エルゴヒューマンをレビューしてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

エルゴヒューマン
早速ではありますが、コメント欄にてご指摘をいただきまして、わたくし「アーロンチェア」と「ハーマンミラー」と「エルゴヒューマン」がごっちゃになっていたんですね。
なんとも恥ずかしいのですがここで訂正とお詫びいたします。

以下、修正後の記事となります。

最近、デスクチェアについて調べる機会がありまして、おすすめのデスクチェアはないのかと調べていたんですが、そこで行き当たったのがアーロンチェア。
追記:勝手にアーロンチェアだと勘違いしていたのはエルゴヒューマンでした

価格は1脚で数万~10数万になります。
そんなエルゴヒューマンですが、ホイホイ購入できる価格でもなく、さらに買ってしまえば使い続けるをえないので、買う前の下調べを入念に行っている人も多いと思います。

今回は、そんなエルゴヒューマンがどんなものなのかレビューしてみたいと思います。

ハーマンミラーについて

追記:これもハーマンミラーについて調べた結果なんですけど、エルゴヒューマンと関係ないですよね…。恥ずかしい…。

アーロンチェアを作っているのは米国のミシガン州のジーランドに本社を置く「ハーマンミラー」という会社。
プロダクトとしてはオフィスチェアだけにとどまらず、デスクやスタンド等々オフィス製品や、リビングデザイン等々、ハイクオリティなデザインの製品を世に送り出している会社です。

そんなの知ってる

という方も多数いるくらいの有名企業ですね。

「椅子は座れればいい」とか言ってる私は名前くらいしか知りませんでしたが…。

アーロンチェアについて

次にアーロンチェアですが、人間工学に基づいていながらも、決して他社製品と似通ったデザインにならず、独自性を持った1つの製品を作ることにこだわりできたものがアーロンチェアです。

詳細については下記ハーマンミラーサイトの「デザインストーリー」のところを最後まで読んでいただければさらに詳しくわかると思います。
アーロンチェア|ハーマンミラー

エルゴヒューマンをレビューしてみる

追記:ここまで勘違いしたままエルゴヒューマンのレビューです。

さて、レビューをするにも私はエルゴヒューマンを所有していません



最近このエルゴヒューマンをレビューするきっかけになることが。

~~社内での会話~~

私「椅子調べてたんすけど、アーロンチェアって高いっすねぇ。」

上司「そうだね。10万以上するからね」

私「ですよねぇ。こんなんどんな人が買うんすかねw」

上司「私の椅子アーロンチェアだけど?」

私「え!?」

~~社内での会話おわり~~

追記:上のとおりの会話だと思ってたんですが、アーロンチェアって言ってなかったのかなぁ。兎にも角にもエルゴヒューマンはエルゴヒューマン。アーロンチェアとは別物ですね

ということで、勤務先ににエルゴヒューマンがあることが発覚。距離にして机を挟んで数メートルもないところにエルゴヒューマンが置いてありました(笑)

ずいぶん前から「独特な形の椅子だなぁ」と思ってたんですが…私の眼は節穴ですね(笑)

それならばと、さっそく使用者に感想を聞いてみました。

私「エルゴヒューマンってどうなんですか?」

上司「うん、いいよ♪」

……

まぁ「どう?」ってざっくり聞いたら「いいよ」ってざっくり返ってくるのは当たり前ですよね。

聞き方が悪かった。さらにつっこんで根ほり葉ほり聞き出した結果をまとめますと

・長時間座っていても疲れない

・可動域が多く自然な姿勢で座れる

・メッシュ地なので蒸れたりしない

・メッシュ地に髪の毛や衣服の繊維が絡まったりはしない

・もう既に数年使っているが壊れる気配は全くない

との事でした。

使用者の声は聞く事ができましたので、実際に私の方でもレビューをしてみたいと思います。

DSCN0383
まずは全体像。スタイリッシュですっきりしたデザインですね。いやらしい高級感が無く、機能性がありつつもしっかりとした作りです。

DSCN0384
背もたれ部分。ヘッドレストつきで背もたれにも可動部分があります。メッシュが透けて背面のアームが見て取れますが、しっかり保持されています。

DSCN0385
実際に座る部分もメッシュ地です。これが蒸れなくてよいという事ですが、私もこっそり座ってみました。

なるほど

確かにこれはいいですね。メッシュ地ではありますが、不安感は全くありません。数年使用しているとの事ですが全くヘタっているという感じもしません。普通の椅子なら同等の年数使用するとクッションが薄くなって硬くなったりしますが、エルゴヒューマンのほうはそんな感じは全くしません。

DSCN0386
寄ってみます。単純な編み目構造ではなく、太いラインと細いラインの組み合わせで編み込まれているようです。

DSCN0392
こちらが背面部分。シンプルなアームで支えられていますが、このアームが背もたれに寄り掛かったときに適度な弾力感を生み出してくれます。

以上、写真を撮りながら、マジマジとエルゴヒューマンをみてみましたが

私もほしいなぁ

と思いました。

多機能で、さらに耐久性も問題なし、座り心地抜群のエルゴヒューマン、私もほしいんですが、上司に言ったら

じゃぁもっと仕事がんばって!

と言われました。

ごもっともですね…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    アーロンチェアはアメリカのハーマンミラー社の椅子で、エルゴヒューマンは台湾のコンフォート社が作っている椅子です。

    • 鑑人 より:

      コメントありがとうございます!

      そしてご指摘ありがとうございます。

      これは恥ずかしいですね。非常に恥ずかしいですが、加筆修正いたします…。

      いやはや本当に恥ずかしいですね…。