プロスタッフのCCウォーターゴールドを試してみた

シェアする

IMAG3593 今回はプロスタッフのコーティング剤、CCウォーターゴールドの比較をやってみたいと思います。CCウォーターゴールドは簡易系のコーティング剤を探しているとよく名前を見かける製品の一つ。ゼロウォーター、ゼロプレミアム、スマートミストと並んでよく名前を見かけます。

公式動画はこちら



今回はこのCCウォーターゴールドの施工レビューと比較実験です。

はじめに

CCウォーターと言いますと、以前「CCウォーターの効果の実験と、ゼロウォーター・スマートミストと比較をしてみた」の記事にて結構ヒドい結果になったんですが、CCウォーターゴールドの方は「輝き実感」とまで言ってるんで、今回はそちらに期待して購入してみました。



購入したのは200mlの安いほうです。2000円弱で購入できました。

ということでですね、CCウォーターのほうの結果がありましたので

期待値は低めからスタート

となります。

パネルで試してみる

IMAG3660
今回はパネル比較からです。比較対象となるコーティング剤は、CCウォーター、スマートミスト、ゼロプレミアムです。

CCウォーターとCCウォーターゴールドの比較
IMAG3635 それでは同じプロスタッフ製品のCCウォーターとの比較から始めます。左にCCウォーター、右にCCウォーターゴールドを施工してみます。

パネルにCCウォーターゴールドを吹きかけてみました。
IMAG3636
おお、濃い!

・・・・いや、実際の濃度の方は知らないんですが、CCウォーターと比べると白いサラサラとした液体です。

IMAG3638 CCウォーターと比べてみると一目瞭然。CCウォーターの方は透明度が高い液体ですが、CCウォーターゴールドは濃い白色の液体です。

IMAG3641 伸ばしてふき取った後がコチラ。確かにCCウォーターゴールドの方がパネルが色濃くなっています。この違いはゼロウォーターとゼロプレミアムの違い位の差があります。パネル上の結果は悪くないように見えます。これは期待できるかな?

スマートミストとCCウォーターゴールドの比較
IMAG3644 次にスマートミストとCCウォーターゴールドを比較してみます。

左がスマートミスト、右がCCウォーターゴールドです。
IMAG3646
うーん…なるほど

決してCCウォーターゴールドは悪くないんですが、スマートミストの方が濃い感じに仕上がりました。傷の方もスマートミストの方が目立たない感じです。

ゼロプレミアムとCCウォーターゴールドの比較
IMAG3648
次はゼロプレミアムとの比較。左がゼロプレミアム、右がCCウォーターゴールドです。

IMAG3650
あれ?

ゼロプレミアムよりいいのかな?今度はCCウォーターゴールドの方が濃い感じです。

とりあえず、パネル実験上での結果は

スマートミスト > CCウォーターゴールド > ゼロプレミアム

といった結果になりました。ひとまずCCウォーターゴールド自体はそこそこ効果がありそうです。


車にCCウォーターゴールドを施工してみる

IMAG3715
次は外にでて車に施工です。

IMAG3653 施工方法はパッケージに記載の通り、濡れたボディーに吹きかけて拭けってことなんで、洗車してから施工してみます。

IMAG3716
シュッと吹きかけると白い液体が。撥水が強い製品等では、吹きかけた瞬間に撥水が始まったりするんですが、今回はそならず。そこまで撥水が強いわけじゃぁないのかな?

IMAG3717
ふき取ってみるとこんな感じ。光沢はまぁ出たかなぁ。ムラにもなりにくいようです。

IMAG3720
IMAG3717
IMAG3719
悪くないかなぁ?

とりあえず

曇天なのが非常に心残りです

もっと天気のいいときに施工できればよかったんですが、このところずっと曇り続きで太陽を拝んでいません。

撥水性能を見てみる
せっかく施工して水分をふき取ったあと、これをやるのは毎回嫌なんですが、実験は実験と割り切り、水をぶっかけます。

IMAG3722
なるほど。

そこそこ撥水はするけど、

まぁ普通

グラスパワーとかポリマーG1000とかエクストリームブリリアントシャインデテイラーの方が撥水します。

総評

IMAG3724 ということでまとめ。

効果の程は悪くないようです。というか、ちゃんと光沢もでますし、それなりに撥水もします。でもなんでしょう、いまいちテンションが上がらないなぁ。

曇天のせいかな?

直射日光下ならもっと明確な差が出たのかもしれませんが、あいにく曇天で暗めのせいか感動的な結果とはなりませんでした。

IMAG3725
多分悪くないんだよなぁ。

でも、ちょっと気になるところ。

ムラっぽいのを見つけた

IMAG3727 これね。

多分汚れを洗いきれてなかった所だと思うんですが、フェンダーまわりなどにチラホラと発見しました。これを落とすのにいつも通り水垢スポットクリーナーを使い、綺麗に落ちたんですが、ふと以前レビューしたオートグリムのスーパーレジンポリッシュを使ったら綺麗に落ちました。水垢スポットクリーナーを使うと全てきれいさっぱり落ちてしまうので躊躇するんですが、スーパーレジンポリッシュはそのままでもピカピカの状態になるのでいいですね。思わぬ発見となりました。

このムラのできていた位置から推測するに汚れ+水+CCウォーターゴールドとなるとムラになるのではないかと推測します。洗車は隅々までしっかりやりましょう。

そこさえ気を付ければ、中々いいコーティング剤だと思います。
以上、CCウォーターゴールドのレビューでした。



コメント

  1. 匿名 より:

    CC水金のレビューと見せかけ、最期の最期でCCワックス金のレビューになってる件

    • 鑑人 より:

      うわぁぁぁぁ!
      これは恥ずかしい…。

      ご指摘ありがとうございます。
      修正しました!

  2. マロ より:

    初めてメール致します。
    クリスタルプロセスも是非ご紹介下さい。
    私は、ゼロウォーター、PS艶、ラディアスガラスコーティング剤、エナジーコートEXE、プレクサスと鑑人様と若干違うコーティング剤を使用してきました。
    その中でもクリスタルプロセスとラディアスガラスコーティング剤がお気に入りですが、是非とも自分の意見との差を知りたいのです。
    機会があれば宜しくお願いします。

    • 鑑人 より:

      マロさん

      コメントありがとうございます。

      クリスタルプロセスについてちょっと検索してみました。
      クリスタルプロセス製品ですとSi-700やハイテクX1といった製品があるようですがどの商品でしょうか?

  3. マロ より:

    鑑人様
    ご返信有り難うございます。
    クリスタルプロセスのSi700やSif3000です。
    硬化系ではないのに長期モツ
    ア○アドロップコートライトの元とも
    某洗車専門店のコート剤の元とも噂のあるヤツです。
    CC金の購入を検討していたところ
    余り評価なされていないので
    キラサクに変更しようかと考慮中です。
    クリスタルプロセスが同様の評価でしたら
    おすすめである317の購入も検討したいと思っております。
    不躾なメールを送り非礼を反省していたところ
    返信を頂き有り難うございます。

    • 鑑人 より:

      マロ さん

      いえいえいえいえ、非常にご丁寧なコメントを
      頂き申し訳ないくらいです。

      Si700ですと、どうやらサンプル容量で1100円プラス送料程度のお値段で購入ができるようですね…。これは比較材料として購入を検討してみる価値はありそうです。お財布と相談しつつ機会を見て購入&レビューしますね!

      CC金ですが、私の好みが
      「ヌルヌルテカテカになってバッキバキに撥水する」
      というものなので、個人的な評価は高くない感じの内容になりましたが、評価が極端に低いというわけではありません。
      少ない容量の安いものからお試し頂くのも良いかと思います。…とは言ったものの、普通は1本使い切ってから次に移りますもんね。ホイホイ買い替えたりはしませんよね。すいませんあちらこちら手を出し過ぎて感覚がズレてますね私。
      あと、私の場合、耐久度が度外視なのでその辺も考慮して頂ければと…。

      317については無理にご購入されずとも、直感的に気に入られたものを購入すればいいと思います!317も濃い(と感じた)ので、ムラにご注意下さい。
      ステマする気も、「これを買えー!」なんてゴリ押しする気もさらさら御座いませんので是非ともご自身の気に入った(気になった)コーティング剤を試して頂ければと思います。

  4. マロ より:

    鑑人様
    返信有り難うございます。

    私も気に入ったものが有っても
    試さずに要られない衝動が有ります。
    CC金のはヌルテカ撥水ですね
    気になるのでウズウズ致します。

    楽しみに拝見しておりますので
    これからも更新し続けて頂ければ
    幸甚です。

  5. 鑑人 より:

    マロさん

    コーティング剤レビューもそのウズウズやいろんな疑問から始まったものです(笑)
    引き続き当ブログを宜しくお願いいたします!