KUREのLOOXを使ってみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

IMAG3286
今回はKUREから販売されているLOOXレビューです。

LOOXですが、カーコーティング剤としてはイマイチ有名ではない気がします。時折「LOOXで十分」という意見を目にするんですが、カー用品店に行っても最近はやりのガラス系コーティング剤がメインで、あまり目立つところに置かれてはません。

そんなKUREのLOOXがどんなものなのか、試してみることにしました。

LOOXについて

IMAG3289
LOOKXの成分は

・界面活性剤
・合成ワックス
・カルナバワックス
・シリコーンオイル
・石油系溶剤
・研磨剤

ということで


あーなるほど

ワックスが入ってるんですね。これは今流行りのガラス系とはちょっと違いますね。ついでに研磨剤も入っているので、あまり頻繁には使えなさそうです。

車に施工してみる

IMAG3314 さてさて、それでは車に施工してみたいと思いますが、今回もボンネットだけです。

それではプシューっと…

IMAG3315
って

すげぇ飛び散るのな

スプレーの勢いがよさすぎるのか、泡がものすごく飛び散ります。ですので使用するときには、ボディーに直接吹きかけるのではなく、マイクロファイバータオルに吹き付けて伸ばすようにした方がよさそうです。

IMAG3319
吹き付けたLOOXを伸ばすようにしながら拭き取ってみましたが、予想していた通り1発では綺麗に取れませんでした。

そして

まぁー落ちねぇんだわ

カルナバワックス配合のせいか、これがまぁ取れない取れない。筋状にギラギラしてなかなかすっきりと落ちません。

これに対して、タオルを返し返し、フキフキしてやっとこきれいにするとこんな感じになります。

IMAG3320
IMAG3321
まぁ一応きれいにはなるのかな。でも特別「すごい!」ってほどでもないようです。これは結構面倒だなぁ。

パネル実験してみる

IMAG3508 車への施工は試したので、いつも通りのパネル実験です。

IMAG3509 思いっきり写真が白飛びして立体感がなくなってますが、これも泡状に出ています。

これを塗り伸ばして、マスキングテープをはがしてみました。

IMAG3510 まぁ妥当といえば妥当ですね。

合成ワックス、カルナバワックス、合成ワックスが入っているならばこの程度の変化は予想の範疇内。ずば抜けて「すごい!」って感じでもないですね。

グラスターゾルオートと比較してみる

IMAG3476
スプレー缶で泡状に出てきて気軽に購入できる製品といいますと、パッと思いつくのが昔ながらのグラスターゾルオート。これと比較してみます。
IMAG3511
IMAG3512
IMAG3513
まぁ、ワックス成分が含まれているだけあって、光沢感はLOOXのほうが上ですね。施工のしやすさでいえばグラスターゾルが圧倒的に上ですけど…。

LOOXの評価と使いどころ


以上、LOOX使ってみましたが

うーん…

微妙だなぁ。普段つかうには手間がかかるし、拭き取りは大変だし、私には使いどころが微妙すぎてなんとも言えません。

ということもあり、では他の方がどのように使っているのかと色々調べてみましたが、なるほどという使い道がありましえた。

まぁ要は「洗車頻度の問題」ということのようですね。

普段からピカピカボディーを維持しているような人にはあまり使いどころは少ないようですが、

普段はほとんど水洗い、もしくは洗車すらしない、傷だらけボディー、固着した汚れも結構残っているって感じの人にはこの1本がちょうどいいようです。

界面活性剤と石油系溶剤、研磨剤で汚れや傷を落としながらワックスがけまで一度にできてしまいますので、時々少し時間をかけて車をきれいにするという感じの使い方であればちょどいいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする