ワコーズのバリアスコートを使ってみた

シェアする

DSCN0643
以前に、ポリラックの加水実験記事のコメント欄にて「ムースワン」と一緒に、紹介頂いたワコーズのバリアスコートのレビューをしてみようと思います。


今回購入したのがコチラ

バリアスコート2700円です。

バリアスコートについては前々から存在は知っていたんですが、価格が3000円近くと、個人的には少し高いかなぁという印象があったので、なかなか手が出せずにいました。

今回はコメント欄にて勧めていただいたこともありましたので、意を決して購入してみました。

バリアスコートとは

ワコーズから販売されているスプレータイプのガラス系コーティング剤です。

ワコーズ製品といいますと、前にも何かの記事で書きましたが、猛烈にプッシュする方と、猛烈に批判する方と両極端に分かれるイメージです。
個人的にスーパーフォアビークル、パワーエアコンプラス、フューエルワン、RECS、エンジンオイルのプロステージあたりは結構気に入っているんですが、この辺も「効果は気のせい」という方が結構いますね。

で、このバリアスコートについては大きく批判している方は少な目な感じ。
時々不満点を目にする事もありますが、概ね評価が良いようです。


バリアスコートの効果ですがスプレーしてふき取るだけで、汚れ落としとコーティングを行ってくれます。
「高密度ガラス系ポリマーとオリジナルポリマーレジン」のWハイブリッドポリマーが艶や傷の隠蔽をしてくれるそうで、効果は最長6ヶ月との事。
施工後は水洗いだけで光沢を維持できるようです。

洗浄力については「特殊ハイドロカーボン系洗浄剤」と界面活性剤が油汚れを落としてくれるとか。付着した虫の除去にも使えるようです。

施工してみる

DSCN0717 それでは早速車に施工してみようと思います。

同梱されているのはスプレー本体と、マイクロファイバータオル。
マイクロファイバータオルですが、この「クロスが凄い」的な評価もあるようですが、その辺のマイクロファイバータオルとあまり違いがあるようには思えませんでした。

DSCN0651 施工方法は上記のとおり、ボディーにスプレーして拭き取るだけです。
水分が残っていてもOKとの事ですが、今回は水分をふき取ってから施工してみようと思います。

DSCN0718 ボディーにスプレーしてみました。思った以上に透明なサラサラした液体です。

DSCN0719
DSCN0725
DSCN0727
DSCN0726
いかがでしょうか。写真は少し暗めですが、なかなか良い仕上がりになったと思います。

パネル実験をしてみる

DSCN0868 いつも通りパネルの右半分だけバリアスコートを施工してみました。
予想以上にパネルの色が変化してなかなか良い感じに仕上がっています。

これはなかなかよさそうな感じです。

ただし、この実験で分かったのですが、バリアスコートを完全に拭き取るのに結構苦労しました。油分のようなものが残り、すっきりさっぱり落ち切らないという状態だったので、車に施工した際にはさほど気になりませんでしたが、この辺に気を付ける必要がありそうです。
ティッシュペーパーに一瞬だけ吹き付け、パネルに伸ばしたのでパネルの面積に対する量としては多すぎたのかもしれません。もっと広い面積であれば問題ない気もします。

色々な製品と比較してみる

DSCN0932
スマートミストと比較


DSCN0913 次にスマートミストとの比較です。スマートミストは基準として使いやすいので重宝します。スマートミスト自体が効果が高い部類に入ります。

DSCN0915 左半分がスマートミスト、右半分がバリアスコートです。
肉眼での比較ですとバリアスコートのほうが若干色が濃い目です。

ムースワンとの比較


DSCN0923 次にムースワンとの比較です。左がムースワン、右がバリアスコートです。
ムースワンは以前の記事でレビューした通り、価格の割には使いやすい製品です。泡の弾力も強く、伸びもよいので使い勝手がよい製品だと思われます。

DSCN0925 いかがでしょうか。バリアスコートのほうが若干効果が高いように見えます。

CCウォーターゴールドとの比較


DSCN0928 次はCCウォーターゴールドとの比較。
これも同様に左半分がCCウォーターゴールド、右がバリアスコートです。
CCウォーターゴールドと遜色ない仕上がりとなりました。

水滴を落としてみる
DSCN0917 これもいつも通りの実験。スポイトで水滴を落とします。
比較対象はスマートミストです。

DSCN0918 水滴はコロコロとした丸い水滴が出来上がりました。

DSCN0921 パネルを傾けてみるとあっという間に水滴が流れ出しました。
水はけはかなり良いようですね。

総評

さて、今回購入したバリアスコートですが、価格が3000円程だというのを除けばなかなか良いもののようです。
あちらこちらで名前を聞くのも納得できます。

光沢も出ますし、水はけもよい。

ただ

少しばかり高いんだよなぁ

普段試供品サイズばかり試している私には若干高め。

ですが

意外に結構な回数使えそうです。車への施工が1回とあとはパネル実験で少し使いましたが、まだまだいけそうです。あと何回かは使えそうなので、決して割高というわけでもないようです。

ということで、以上バリアスコートのレビューでした。
少し高めですが気になる方は一度購入してみてもよい商品だと思います。

コメント

  1. 匿名 より:

    バリアスコートをレビューいただきありがとうございます。

    いつも拝見しております!

    自分は小型車のコンパクトカーなんですが20回以上施工できました、ワコーズに聞いたところ、1週間くらいで被膜として成分変化するようです、硬化なのかはわかりません(笑)
    重ね塗りすると雨日は細かい水滴がびっしりつきまして風でまとめて飛んでいきます。
    また、2~3日で艶の透明感が出ます。
    硬化型ガラスコーティングを施工する際に落とすのに苦労しました。なので定着性も重ね塗りするとすごく良さそうです。
    ワコーズ信者ではありませんが、なかなか良いコーティング剤と思います。3000円は高いですが回数的には一回の金額は低めかもしれません。
    今回は投資していただきありがとうございます。

    • 鑑人 より:

      匿名さん

      コメント&ご愛読いただきましてありがとうございます!

      なるほど、成分変化のための期間が必要なのですね。
      施工直後でもそこそこ効果が見て取れたので楽しみです。
      ※アレコレ他の製品を試したい誘惑に負けそうですが…

      確かに1度あたりのコストは高くなさそうですね。
      水との親和性が良いようで、濡れたボディーに施工して伸ばすってのもできるようですので、さらにもちがよくなりそうですね。

      それにしても、販売元に直接お問い合わせとは…行動力に感服致しました。
      わたしはヘタレなので問い合わせもせずひっそりと実験を繰り返すばかり…

      こんなブログですが、これからもよろしくお願い致します!

  2. ワコーズ信者 より:

    こんばんは。はじめまして。アーマーオール施工についてネットサーフィンしてましたら、こちらの面白いブログにたどり着きました。
    さて、色々拝見してましたらバリアスコートについて記述があるではありませんか!!
    かくいう私も色々とコーティング剤を試してまして、しばらくゼロウォーターに落ち着いていたのですが、知り合いの中古自動車屋が薦めるバリアスコートが良いと言うので、試してみたら自分の洗車頻度と施工難易度のバランスが上手くはまり、現在ではワコーズ信者と言えるくらいどっぷり浸かってしまいました。
    最近は窓ガラスのウロコがとれなくて悩んでいたところ、ワコーズ商品の中にウロコレスなるものがありまして、試してみたら一発で頑固なウロコがとれちゃいまして、私的にはかなりオススメです。

    • 鑑人 より:

      ワコーズ信者 さん

      こんにちは!
      コメントありがとうございます!

      何ともストレートなお名前ですね(笑)。素敵です!

      ウロコレス…。キイロビンのような感じでしょうか。
      視界はクリアな方がいいですよね!

      現段階で私の車はまだクリアな状態なんですが、うろこが気になってきたらキイロビンと併せて比較してみたいと思います!情報ありがとうございます!