card number:カード番号
Expiration date:有効期限

以上を入力したら「Add your card」へ先に進みます。

11.支払方法の選択
screenshotshare_20160616_193323 カードしか使えないので登録したカードを選択して「Continue

12.購入の確定
screenshotshare_20160616_193400Order Summary」の画面が最終確認画面です。

選べるのは支払通貨のみ。

円で決済するかドルで決済するかは、Amazon.comのレートが表示されているのでそちらを見て決めましょう。
後々わかりやすいのは円決済ですね。

13.購入の確定

Place your order ***」(***はJPYかUSDの選択した方)

を押すと注文確定です。これを押すと注文確定ですのでよく確認してから押しましょう。

注文履歴は

アカウント管理画面の「Your Orders」から確認できます。

これであとは商品が届くのを待つだけですね。
気長に待ちましょう。

補足1:Pay in JPY with 1-clickに注意


アカウント登録が完了すると「Pay in JPY with 1-click」というボタンが商品画面に出てくるようになります。
これを不用意に押さないように注意してください。

一撃で購入完了になります

これは私もやってしまったんですが、スマホでページをスクロールしている最中に間違って触ってしまい購入完了となってしまいました。

クレカも登録済みなので、間違って購入して気づかないでいると課金されて発送されてしまうので注意してください。

補足2:間違って注文してしまったら


上記のように間違って注文してしまっても、キャンセルはできます。
日本Amazonのように即出荷準備中になってキャンセルできないという事は無いようです。

アカウント管理画面の「Your Orders」の中に注文した商品があります。その中に「Cancel items」というものがあります。そこから進んで、キャンセルしたい商品にチェックを入れ、「Reason for cancellation」を選択。ミスの場合は「Order Created by Mistake」を選択すればいいでしょう。

あとは「Cancel checked items」を押せばキャンセルされます。

私の場合、前日夜に購入手続きをした注文が翌日午後にもキャンセルが出来たのでそれなりに猶予はあるようです。
ただ、アマゾン側の出荷のタイミングなどもあるかと思いますので、モタモタしてるとキャンセルできなくなってしまうかもしれませんので、速やかに行った方がよさそうです。

まとめ


以上、米アマゾンからの商品の購入方法をまとめてみました。

海外からの購入となると非常にハードルが高い感じがしていたんですが、思いのほかすんなりいきました。
Amazonであれば日本Amazonとインターフェースが同じなので操作しやすいというのもありますね。

それと、買う前にためらっていた理由に送料があるんですが

送料安くない??

海外からの発送だとべらぼうに送料が高くなって、「結局日本で買うのと変わらなかった」なんてことになるかと思ったんですが、そんな事は特になく、今回の購入では1500円程で済みました。
購入額がもっと安いと700円くらいになったりもするようなので、送料面でのハードルは低そうです。
※関税の関係で価格があがる商品もあるようです。

正直

もっと早く試してみればよかった…

とは思いますがとりあえずあとは商品が届くのを待つばかり。
楽しみですね。

Amazon.comへ進む

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする