プロスタッフの「CCワックスゴールド」を試してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 35

IMAG3391
以前CCワックスプラスのレビューをしましたが、CCワックスプラスが予想以上にヌラヌラ、テラテラの仕上がりになったので、今回は調子に乗ってCCワックスゴールドのレビューをしてみたいと思います。

車に施工してみる

IMAG3393 今回も車に施工するところからやってみたいと思います。内容物は、ワックス本体と、塗り込み用のマイクロファイバータオルです。

洗車後の乾いたボディーに施工するわけですが、面倒だったんでスポンジにとって塗り伸ばしてからふき取るようにしてみました。

すると

つけすぎるとすんげぇムラになるのな(笑)

CCワックスプラス同様に塗り込み不要タイプで硬めのCCワックスゴールドですが、スポンジで塗り伸ばすくらいつけるとふき取り時にムラになります。濃色車だと顕著に出ると思います。逆に淡色車の場合は目立たないんじゃないかなぁ。

ということで、素直にクロスにとって塗り込んでいくことにしました。



今回施工して分かったんですが、クロスにとって塗り込んでいくうちにクロスが全体的にワックス成分でいっぱいになっていきます。施工が後半になるほどクロスについたワックス成分が程よくなっていくので、ムラになっても目立ちにくいところから施工していくのがいいかもしれません。

施工した結果がこの通り。
IMAG3394
どうでしょう?

まぁ角度的にきれいに見える位置から撮っているので、写真だと判定は難しいと思いますが・・・。
仕上がりの感想さすが固形ワックスだけあって仕上がりは大満足。

っていうか、かなりいいんじゃないの…これ…?

ステマする気はさらさらないんで正直な感想です。仕上がりは非常にヌラヌラといい感じの仕上がりです。

IMAG3400
IMAG3396
IMAG3398
うーん、いい仕上がりだ…。

パネル実験をしてみる

IMAG3451
さて、今回のパネル実験はシュアラスター ブラックレーベル 「スーパーエクスクルーシブフォーミュラー」と、「CCワックスプラス」との比較です。
CCワックスゴールドとCCワックスプラスの比較
IMAG3454
まずはCCワックスプラスとの比較です。左側がCCワックスプラス、右側がCCワックスゴールドです。

IMAG3455
なるほど。CCワックスプラスよりも傷が目立たなくなった感じです。CCワックスのほうはコンパウンドが入っているので塗装表面の均一化と汚れ落とし効果があるんですが、単純に傷を目立たなくしたいだけならばCCワックスゴールドでいいかもしれません。

スーパーエクスクルーシブフォーミュラーと比較してみる
IMAG3459 次はシュアラスターのスーパーエクスクルーシブフォーミュラーとの比較です。
左がスーパーエクスクルーシブフォーミュラ、右がCCワックスプラスです。

IMAG3461
一目瞭然。圧倒的CCワックスゴールドのほうが傷が目立たなくツヤがある感じになりました。

結果は良好です。

っていうか

スーパーエクスクルーシブフォーミュラーはこれでいいのか…?

高かったんすけど…。

…まぁ今回はCCワックスゴールドの施工比較ってことで、シュアラスターのことは置いておきましょう。

総評


施工はしづらいけど効果は高い

というのが今回の感想。

拭き取り不要タイプということで、一見施工が簡単そうなイメージですが、つけすぎるとムラになるという点があるため、丁寧に施工する必要があります。でも、その点に気を付けて施工しさえすれば、かなりいい艶が出てきます。これは今後定期的に使うことになりそうです。
内容量は 100gと若干少なめで価格が2000円弱。少し割高な感じもしますが、これだけ艶が出てくれればいいかなといった感じです。薄塗りが前程なので早々に使い切るという事もないと思います。

これは、ワックスの中ではおすすめの部類に入りそうです。

以上、CCワックスゴールドのレビューでした!