GeForce GTX 1080が発表されたけど買えない人はどうすればいいのか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

GTX 1080 グラフィックスカード  GeForce

GTX 1080が発表

nvidiaより最新のグラフィックボード、GTX1080が発表されました。「GeForce?GTX?グラフィックボードとは何ぞや」という方のためにざっくり説明しますと

パソコンの映像処理をより高性能化させるパーツ

です。

通常のパソコンの運用では特に意識する必要はありませんが、高解像度のゲームや、動画エンコード等、画像処理を必要とする場合に必要になってくるパーツです。

ですので、関係ない人には全く関係のない部品です(笑)

そんなnvidiaのGeforce1080ですが、とにかくすごいの一言に尽きますね。
詳細はギガジンさんを読んでもらえればいいかと思われます。
前ハイエンドTITAN Xの2倍の性能&3倍の電力効率で3割も安いという化物グラボ「GeForce GTX 1080」をNVIDIAが発表

要約すると

・一世代前のグラフィックボードより高性能
・一世代前のグラフィックボードのSLI(2枚並行使用)より早い
・それなのに電力効率がよくなっている
・さらに、それなのに安い(約7万5000円)

という驚きの内容。

これは「買い」な製品ですが、ホイホイと7万5000円万円を出せるかと言われればそうもいきませんよね…。

買えない人はどうすればいい?


GTX9xx系が安くなるか?
さて、ここでねらい目になるんじゃないかと予想しているのが、このGTX10xx系グラフィックボードが出た後のGTX9xx系やそれより前の世代のグラフィックボード。

ハイエンドのGTX1080がこの価格帯なら相当値崩れしてくるのではないかと予想されます。
ヤフオクの中古相場はGTX1080が正式に販売開始されたら徐々に下がってくるのではないでしょうか。

1世代前のモデルに飛びついてもいいのか?
ただし、ここで気になるのが未発表のミドルクラス。
GTX1060などのミドルクラスのモデルがどの程度のスペックになってくるのかも気になります。
それによっては旧世代のハイエンドに飛びつくよりもGTX10xx系のミドルクラスの方が総合的に安上がりなんてこともありえます。

ドライバはどうなる?
さらにGTX1080はHTC Viveなどの、VRヘッドセット向けのコンテンツを前提とした作りになっているという事なので、ドライバもそれに対応してくる可能性は高いですね。旧世代のものがそのあたりに対応するのかといったところでも旧世代のものを購入してもいいのか迷う所ではありますが…

まぁどうせ金がないからGTX9xxかそれ未満のグラボを買う事になりそう。

今使用しているのがGTX660(OEM)。これを買い替えるとしてもどうせVRヘッドセットなどを使う事はなさそうですので、懐具合が厳しい方は中古のGTX9xx以下のグラボでもいいかもしれませんね。

私の狙いどころはGTX970あたりかなとひそかに思っています。

画像:nvidia

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする